作品詳細

【乱入自由】今岡英二の「食べ歩き万歳!」

先生、いつ「マツコの知らない世界」に出演されるのでしょうか!

1595|その他|連載中|582話|628,499文字

食通としても知られた、文豪・池波正太郎先生はその著書の中で「男の人生というものは、毎日確実に死に向かって歩むことだ。なればこそ今日という一日が大切。今日が最期の覚悟で、日々の酒を飲み、飯を食え」といわれています。
一方で、洒脱にも「てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでもあったように揚げるそばからかぶりつくようにして食べなきゃ」とも。

かくの如き、名言を残せるかはさておき、わしも食レポなるものを徒然なるままにしてみんと欲す。


というわけで、どなたでも「乱入自由」、天衣無縫の食レポが、いまここに──開演!

応援コメント詳細

はりまや橋は扱わなければと思っていました(笑)

私の場合はどの地も訪れる際に事前予習を欠かしませんし、高知を訪れる際は「南国土佐をあとにして」をそらで歌えるぐらいまで聞きこんで行ったんですが、一度は本物の方を見落としたほどなので、「たぶん他の人も見落とすな、これは……」と思っていました。実際、高知旅行に連れて行った私の妻も母親も、私が言うまで見落としてましたし(笑)

なお、「明神丸」さんは実際土佐料理が多いので、他県からの訪問者にもオススメの店かと思います。個人的には、高知で飲むなら、ひろめ市場か明神丸かという感じですね。ひろめ市場の場合は、テイクアウトしてホテルの一室でちびりとやるのがオススメですが。

まだまだ高知ネタもありますので、今後も折を見て紹介していきたいと思います。また期待しておいてください!

TOP