遺言…… ④

文字数 3,204文字


****

 ――二人を見送った後、わたしは父が休んでいる両親の寝室へ足を運んだ。

「パパ、具合はどう?」

「絢乃か。里歩ちゃんと桐島くんは?」

「さっき帰ったわ。ちゃんとお見送りしてきたから」

「そうか」と言って、父はゆっくり体を起こした。わたしは室内のソファーからクッションを持ってきて、父の腰にあてがった。

「ありがとう」

「ううん。――ゴメンね、パパ。せっかくのクリスマスなのに、こんな時だから何もプレゼント用意してなくて……。どこか痛いところがあったら、さすってあげようか?」

 わたしにできる親孝行なんて、こんなことしかないけれど……。そう思うと何だか切なかった。

「ああ、いいのかい? じゃあ……、背中を頼む」

「分かった」

 わたしはゆっくりと、父の背中をさすってあげた。父はゲッソリ痩せてしまっていて、背骨のゴツゴツした感触がわたしの(てのひら)にダイレクトに伝わってきた。
 これが死期の迫った人の背中なのかと思うと、わたしの胸がギュッと締め付けられた。

「パパ、痩せたね……。ゴメンね、わたしが代わってあげられなくて……」

 泣きそうな声でわたしがそう呟いたのが、父にも聞こえていたらしい。

「絢乃、泣かないでくれ。お父さんは、お前のその気持ちだけで十分嬉しいよ。プレゼントなんかなくたって、お前がそうしてお父さんのことを思いやってくれてるだけで幸せだ」

「……うん」

 わたしは鼻をすすりながら頷いた。

「そうだ。お父さんから絢乃に、とっておきのプレゼントがあるんだ」

「うん? なぁに? プレゼントって」

「……お前の手に、グループの経営に関する全ての権限を(ゆだ)ねる」

「え……? それって」

「つまり、だな。――お前に、お父さんの跡を継いで、〈篠沢グループ〉の会長になってもらいたい。お父さんに残された時間はあとわずかだ。絢乃、後のことはお前に任せた」

「…………えっ!?

 あまりのことに、わたしは言葉を失った。こんなの、あまりにも早すぎる。そう思った。

「これは、お父さんの遺言だと思って聞いてほしい。お母さんも承知してくれてるから、お前は何の心配もしなくていい」

「ママも……承知してるの? ……えっ? でも他の親戚の人たちは……」

 母方の親戚――つまり篠沢家の一族の中には、グループ企業の役員を務めている人たちも少なからずいる。
 彼らは祖父が引退した時に母ではなく、父が会長に就任したことを快く思ってはいなかったらしい。とすれば、彼らの(ほこ)先がわたしに向けられるだろうことも、父には予想できたはずだった。

「それも心配ない。お母さんはこの一族の当主だ。お前が言えないことも、お母さんならガツンと言ってくれる。お母さんが守ってくれるから、安心していい」

「うん……」

 母は経営者でこそないものの、この篠沢家本家の当主である。その権力は絶大だし、他の親族をも黙らせられるだけの発言権と決定権を持っているのが強みだ。

「絢乃、サイドテーブルの抽斗(ひきだし)を開けてごらん」

「はい。――これって……」

 わたしは抽斗から取り出した封筒を凝視(ぎょうし)した。父が書いたと思われる、遺言状だった。

「それは、弁護士立ち合いのもとで作成した公正証書遺言だ。もちろん、法的に有効なもので、お父さんと弁護士の先生とで同じものを一通ずつ持ってる。それを見せれば、反対勢力も何も言えんさ」

「パパ……」

 彼らだって、いくらわたしの会長就任に反対でも法律まで敵に回したりしないだろう。そう父は言って笑った。

「そこに書いてある内容は、さっきお前に話したこととほぼ同じだ。グループの経営に関することは、一切(いっさい)を絢乃に一任する。グループ企業の土地や建物、株式はすべてお前に譲渡する。あと、お父さん個人の貯金などの財産は、お母さんと半分ずつ相続させる……とかな」

「ママは……、経営には関わらないってこと? お金だけ相続して?」

「お母さんは、それでいいって言ってるよ。この家や土地は元々お母さんの持ちものだし、お母さんがお前のお祖父(じい)さんから相続した財産もあるから、って。お父さんの財産だって、半分だけでも何億もあるからな」

「そう……」

 父の遺言は、わたしの想像を遥かに超える内容だった。そして、〝財閥会長の後継者〟というわたしの立場を改めて強調する内容でもあった。十代の女の子が託されるには重すぎる重責を、わたしは託されたのだ。

「お前には責任が重すぎるかもしれないが、お前はひとりじゃない。ちゃんと助けてくれる人がいる。……どうだ? できそうか?」

 父はわたしの目をまっすぐ見つめて問いかけた。
 本当は自信なんてなかったし、わたしには荷が重すぎると思った。けれど、父の跡を継げるのはわたししかいないということも、また事実だった。

「……うん、自信はないけど。わたし、精一杯やってみる」

「そうか! よかった。それを聞けて、お父さんは安心したよ。これで心置きなく旅立てる」

「…………」

 わたしの返事を聞いて、満足そうに顔を綻ばせた父。それまでこらえていた涙が、わたしの両目からポロッと(こぼ)れ落ちた。

「絢乃。……お父さん、ちょっと疲れたな。もう寝るよ。おやすみ」 

「……うん。パパ、おやすみ……」

 泣きじゃくりながら挨拶を返し、わたしは両親の寝室を出た。もしかしたら、父はこのまま目覚めないのではないかと、本気で覚悟した。

 母と史子さんにも「おやすみ」を言うため、わたしは慌てて涙を拭い、階下に下りた。
 それでも、涙は次から次と頬を伝い落ちた。リビングに着いた頃には、もう二人に「おやすみ」すら言えないくらい泣いていた。

「――絢乃!? どうしたの一体! そんなに泣いて……」

 わたしの泣き顔を目の当たりにした母は、血相を変えてリビングの入り口にいたわたしのところへ飛んできた。
 史子さんも何が起きているのか理解できずにオロオロしていた。

「お……っ、お嬢さま!? どうなさったんです!?

「ぱ……パパが……、ゆいご……遺言じょ……っ! わた、わたしに遺言状書いたって……っ! わたしに……、後のことは任せたって……」

 わたしはしゃくりあげながら、父との間に起こったことを一生懸命母に伝えた。

「パパ、もう寝るって言ってたけど……。もう二度と目覚めないかも……。もうダメなのかも……。だから、わたしにあんなこと……!」

 そのままわたしは母の胸に飛び込み、(せき)を切ったようにわぁっと泣き出してしまった。

「ちょっと落ち着いて、絢乃! パパは大丈夫! 大丈夫だから……」

 母はそんなわたしの背中をあやすようにさすりながら、「大丈夫、大丈夫」と何度もわたしに言い聞かせてくれた。

「絢乃……、今日までよくガマンしたわね、偉い偉い! つらかったわね。もうガマンしなくていいから、思いっきり泣きなさい」

 母は分かってくれていたのだ。わたしがそれまでずっと泣くのをガマンして、努めて明るく振舞っていたことを。その裏に、抱えきれないくらいの悲しみが潜んでいたことも。

「――もう、落ち着いた?」

 数分後、目を真っ赤に泣き腫らしたわたしに、母が訊いた。

「うん……。ゴメンねママ、もう覚悟はできてたはずなのに。いざ現実を突きつけられたらもう、緊張の糸がプツンと切れちゃって……」

「ええ、分かるわ。ショックよね。『遺言状』なんてリアルな話を聞かされたら」

「ママもホントに知ってるの? 遺言状の内容」

「もちろん知ってるわよ。私とも相談したうえで、あの遺言状は作成されたんだもの」

 父の言っていたことは本当だった。母もあの内容に納得していたのだ。

「だから大丈夫よ、絢乃。ママはあなたの味方だから。里歩ちゃんも、桐島くんもね」

「桐島さんも?」

 なぜそこで彼の名前が出てくるのか、わたしは首を捻るばかりだった。
 けれど、わたしには心強い味方が三人もついているのだと思うと、何だか気が楽になった。
 だからこそその時、本気で覚悟を決めようと思えたのかもしれない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み