お別れの言い方

[ファンタジー]

2

1,048

0件のファンレター

疎遠になっていた男友達トウカが川で溺れて行方不明になったと聞いた、主人公の女の子リウは川に彼を探しに行った。
もう会えないとわかって初めて、後悔することがあった。
嘘つきだと嫌わないで、トウカともっと話せばよかった。
足を滑らせて川に落ちたリウが次に目を覚ましたとき、トウカは奇妙な衣装で覗き込んでいた。周囲は奇妙な光景で、トウカには守護霊が憑いている。
それはトウカの「嘘」で聞いていた状況で、トウカは嘘を言っていなかった。
リウはトウカに教えられて、かえるために特別な物を集めることになった。
ひとつのお別れを通して、読む人にお別れの言い方を教えたい異世界転移ハードファンタジー。

目次

完結 全2話

2021年09月12日 21:13 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

お別れの言い方

小早敷彰良  kobayak

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
青い鳥プロット大賞, プロット, ファンタジー, 異世界, 帰る, お別れ
総文字数
1,505文字
公開日
2021年09月12日 21:07
最終更新日
2021年09月12日 21:13
ファンレター数
0