第2話「隙が多いんだよねえ」

文字数 3,099文字

 ――結局、閉店の十分前まで、客の流れが収まることはなかった。
 都市エカルラートの夜空は遠い。星々のきらめきはどこへ消えたのか、藍色の空には煌々と輝く星が両手に収まるほどの数だけ輝いていた。弱々しい星の輝きは、家々や街灯の明かりで姿を隠している。
 ここの夜空は随分と暗いな。ラズは藍色の暗闇を見つめながら、一つ白いため息をついた。冷たい音を立てて家々を通り抜ける北風が、冷えたラズの耳の輪郭を突き抜けた。じんと痺れるような痛みに、眉をひそめる。
 店じまいにと、ラズは店のドアプレートをくるりと回転させ、オープンからクローズドへ切り替えた。鉄製のそれに指がかじかみ、人差し指同士をこすり合わせる。
 今日一日の営業は終わったが、バレンタインは明日だ。彼にとっての"嫌な日"は、明日からが本番というとになる。
 気が重い――ラズはもう一度白い息を吐き出すと、店の中へ足を踏み入れる。

 扉を開けると、店の熱気とともに、店内を満たしていた甘ったるいチョコレートの香りがラズの鼻腔を刺激する。その様子に、ラズは眉をひそめた。普段ならばなんとも思わぬ香りだが、明日のことを思うと、気が沈んでくる。
 明日の仕事、めんどくさいな。
 ラズが頭をかくと、彼の表情とは正反対の明るい声が響いた。
「あ、ラズくん。今日もお疲れ様でした!」
 いつの間にかホールの中央にいる少女が、ラズに向けて太陽のような笑みを浮かべる。ほうきを両手で握りしめ、疲れ知らずといった様子だ。
 彼女は、リーゼロッテ・コルトレツィス。三年前からショコラトリー・ブリュールに雇われている。仕事は主に接客と裏方の雑務。職務内容、勤続歴ともにラズの後輩にあたるが、ラズは彼女から学ぶことが多い。接客態度に笑顔の作り方、手先の器用さや飲み込みの良さがそれに該当する。彼女はとてもよく仕事ができた。その能力を買われてか、リーゼロッテはちゃんとした"雇われ社員"だ。
 日雇いのラズとは違って。
「ロッテもお疲れさま」
 ラズが優しく声をかけと、彼女は、礼を言いながら軽く頭を下げた。腰まで届くほどの長髪が、彼女の動きに合わせてふわふわと揺れる。癖のある髪は少し重たそうだが、リーゼロッテの性格ととてもよく合っていると、ラズには思えた。

 ラズはリーゼロッテに恋をしている。三年前、彼女がこの店に来たあの日から。
 今でこそ、自分と同じショコラトリーの制服に身を包む彼女だが、初対面のあの日は異なった。
 明らかにサイズが大きすぎる、安物のシャツ。長年使っていたせいか、ところどころにヨレが目立つ。これまたブカブカのズボンも、膝の辺りの布が薄く、切れてしまっていたし、かつて白かったであろう靴も、土の色を吸って茶色に変色していた。手にした鞄のひもは、根元がちぎれている。誰から見ても、貧乏人そのものだ。
 だというのに、そのボロボロの服に身を包んだ少女は、笑顔を絶やさなかった。その見た目からは想像もできないほど、立ち居振る舞いといった所作がきちんとしているし、言葉遣いも決して汚くない。こちらを威嚇するような鋭い視線一つ見せない。服装と中身がひどく釣り合っていなかった。まるで、富裕層のお嬢様が、わざと貧乏人の格好をしているようにすら思える。
 たまたまゼナイドとともに彼女の面接に立ち会ったラズは、その様子に唖然とした。彼女の話を聞けば聞くほど、リーゼロッテという人間が理解できなくなる。この世の闇を経験したはずの少女は、そんなものなど全く知らぬといった素振りを見せる。それがただただ眩しかった。
 その混乱の最中、ラズはリーゼロッテに恋をした。ほとんど一目惚れのような物だっただろう。
 ……ラズ本人がその感情に気づいたのは、それから一年経った後のことだったが。

 出会った頃から、この子は全く変わらないな――リーゼロッテを五秒ほど見つめてみるが、彼女は状況を理解できず、不思議そうにこちらを見つめ返すだけだった。ラズは咳払いを一つ零すと、脱力していた表情を引き締める。まだ元気がありそうという風を無意識に装い、ぼーっとしてました、という雰囲気も演じた。
「裏方の作業、大変じゃなかった? 今日は仕事量も多かっただろうし」
「いいえ、私はたいしたことはできていません。ずっとお菓子を作っていたオーギュストさん達の方が大変ですから……」
 リーゼロッテは厨房に目を向けながら、苦笑する。
 薄暗い照明の中、中年の男が一人、ボウルに入ったチョコレートをウィスクでかき混ぜていた。静まりかえった店内に、軽快な音がかすかに響く。チョコレートと向き合う彼は真剣そのもので、獲物と向き合う狩人と似た表情をしている。オーギュストの褐色の肌に汗が光った。本日の営業は終わったが、彼の仕事は終わっていない証拠だ。
 バレンタイン用の焼き菓子は日持ちするが、生菓子となると話は異なる。明日予約分のチョコレートケーキに加え、店頭に並べる分も加味すると、彼には時間が足りなかった。
 名残惜しそうにオーギュストの背中を見送るリーゼロッテだが、やがて短くため息をついて、厨房に背を向ける。手にしたほうきをカウンター奥に立てかけると、身につけていた帽子を外した。
「でも、そろそろ帰らないといけませんね。ふふっ……」
 柔らかい帽子を口に当て、リーゼロッテは上機嫌そうにくすりと笑みをこぼす。怪訝そうなラズと視線が合うと、彼女は慌てて首を振った。
「あっ、いえ、なんでもないです。着替えたら失礼しようかな。ラズくんは……」
「俺は待ってるよ。外は暗いし、送っていくから」
 窓の外は完全に日が落ちている。
 まだ夜にしては浅い時間帯だが、夜は夜だ。住み込みならば気にすることはないが、リーゼロッテはアパートメントに部屋を借りている。十分程度の距離ではあるが、ラズはそれが気がかりだった。
「一人で帰すのは危ないからね」
 柔らかく言葉をかけて微笑んだが、リーゼロッテは不服そうに、仕事着の帽子をくしゃっと握った。つま先を立てて背伸びすると、ラズの方へ一歩近寄る。
「私、もう子供じゃ――いえ、ラズくんから見たらまだまだ子供かもしれませんけれど、あと少しで私も成人です!」
 ふんふんと鼻を鳴らすリーゼロッテはどこか得意げだ。
 後一月で彼女も十八歳。ルーフスの大人の仲間入りとなる。
 ……事実上は。ラズは目を光らせた。
 脇が甘い。背後の注意が全く足りない。足下への気配りが足りない。正面に立つ自分をちゃんと意識しているのか怪しい。――つまり、隙が多い。
 試しにとリーゼロッテに手を伸ばし、彼女の持っていた帽子を掬うように拾い上げた。彼女は自分の手から消えた帽子をきょとんと眺めながら、首をかしげる。その表情は、何が起こっているのかを理解していない様子だ。
「隙が多いんだよねえ、ロッテって」
 そういうところなんだけどね? とは思ったが口に出さず、ラズは意味ありげな笑みを零した。
「夜一人で外を出歩くのは危ないって言ってるんだよ。まあ、十七年と十ヶ月ちょっと生きてるとはいえ、世間的にはまだ『大人じゃない』んだからさ」
 言いたいことだけ言うと、ラズはリーゼロッテに帽子を返した。
 彼女はそれを不服そうな表情で受け取りながら、ラズに背を向ける。
「もう! また子供扱いしましたね」
 リーゼロッテの後ろ姿からは、ふくれっ面の頬が顔を出した。
 ……まあ、そういうところがかわいいんだけどなあ、と、ラズはリーゼロッテの膨れた頬を見つめながら、目を細めた。
「はいはい、着替えておいで」
 ラズはリーゼロッテの小さな背中をぐいぐいと押しながら、店の奥へと向かった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み