一般小説作品詳細

大きな木々が奏でた音色

6|ファンタジー|完結|1話|2,855文字

ファンタジー, 音楽, 音色, 栗の木, 文学

303 views

これは、大きな栗の木が見た、木の一生から見れば一瞬の出来事。
とある音楽家が、悩みつつ笛を吹くと……

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

大きな木々が奏でた音色

バルバルサン  balbal

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, 音楽, 音色, 栗の木, 文学
総文字数
2,855文字
公開日
2019年05月16日 14:06
最終更新日
2019年05月22日 00:10
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

バルバルサン  balbal

この作者の他の作品

小説

2|学園・青春|完結|1話|1,151文字

2019年05月30日 11:37 更新

旅, 田舎, 現代, 日常

これは、とある青年の何気ない旅の日記の一ページ。 とあり写真から想像した小話です。

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|1話|1,196文字

2019年05月29日 10:19 更新

式場, 恋愛, キス, 夫婦

婚前に式場の下見をしに来た夫婦になる前のカップル。その二人の様子。 とある式場の画像から思いついた小説です。

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|1,438文字

2019年05月23日 21:46 更新

猫, 田植え, 現代

田植えをする男と、それをネコカフェから見つめる視線たちの話。 「あのきかいってやつ、何なんだろうなぁ……」

小説

6|ファンタジー|完結|1話|2,855文字

2019年05月22日 00:10 更新

ファンタジー, 音楽, 音色, 栗の木, 文学

これは、大きな栗の木が見た、木の一生から見れば一瞬の出来事。 とある音楽家が、悩みつつ笛を吹くと……

小説

3|創作論・評論|完結|1話|2,773文字

2019年05月19日 17:16 更新

【京極夏彦書評】

私なりに、京極夏彦先生の作品の書評をさせていただきました。 姑獲鳥の夏を中心に、書いてみました。 よろしければどうぞ。

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|1話|2,783文字

2019年05月10日 10:40 更新

桜, 雨, 恋愛, 夫婦

一年前。 もう一度、桜の木の下で再会を誓った夫婦がいた。 これは、その夫婦の人生の一ページ

小説

2|ファンタジー|完結|1話|6,248文字

2019年04月26日 21:38 更新

ファンタジー, 異世界, 歴史, イギリス

1828年、とある探検者たちが全滅した。 だが、そのうちの一人はどうやら異世界に飛ばされたらしい。 極寒のそこで、彼が残した物は。

小説

2|ファンタジー|完結|1話|4,122文字

2019年04月23日 11:28 更新

ファンタジー, 勇者, 始まり

これは、とある村の農民だったクラーム少年が、寄り道をする始まりの物語。

小説

2|社会・思想|完結|1話|1,230文字

2019年04月22日 08:51 更新

傲慢, 語り, 思想

ある青年の傲慢さについて綴ってみた短編です。 よろしければどうぞ。

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,632文字

2019年04月20日 11:53 更新

医療, 現代, いじめ, 復讐, 【許せない】

ある少女が、心臓の病にかかった。 その父親は、医者に頼った。 医者は、その父親の願いを受けて…… 悪魔が、医者の心を惑わした後……

TOP