同級生との再会

エピソード文字数 1,104文字

横にいたスタッフが、店長らしき人に何か話しかけはじめた。
「店長、あの車、昨日の夜からずっと停車してたやつですよ。」

こちらにも聞こえてきて、それを聞いた店長が見る見るうちに表情が曇りはじめた。

うわぁ。
余計なことを、、、。
一瞬決意が揺らいだが、仕方がない。
諦めてまた一歩踏み出そうとしたときに、急にコンビニから出てきた男に声をかけられた。

「あれ?『うずみる』じゃん」

俺ははっとして、声をかけられた方向を見る。
ちなみに、『うずみる』っていうのは俺の中学高校時代のあだ名だ。
この呼び名を知ってるやつは、当然だが限られる。
中学高校の同級生しかいない。

声をかけてきた男を見ると、身長170、中肉中背、顔は整っており、上から下まで黒で統一されたセミフォーマルな服をまとっている。
しばらく顔を見ると、
「あぁ、『けんじ』じゃん。久しぶりだなぁ。」
俺は中学高校時代の同級生を思い出し、笑みを浮かべた。

俺はほんのわずかな時間しかかからず、目の前の男が誰であるか思い出すことができた。

25年近い歳月が経っているにもかかわらず、すぐに思い出すことができたのは、当時の面影をそのまま残しているからに他ならないが、年齢ほど老け込んでいないことも大きい。


俺に『けんじ』と呼ばれた男はゆっくりと近づいて来て、目の前まで来た。

ちょうど、店長と、『けんじ』、俺と直線上に立つような場所で俺に向かい合う。


「で、どうした? うずみる。何かトラブル発生か?」
表情、声色は変えず、ただ、俺に聞こえるギリギリの音量で声を発する。

突然のことで、俺は気が動転した。

「ど、どうしてそれを!」
俺は動揺もあり、大きな声を上げる。

『けんじ』は、あきれたようにこちらをみて、大きく溜息をついた。

「そんな思い詰めた表情してるのと、あのコンビニ店員の殺伐とした雰囲気見りゃ、誰でも何かあったとわかるだろ。」
少しあきれたような、でも和やかな笑みを浮かべて答える。

確かにそうである。
人間、ちょっと余裕がなくなると、すぐに客観的に物事を見れなくなるから困る。

「ここで再会したのも何かの縁。中学高校時代の友人が困ってるんじゃ見過ごせないから、私でよければ、力になるぞ」

そういうと、軽く微笑んだ。


俺は先ほどした決意が音を立て崩れるのを感じた。
安堵の表情が、そのまま返事ななっていたのだろう。

「よし、時間もあまり余裕はないだろうし、状況を説明してくれよ。」
そう言って、俺の肩を叩くと、『けんじ』も、変わらないなぁとつぶやいた。

どうやら、俺もあまり変わってないらしい。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み