一般小説作品詳細

生者の屍

6|ミステリー|完結|3話|15,387文字

BL, やおい, ミステリー, 八尾比丘尼, 人魚, ホラー, シリアス, 耽美

1,907 views

行方不明になった弟を探すため、弟の消息が絶たれた山へと入った男が目覚めのは、
食欲さえ抱かせるほど美しい少年が住まう、ちいさな廃病院だった。

弟が熱心に調べていた「八尾比丘尼伝説」と「人魚」
毎夜苛まれる「悪夢」
歪な少年との関係


リネン室を通り過ぎたその地下にある、腐った水が入る水槽。

さあ、病院内での日々の中で、貴方はナニを食べていたのでしょうか。




3章及び最終話 規約に引っかかるため、非公開にしてあります。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

生者の屍

威剣さくや  iturugi398

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
BL, やおい, ミステリー, 八尾比丘尼, 人魚, ホラー, シリアス, 耽美
総文字数
15,387文字
公開日
2018年09月01日 16:49
最終更新日
2018年09月01日 16:55
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

威剣さくや  iturugi398


Tw=@itadakinoturu


百合/BL/ロリ/人外を ミステリー/SF/シリアス の鍋に入れ 依存/執着/盲信 という香辛料で煮込みます。


コメントなどいただければ、励みになります。

この作者の他の作品

小説

6|ミステリー|完結|3話|15,387文字

2018年09月01日 16:55 更新

BL, やおい, ミステリー, 八尾比丘尼, 人魚, ホラー, シリアス, 耽美

行方不明になった弟を探すため、弟の消息が絶たれた山へと入った男が目覚めのは、 食欲さえ抱かせるほど美しい少年が住まう、ちいさな廃病院だった。 弟が熱心に調べていた「八尾比丘尼伝説」と「人魚」 毎夜苛まれる「悪夢」...

TOP