鈴鹿歌音の精神医療学

作者 鈴鹿歌音

[健康・医療]

19

26,356

0件のファンレター

 鈴鹿歌音が、経験した事を顕に書いていきます。

登場人物

鈴鹿 歌音

前職業:介護職・クラリネット奏者・作家紛い・作詞家紛い

現職業:介護事務員・清掃・クラリネット奏者・作家紛い・作詞作曲家紛い・発達障害者の会の書記


熱中症でぶっ倒れた際に誰にも助けてもらえず、右手の痺れが残ってしまった残念な人間。とある女に自殺に追い込まれかけたことあり。未だに恨みが晴れておらず、いつか心から復讐してやると思い込んでいるが、そんなことする予定もない。昨年12月にうつ病を発症したのを機にまともに小説を書き始めた経緯あり。

現在、リハビリを経て楽団に復帰。今年度吹奏楽コンクールでは、ダメ金であったが、ソロを担当するなど回復の兆しあり。

先生


精神医療の先生。

鈴鹿 歌音が、週に1回お世話になっている。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

鈴鹿歌音の精神医療学

鈴鹿歌音  clanon213

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
チャットノベル
ジャンル
健康・医療
タグ
闘病記, うつ病, ADHD, ASD, 仕事, 波乱万丈, きゃらふと大賞
総文字数
2,814文字
公開日
2017年08月15日 18:53
最終更新日
2017年09月08日 14:21
ファンレター数
0