視線の星

作者 椿あやか

[ファンタジー]

16

139

1件のファンレター

視線とは思念なのかもしれません。
在るけれど無い。居るけれど居ない。
どこの国や地域にも伝わる、妖精や妖怪の正体は「視線」なのかもしれません。

ファンレター

感想です

はじめまして。肉体を捨て精神体となることは、ある種の進化と呼べるのでしょうか。遠い未来の地球の姿を垣間見たような気がしました。私めも2000字FTを投稿しておりますが、自分には無い文章表現に感銘を受けました。

返信(1)

ご感想ありがとうございます。最近のSNSを筆頭にこうしてパソコンやスマホを通じて様々な場所で人種性別を越えてお話することもある種の精神的な交信と申しますか、テレパシーみたいで面白いなぁ。と思いながら書きました。

2000字FT、お互いに良き結果となりますよう✨