強運の犬

[ノンフィクション]

713

75,583

4件のファンレター

2014年、愛犬が突然死したことによって、重度のペットロス症候群で苦しんだ私は、夫のすすめから、山陰柴犬を飼うことに。 その後、現在のすべての柴犬は、島根県の石州犬「石」の血を引くことを知る。柴犬といえば、国の天然記念物であり、世界的にも人気の犬種だ。 もし、これが事実ならば地元にとって素晴らしい地域資源となるだろう。
 しかしなぜ、血統を遡ると一頭の犬にたどり着くのか? それがどうして島根の犬なのか?
 そしてなぜ、誰もその事を知らないのか???
 かくして「地域振興バカ」の調査・研究・広報活動が始まった。
●参考文献●
『昭和日本犬の検討』(1936年、犬の研究社)
『主婦の友昭和12年5月特大号』(1937年、主婦の友社)
『犬〜その歴史と心理〜』(内田亨さん著、1948年、創元社)
『石見犬』(1956年、石見犬保存会)
『日本犬中小型読本』(1961年、誠文堂新光社)
『山陰の動物誌』(上田常一さん著、1964年)
『日本の犬と狼』(斉藤弘吉さん著、1964年、雪華社) 
『島根の暦』(1965年、NHK松江放送局)         
『柴犬』(1968年、誠文堂新光社)
『対談・柴犬の飼い方』(渡辺肇さん著、1976年、誠文堂新光社) 
『歴史に残る思い出の柴犬』(1981年、誠文堂新光社)
『随筆 石見物語・復刻版』(木村晩翠さん著、1982年)
『日本犬大観・復刻版』(1987年、誠文堂新光社)
『犬の行動と心理』(平岩米吉さん著、1991年、築地書館)
『私の犬』(平岩米吉さん著、1991年、築地書館)
『狼〜その生態と歴史〜』(平岩米吉さん著、1992年、築地書館)
『柴犬研究六十年』(中城達雄さん著、1995年、形成社)
『いぬ馬鹿』(戸川幸夫さん著、1995年、小学館)
『日本犬写真集』(1998年、社団法人日本犬保存会)
『ニッポンの犬』(岩合光昭夫さん著、1998年、平凡社)
『愛犬の友犬種別シリーズ・柴犬1998年 愛犬の友編集部編 誠文堂新光社 
『往古日本犬写真集』(岡田睦夫さん著、2002年、誠文堂新光社)
『犬種ライブラリー・柴犬』(2002年、誠文堂新光社)
『日本犬のすべて』(2005年、社団法人日本犬保存会)
『日本犬保存会創立五十周年史(上下巻)』(1978年、社団法人日本犬保存会)
『愛犬王』(片野ゆかさん著、2006年、小学館)
『犬のココロをよむ』(菊水健史さん・永澤美保さん著、2012年、岩波オンデマンドブックス)
『犬の日本史』(谷口研語さん著、2012年、吉川弘文館)   
『愛犬の友 柴犬マニア』(2017年、誠文堂新光社) 
『幸せに暮らす柴犬の飼い方』(井上実さん監修、2018年、ナツメ社)
『柴犬の気持ちと飼い方がわかる本』(加藤元さん・岩佐和明さん著、2018年、主婦の友社)
『戦時下の日本犬』(川西玲子さん著、2018年、蒼天社出版)
◎その他
■(公益社団法人)日本犬保存会会報
■益田市の歴史書
■雑誌
『愛犬の友』、『Shi-Ba(シーバ)』、『Wan』等
■新聞
■インターネット
【ホームページ】
「帝國ノ犬達」
「桃太郎とお供のおにいさん」
他多数
・・・・・・・・・・・・・・
●石号写真●
「日本犬保存会提供」
みなさま、どうもありがとうございますm(_ _)m

ファンレター

初めて知りました

山陰柴犬という犬種をはじめて聞きました。
コロナ禍で犬を飼う人が増えて、毎日ランニングしていると20-30の犬たちが散歩しています。
うちの周辺の柴犬率は20%くらいでしょうか。山陰柴犬はもちろん見たことがありません。

返信(1)

どうもありがとうございます!!山陰柴犬は、今600頭くらいだそうです。一般的な信州柴犬とは、かなり違います。機会がございましたら、ぜひご覧いただきたいです。ご周辺お「柴犬率は20%」は、すごいですね!!人気があって嬉しいです(^^)メッセージに気がつきませんで、お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。ありがとうございますm(_ _)m