博士とフランソワ、たまに類くんについて

[現代ドラマ・社会派]

6

459

0件のファンレター

蜉蝣(かげろう)が、沈むように死んだ。その時わたしは空を仰ぎみた。        
青緑の空。冷たい色の透明硝子みたいな。亀裂したこちら側とあちら側。    
本当のわたしとあちら側のわたし。それから空間と空間。
ある日のこと世の中に、険しく繋がる他人との「壁」を感じました。 
精神病棟での出来事を綴った短編。

目次

連載中 全1話

2020年05月22日 14:27 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

博士とフランソワ、たまに類くんについて

水瀬そらまめ  lunagon

執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
精神病棟, 精神病, 共感覚, 出会い, 短編, 統合失調症, うつ病, ピアノ, 音楽, 一人称
総文字数
1,558文字
公開日
2020年04月01日 15:35
最終更新日
2020年05月22日 14:27
ファンレター数
0