Ai needs Yu(アイ・ニーズ・ユー)

作者 加藤猿実

5年後の夏、首都圏全域に再び非常事態が宣言された。そんな環境下、大学院生の僕=悠(Yu)はギターの弾き語り動画をインターネットで公開する。そして、訪れたオープンチャットで愛(Ai)に出会い、やがて二人は恋におちる。しかし、悠は想像もしなかった形で愛に出逢った。悠がそこで見たものは? ロボット工学を専攻する悠は幾つかの仮説を立てる。その中に真実はあるのか?
SF+ミステリー+恋愛+家族のドラマに、音楽や映画の話題をちりばめて、今までのAIやアンドロイドの話とは少し違う世界を描いてみました。
是非最後までお読みください。

【骨太小説】コンテスト後に改編版として加筆した内容を反映させ、5月に公開したオリジナルより2話増やした形で7/27にリニューアルしました。以前に読んでくださった方も、よろしければあらためて読んでみてください。

なお、物語の中で登場する「ヒューマノドロイド(Human o'droid)」はこの小説のために作った造語ですが、「不気味の谷 (uncanny valley) 」はロボット工学者の森政弘先生(森谷正弘じゃありません)のちゃんとした理論です。

Photo by Dan Hodgkins on Unsplash

ファンレター

小泊さま、一気に読んでくださりありがとうございます!

おかげさまで、一気にランキング10位まで来ています。(笑)
最後まで読んでくださっただけでなく、ものすごくお褒め頂いて、なんだか勿体ない気さえしています。
小泊さんの優しく柔らかい物語と違って、ハラハラドキドキが連続する設定なので、お疲れになったのではないでしょうか?
もう再読してくださったかもしれませんが、何度も読んでいただくと、いろいろとアラやボロが見えてしまうかもしれません。もし何か見つけてくださったら遠慮無しにドシドシ書いていただけると嬉しいです。
この作品はコロナ渦のGW中に一気に書き上げ、その後夏に大きく手直ししたものですが、感染症が収束せずに変異して5年後もウィズコロナが続いているという設定は最初から変わっていません。正直外れて欲しい気持ちもありましたが、だんだん現実が近づいていてちょっと怖くなってきました。
私自身は心温まる優しい物語を書きたいのですが、自分自身の人生が波瀾万丈だったためか、プロットを考える段階でつい一捻りしたくなってしまいます。ミステリーとホラーは苦手なので書かないつもりだったのに、短編はコンテスト応募のために書いたホラーが多いですし。
『アリゾナの涙』と『リトル・ウィング』は、中・長編ですが、ノベルデイズの皆さんの応援がなければ書き上げられなかった小説です。よろしければ、お時間があるときにゆっくり読んでみてください。
小泊さんの作品も続けて読ませて頂きます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。