インターポール・コンプレックス

作者 旭山リサ

[恋愛・ラブコメ]

288

91,573

145件のファンレター

★シリーズ第1作 
帯刀 咲良(たてわき・さら)は、高校2年生の少女。
ある春の夜、実家の剣術道場にお客様が来ていた。
お客様の名は、ジョン・リンデン。
インターポールの捜査官、ジョンには秘密があった。

★シリーズ第2作(更新中)
天羽理々は、高校2年生の、合気道少女。
修学旅行でシンガポールを訪れた理々と、親友の咲良。
旅行中、インターポールの「IGCI」へ招かれた二人は、ラルフ・ローゼンクランツのいとこ、マリーの行方不明事件について聞くのだった。

✿ロゴ✿
 上田葉子様(https://twitter.com/yocota405?s=12)

✿キャラアイコン
【CHARAT様】https://charat.me/

❀✿ぱくたそ様、イラストAC様、写真AC様、いらすとや様等のフリー素材を使用しています✿❀
【イラストAC】https://www.ac-illust.com/
【写真AC】https://www.photo-ac.com/
【ぱくたそ】https://www.pakutaso.com
【いらすとや】https://www.irasutoya.com/

ファンレター

トンカツ、戻っておいで!

るるせさん、コメント&アイディアありがとうございます! 自ら湖へ飛び込んだ豚の群れを目撃した牧者たちは腰が抜けたでしょうね(゚ロ゚)!? 肉好きの私は
「トンカツちゃんたちどこ行くの!? 戻っておいでーーー!!」
と泣き叫んだことでしょう。本編に接続できるよう、調整してみます。

悪霊の登場する物語は古今東西数多くありますね。怖い物見たさといいますが、「実話に基づく」とか書いてあると、つい手を伸ばしてしまいます。悪霊(悪魔)を扱った映画で特に記憶に残ったのは、死霊館シリーズのエンフィールド事件、エクソシスト、オーメンです。オーメンといえば獣の数字。私の伯父さんは、六月六日午前六時に生まれ、授業中に居眠りしていたら、頭の5円ハゲにマジックで「666」と悪戯書きされたそうです。この伯父さんですが、地元で有名な廃ホテルへ友達と肝試しに行き、怪現象に出くわしたとか。無風の部屋で、厚いタウンページがひとりでにめくれたそうですよ。その後、友達全員そろって神社でお祓いしてもらったそうです。実話に基づく。くわばら、くわばら(´-ω-人)なむなむ

宇宙よりも遠い場所、youtubeでOPが期間限定公開していたので視聴! 監督が、いしづかあつこさんなんですね! いしづかさんといえば「ハナヤマタ」だったのですが、この作品は知りませんでした。いやはやお恥ずかしい。すぐに視聴します! ここから、ここから。良い曲ですね~(*˘ᗜ˘*)早速歌う♪・。♪*+o