作品詳細

明治東京奇譚控

21521|ホラー|完結|23話|116,210文字

未発表1話を加え、AT草書(A6判ソフトカバー単行本)書苑新社/アトリエサードから刊行されることになりました。このため5月末日を以って現在掲載中の全サイト上からの作品削除となります。

明治の文明開化の波が押し寄せるころ、新聞という新しい文化の中に身を投じた元幕臣高村新吾。彼は数奇な運命を背負っているが、それを自覚していない。その彼が背負う大きな危険の影を見抜いた一人の男河鍋暁斎によって、とてつもない不可思議と怪異の世界に新吾は落ちていく。それが破滅への斜面であると知らず、彼はただ転げ落ちるように深みへと進んでいくのだった。

応援コメント詳細

単行本になるんですね!

一話加えて? どこに入るのか凄く興味あります。ブログに雑誌の方の宣伝書いてあったので、単行本もあちらで確認させてもらいますね。

TOP