聖夫婦の肖像

[歴史]

50

63,609

1件のファンレター


 「あの物語」の30年前、イスラエルで何があったか――



【あらすじ】
イスラエルがローマ帝国と暴君ヘロデ大王に支配されていた時代。
エルサレム神殿に仕える行儀見習いの少女、マリアはある日神殿の改装にやってきた少年大工、ヨセフと出会った。識字率の高いイスラエルにおいてなぜか字が読めない、どうやらわけありのように思える彼だったが、まっすぐな彼に好感を持ったマリアは大人たちの目を隠れて彼に読み書きを教える。ヨセフも、優しく陽気な彼女に懐き、やがて幼い二人は惹かれあっていく。

のちにイエス・キリストの地上の両親となった聖母マリアと、その夫ヨセフ。イスラエルの誇り、宗教者の維持、ローマの権力、王家の虚飾……それらが混ざり合いしのぎを削り合う暗雲の時代のイスラエルで、ただ神に祝福されているかのごとく小さく、純朴に輝いた少年少女、のちの「聖夫婦」の肖像。

ファンレター

ここから先の物語も読みたくなりました。夢中になるほど面白かったです。

人の業をまざまざと見せられたように感じます。
ヨアザルの歪んだ愛情、ヘロデ王の妄執。この二人の生き様は特に凄まじいと思いました。彼らは彼らで苦しんでいて、彼らのしたことを決してぼくは許すことはできませんが、しかし、彼らの行いはこの物語を読めば読むほど哀れにも思ってしまいました。
そして、彼らに巻き込まれた人々の苦しみに対しては、ある種のやるせなさまで思い起こされます。
パンテラの言葉ではありませんが、彼らの誰もが被害者なのだと思えばこそ、この世は絶望でしかないのかもしれません。

中でも一番の驚きはヨアザルでした。
冒頭でこそ立派な聖職者に見えたヨアザルが、まさかあのような結末に至るとは思ってもいませんでした。
次に印象深かったのはアンティパス。救世主に救わせやしないという最後の台詞、カッコよかったです。

そんな中で、凛と清らかなマリアは本当に救いでした。
不遇でありながらも、その清らかさを失っていないヨセフやパンテラにも。
ヨセフに至っては、ヘロデ王の墓に言及して彼を許そうという心意気まで示し……きっとヨセフがそういう少年であったからこそ神は彼をマリアの伴侶として認めたのだろうと思わずにはいられません。

人々は懸命に生きながらも、その一方で欲に塗れ荒んでいる。
あの時代、イエスの誕生は必然であったのだろうと感じさせてくれる物語でした。
もっとたくさんの人の目に触れてほしい物語です。

返信(0)

返信はありません