マリー・ド・モンフェラート

文字数 1,153文字

エルサレム女王イザベル1世とモンフェラート侯コンラート1世の娘でエルサレム女王となったマリー・ド・モンフェラートについてです。作品集は下の画像から入って下さい。
マリー・ド・モンフェラート(1192年ー1212年)はエルサレム王国の女王(在位1205年ー1212年)マリーはフランス語名で、イタリア語名はマリーア・ディ・モンフェッラートまたはマリーア・ディ・ジェルザレンメ。
マリーの父コンラート1世は彼女が生まれる前に亡くなっていますが、それでも父の名を使ってマリー・ド・モンフェラートと呼ばれていたようです。
イタリアのモンフェッラート侯コンラート1世とエルサレム女王イザベル1世の長女。

父が1192年4月にティールで暗殺教団によって殺されると、母イザベルは身重の身で5月にシャンパーニュ伯アンリ2世と再婚した(ギヨーム・ド・ティールとイマール・アッディン・アル・イスファハニ、東西の歴史家が同じ記述を残す)その後生まれたのがマリーであった。

マリーの生まれる前に父コンラート1世が亡くなっていますが、それでもエルサレム王位は長女であるマリーが継いだのですね。
1205年、母の死にともない13歳で即位。母の異父弟ベイルート卿ジャンが摂政をつとめた。

1210年9月14日、ジャン・ド・ブリエンヌとアクラで政略結婚。長女ヨランド(イザベルの名で知られる)を1212年に出産後、産褥熱でマリーは死亡した。ヨランドはただちに即位し、ジャンがヨランドの摂政となった。

マリーも娘のイザベルもエルサレム女王になっていますが、政略結婚に翻弄され、出産が原因で若くして亡くなっているので幸せとは言い難い人生だと思いました。
マリーの直系の子孫は、1268年にコンラート3世が南イタリアで処刑されたことで絶えた。その後、マリーの異父妹アリス・ド・シャンパーニュの血統が、エルサレム王位を継いだ。
コンラート3世の父コンラート4世(神聖ローマ皇帝)はハインリヒ7世の異母弟になります。遠く離れた場所に住んでほとんど会うこともなかった父がエルサレム女王イザベル2世と結婚してエルサレムの王位継承権を持つ異母弟が生まれたということは、ハインリヒ7世を酷く苦しめたと思います。だから父フリードリヒ2世との対立が深まった時、教皇庁にそそのかされたこともあって、ハインリヒ7世は反乱を起こしてしまいました。僕はハインリヒ7世の気持ちがよくわかります。でもその後、コンラート3世が処刑されたということを知ってまたショックを受けました。歴史はあまりにも残酷です。
マリー・ド・モンフェラートの生涯は短く、記述も短いですが、歴史の中で果たしている役割は大きく、歴史の流れを変えています。

次回からマリーと結婚したジャン・ド・ブリエンヌについて調べてみます。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ラミロ2世。アラゴンの王様だったがいろいろあって今は亡霊となっている

ペトロニーラ。アラゴン女王の名前を使っているがただの主婦。小説家になりたいと思っている。

フェリペ、16世紀のスペインの修道院で暮らすユダヤ人の少年。父親に捨てられて心を閉ざしていたが、ニコラス医師の指導で本来の明るさを取り戻す。まじめで勉強熱心。

ニコラス医師。修道院内の病院の医師で、孤児たちに勉強も教える。心を閉ざしていたフェリペを気にかけ、特別にラテン語や歴史、医学の基礎なども教える。

フアン1世。不真面目王と呼ばれ業績を残さずに死んだが、娘のヨランド・ダラゴンが勝利王シャルル7世を支えている。

ハインリヒ7世。皇帝フリードリヒ2世の長男でアラゴンの血も引いている。父と対立して反乱を起こし降伏して目を潰され。幽閉されて悲劇的な人生の幕を閉じる。

ペドロ2世。ラミロ2世のひ孫でレコンキスタの英雄。戦闘能力はかなり高く、ファンタジー映画やゲームの中では主要キャラになるタイプだが、なぜか小説の中で影が薄い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色