第二十四章 『無間邪術』の始まり

エピソード文字数 1,791文字

 『合』の部屋の壁の、空いた空間から、部屋の中へ入り、そっと『合』に近づく。
 彪は、妻と戦っており、こちらの動きに気が付いていない『合』に向かい、いきなり指をさし、
「……不動!」
 と、彼の『術』の一つである『(こと)()』による『縛術(ばくじゅつ)』をかけた。
 『合』が彪を振り向こうとする。しかし、『合』の体は、『縛術』によって、動けなくなっていた。そこに、妻が躍りかかり、『長爪』で『合』の体を袈裟懸けに切り裂いた。
『……やったわ!』
 ほくそ笑む妻の目の前で、『合』の体は力なくくずおれたが、その時の音は、またしても、あの、からん、からん、という軽い音だった。
 倒れた『合』の体から、またあの不愉快な笑い声が聞こえた。
「……この体は、もはや使えないか。……仕方がない。取り替えよう」
 『合』の体から、『邪念』が抜けていく。
「!」
 彪は、その言葉に、なにかを感じて、顔を上げた。
 『合』の体から抜けていった『邪念』が、どこかに流れ込もうとしている。
 ……部屋の戸棚の観音開きの扉が、ぎい、と、勝手に開いた。
 彪と妻、部屋の外の暎蓮は、三人とも驚きで目を見張った。
 ……戸棚の中には、無数の木彫りの人形が並んでいたのだ。
『これは……!』
 妻が、叫んだ。
 ……そういうことか。今までの彼から、『人気』が感じられなかったのも無理はない。    『合』の本体は、ここにはいない。今まで、『仙士』の『術』を使って、自分の『邪念』を増幅させ、それをこの木彫りの人形に送り込み、一時的に『合 前五』を具現化させていたのだ。……これでは、妻の、三十年かけて作り上げた『怨念』による『迷宮』に送り込まれても、ダメージがないわけだ。
 『合』の体から抜けた『邪念』は、次の人形に入り込んだ。人形は、カタカタと揺れ、次第に大きさを増し、顔つきが変わり、……もとの、宮廷勤務者の正服を着た、新しい『合 前五』が出来上がった。
「さあ。……第二幕を、始めようか」
 『合』はそう言って、『邪念』が抜けた、今までの自分の体だった、ひびが入って、もとの木彫りに戻った人形と、それがまとっていた、あちこちが破れて汚れた正服を、片足で無造作にのけた。足を踏みしめ、片手にまたあの短刀を握る。
『ど……どうすれば、滅せるの、この男を!?』
 妻は、霊体にもかかわらず、動揺を隠しきれないのか、髪を振り乱して、彪に尋ねた。
「いくらこの人を滅しようとしても、ここにこれだけの数の『体』があるんじゃあ、終わりはないよ。本体を探して、とどめを刺さないと……」
 彪の言葉に、妻は、
『その、本体っていうのは!?』
 と、叫んだが、彪はそれに答える前に、『聖気』を手に集めて、霊体に直接触れる形で、妻の体を突き飛ばした。
 それまで、妻の霊体があった空間に、『合』の持つ短刀の刃が伸びていたのだ。彪と妻がしゃべっている間に、体を取り換えたことで、うまく『縛術』から逃れたらしい。それに気が付いた妻が、
「……『巫覡』様!」
 と、思わず叫ぶ。彪は、彼女の前に『結界術』を張ると、
「奥さん、そのまま、下がって!……お姫様のところまで。俺の『結界』内にいて!」
『でも……』
 妻が言うが、彪は、
「余計な禍根を残すわけにはいかない。……この男は、俺が仕留める。『巫覡』の名にかけて」
 と、言い切り、問答無用で、彼女の霊体を彼の後ろ、暎蓮のところまで下がらせた。暎蓮が、一時的に彪の『結界』に穴をあける形で、彼女を中に迎え入れる。
 それを確認すると、彪は、再び前を向いた。正面には『合』がいて、鼻持ちならない顔で、笑いながら彼を見ている。
「お前みたいな小童に、私を倒すことができるかな?」
 彪も、笑った。言う。
「……無理でも、やるよ。俺ははっきり言って、あんたみたいなやつが、気に入らないからね。もとのあんたがどういう人間だったのか知らないけれど、『巫覡』であった事実があったこと自体、奇跡に聞こえるくらいだよ」
「ほう。言ってくれるな。……まあ、いい。死ぬ前の置き土産ということで、許してやろう」
「果たして、そうなるかな?」
 彪も、『合』の口調に似せた言い方で、言い返した。それを聞いた『合』の顔が、険しくなる。
 ……二人は、睨み合った。お互い、じりじりと近づく。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み