泡夢の記

[歴史]

296

35,644

50件のファンレター

お殿様と家臣がケンカしちゃったら?

そりゃもう、大変ですよ。国が滅びるような大問題。幕府にも内緒にしなくちゃ!
だけど今の徳島県では、本当にそういうことがあったのです。正義感の強過ぎるこのお殿様、果たして皆さまに共感してもらえるでしょうか?
主人公は、名前の残っていない側室の女性に。知られざる郷土史の一つです!

(主要参考文献)
笠谷和比古『主君「押込」の構造 近世大名と家臣団』講談社学術文庫
石躍胤央ほか『徳島県の歴史』山川出版社
徳島県史編さん委員会『徳島県史 第一巻』徳島県
同         『徳島県史 資料集』
三宅正浩「藩政改革の政治構造」『史林』史学研究会 2007

※書影は、Canvaで作成させて頂きました(作者の写真ではありません)。

ファンレター

七 粛清のはじまり

あおぞらつばめさん、こんばんは。
七まで拝読しました。
殿様、お楽のどちらもですが、公と私との間で揺れる感情が分かりやすくて入り込めました。

お土産に関心がないのに、そういう振りを、というのは、しょっちゅうされているのような気がして悲しくなりました(笑)。
ここで藩主側に動いていく様相ですが、お楽にとってはマイナスな話が始まりそうなところで次章へ。

読ませますね。これを書いていますが、もう数話読んでしまいそうです。

引き続き、よろしくお願いいたします。

返信(1)

村山さん、いつも丁寧に読んで下さって、本当にありがとうございます!
お土産の話、そういえば村山さんの『週五で寄った物語』にもありましたね。喜んでいる「振り」をするというのは、それだけ愛情があってこそだと思うので、演技だなあと思ってもまあ大目に見て下さい(笑)。
人間、長く付き合っていると、良い時ばかりじゃありませんよね。お楽と殿も、しかるべき試練は乗り越えねばなりません。引き続き、よろしくお願いします。