第30話 迷探偵、奇跡の脱出!

エピソード文字数 1,147文字

…おい、どうした!?

家並がここにいるって、和戸から聞いて一緒にきた!

…そこで何が起こってる!?

…るーにゃん!?
…と、林野先生!?
…天明君、ワトソン君!

中に、まだのんのんが…!

何だと!?
白い煙で充満した部屋の中で、家並さんは気を失って倒れていた。
…家並!!
と、とにかく救急車…!
それから数分後、家並さんと林野先生は救急車で病院に搬送された。
…幸い、命に別状はなく、二人とも数時間で元の状態に戻った。
…でも、今回の事件で、学園祭は中止になった。
病院
…ったく、幸!お前んとこの学校、これでウチのお世話になるの今年で何回目だよ。
…すいませ〜ん。1ヶ月前お世話になったばっかなのに、また助けて貰っちゃいましたね〜。
…でも、そのおかげで先輩のお財布は潤ってるでしょう?感謝してほしいですね。
…素直に喜べねえよ。お前、医者のことなんだと思ってんだ。
…ふっ、貴様が、こいつの担当医か。随分と若いな。
紹介するよ。俺の大学の先輩、石屋 治輝(いしや はるき)先輩だ。大学を首席で卒業した、超エリートのお医者様だよ。
…褒めすぎだろ。まだ医者としては新米だよ!
…ふっ、貴様が過去のウチの学校の被害者たちを…感謝するぞ。
…幸、何この子。彼女?
は!!?
…俺の教え子ですよ。家並 紗音(やなみ しゃのん)ちゃん。探偵さんなんですよ〜。
ふーん。
誰がこいつの彼女だ!!

どんな間違え方だ!!

…ふーん。違うんだー。でも、顔真っ赤だよ?
…なっ!!
…ウ、ソ♪
貴ッ様!!
まあまあ、先輩。その辺にしてあげてくださいよ。
じゃあ先輩、俺手続きしたらもう帰りますんで。
…おう。もう来んじゃねえぞ。

…クッソ、よくも私の楽しみを…絶対に許せん…!
…誰がこんな事したんだろうね?
…まず、事件を整理してみようか。
林野先生は、白紙に控え室の見取り図を描く。
…ここに、ドライアイスの箱があって…

できた。

俺たちは、この部屋に閉じ込められて、二酸化炭素中毒になりかけたんだよね。
そ、そうだったんですか…!?
…ああ。おかげで、こっちは危うくこいつと二人きりで死ぬところだったんだぞ!
俺は紗音ちゃんと一緒にいられて楽しかったけどね〜。
何だと!?この変態!!
…冗談だよ。大事な教え子を殺されかけて、楽しいわけあるかよ。
なんとしてでも、こんな事をした犯人を見つけ出す!
…ふっ、貴様もたまにはいい事言うじゃないか。
…まずは、犯人像を絞ろうか。…こんな罠を仕掛けて、妨害電波まで使ったとなると、犯人はおそらく大人…子供に、こんな事出来るとは思えないからね。
…あの場にいた大人…
…!!
…なあ、犯罪者予備軍。
呼び方酷っ。…紗音ちゃん、俺たち、どうやら同じ事考えてるみたいだね。
…ああ。
…えっ、何?もしかして、犯人がわかったの!?
…ああ。みんなも、誰が犯人なのか、考えてみたまえ!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

和戸 尊(わと たける)

14歳。中学3年生。

通称ワトソン君。

転校生の紗音に振り回される苦労人。

家並 紗音(やなみ しゃのん)

14歳。中学3年生。

御簾照中に転入してきた迷探偵。

厨二病を拗らせており、自身をシャーロック・ホームズの生まれ変わりだと信じ込んでいる。


天明 一才(てんめい かずさ)

14歳。中学3年生。

イケメンで文武両道の生徒会長。

とある事件に巻き込まれてしまい…?

樋貝 芽亜里(ひがい めあり)

14歳。中学3年生。

紗音たちのクラスメイトの女の子。

双子の兄がとある事件に巻き込まれてしまい…?

林野 幸(りんの みゆき)

23歳。自称王子様。

謎多き青年。

とある事件で、紗音たちと出会う。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色