恋も、仕事も ③

文字数 3,206文字

「あれあれ? アンタたち、まだ付き合ってないのー?」

「……里歩、面白がってるでしょ」

 里歩に冷やかされ、わたしは恨めしげに抗議した。でも、彼女に悪気がないことは、わたしが一番よく知っていた。

「ゴメンゴメン! でもさ、こんだけほぼ毎日顔合してんのに、まだ告ってないの、なんか意外ー。いくら初恋っていってもさぁ」

「わたしはわたしで、色々と考えてるの。いっても大きな財閥の総帥(そうすい)っていう立場だし、秘書に恋してるのって公私混同っていうか、ちょっとスキャンダラスなんじゃないか、って」

「それは考えすぎでしょ。もっと気楽に考えなよ。アンタは真面目だから、肩に力入りすぎてんだって。どっかで空気抜きしないと潰れちゃうよ?」

 わたしが四角四面に考えすぎだったのだろうか? 里歩はわたしの懸念(けねん)をバッサリと斬り捨てた。
 彼女は姉御肌というか、男らしい性格をしているので若干口は悪いけれど、何だかんだ言ってもいつもわたしのことを心配してくれているのだ。

「……うん、そうかもね。ありがと。じゃあ、わたしはそろそろ行くね」

「あー、待って待って! あたしも桐島さんに一言挨拶してくよ」

 里歩もくっついてきて、わたしが昇降口を抜けて校門のところまで行くと、すでに彼の車が停まっていて、彼は寒い中車外で待っていてくれた。
 ちなみに茗桜女子は、体育の授業の時以外は靴を履き替えない欧米(おうべい)スタイルである。

「――桐島さん、お待たせ! 寒い中待たせちゃってゴメンなさいね」

「いえいえ。僕もつい五分ほど前に着いたところですから。――あ、中川さん! ご無沙汰しております。源一会長の葬儀の日以来ですね。絢乃会長がお世話になっております」

「いえ、こちらこそ! 絢乃がお世話になってまーす。これからも、このコのことよろしくお願いしますっ!」

「……里歩、親戚のオバサンみたい」

 わたしがボソッとツッコんだのが、彼にも聞こえていたらしい。彼は必死に笑いをこらえて肩を震わせていた。

「……はい。じゃ、絢乃さん。加奈子さんがお待ちですから、参りましょうか」

「うん。じゃあ里歩、行ってきます! 部活頑張ってね」

「はいは~い! また来週ね。っていうか、連絡くらいはするわー。バイバーイ!」

 里歩と別れると、いつものように彼が助手席のドアを開けてくれて、わたしはそこに乗り込んだ。
 そして彼が運転席に収まり、車は走り出した。会長の業務を代行してくれている母と交代するために、丸ノ内のオフィスに向けて――。

 これが、会長に就任して数ヶ月間の、初めての恋に仕事に学校生活にと大忙しだった、わたしの平日の日常である。

****

 ――そんなこんなで数日が過ぎ、バレンタインデーがやってきた。

「絢乃さん、今日もお仕事お疲れさまでした。では、僕はこれで――」

「あっ、ちょっと待って! 今日、バレンタインデーでしょ? 約束してたから、ちゃんと準備してあったの。――史子さーん!」

 普段通りに帰ろうとしていた彼を、わたしは慌てて引き留めた。
 チョコは手作りだったうえに、学校もあったので持ち歩くわけにもいかず、家に置いてあったのをゲートのところまでもってきてもらうよう、退社前に史子さんに連絡してあったのだ。

「……へっ!?

「ああ、お嬢さまぁ! 間に合ってようございました! お持ちしましたよー!」

「ありがとう、史子さん! わざわざゴメンね」

「いえいえ、とんでもない。では、わたくしはこれで失礼を」

 ニコニコ笑いながら家の方へ歩いていく彼女を見送ってから、わたしは改めてチョコの入った小さなギフトボックスを彼に手渡した。

「……というわけで、コレ、貴方に。お口に合うかどうか分からないけど」

 差し出された包みがいかにも市販品のギフトボックスだったので、彼は少しおっかなびっくりに受け取った。

「へっ!? ……あっ、ありがとうございます! うわー、本当に手作りなんですね」

「もちろんよ。ネットでチョコのレシピをいくつか検索してみて、時間がなくても簡単に美味しく作れるのを選んだの。心を込めて作ったから、きっと美味しくできてるはずよ」

 初めて男性に贈る手作りチョコ。……手作りチョコはそれまでにも、里歩に友チョコとして贈っていたけれど、好きな人に贈るものとそれとでは、気合の込めようが違った。
 彼に喜んでほしいから、真心と愛情を込めて一生懸命作ったのだ。それはある意味、わたしの気持ちを彼に伝えるのと同じ行為だった。

「絢乃さん……。本当に、ありがとうございます。大事に頂きますね」

 彼は満面の笑みでそう言うと、箱を押し頂くようにしてから自分のバッグに大事そうにしまっていた。

「ホワイトデーのお返しのことなんて考えなくていいから。その代わり、誕生日のプレゼント、ちょっと期待していい?」

 イタズラっぽくニッコリ笑って訊ねると、彼の顔は火を噴いたようにボッと赤くなった。

「…………はい、善処させて頂きます。では、お疲れさまでした。僕はこれで。――また明日」

 わたしはその日、そのまま彼に背を向けず、彼が車に乗り込んで去っていくのをずっと目で追っていた。
 彼もそれに気づいていたのか、時々チラッと目が合ったような気がするけれど、照れ臭さからかすぐに目を逸らしているのが分かった。

 チョコレートなんて、会社でもわたし以外の女性から(多分、母からはなかったと思うけれど)たくさんもらっていたはずなのに、わたしからのチョコは彼にとって特別だったのだろう。

 彼がいつからわたしに惹かれていたのかを知るのは、もう少し先のことだったけれど。彼は基本的に誰にでも優しいし親切な人だから、わたしへの態度もそれと同じなのだろうと、その頃のわたしは思っていた。

 ちなみにこのチョコは、「本命」とも「義理」とも伝えていなかった。もしも伝えていたとしたら、彼の反応に違いはあったのだろうか? それは今でも分からないままである。

****

 ――このバレンタインデーの翌日から、彼のわたしに接する態度がほんの少し変わった気がしていた。
 もちろん、優しかったり気が利いたりするところはそれまでと同じだったけれど、それ以上にわたしの言動ひとつひとつに一喜一憂しているのが目に見えて分かった。

「――では、カフェスタンド設置の件は、このまま進めていくということでいいですね? これで会議を終わります。みなさん、お疲れさまでした」

 もうすぐ四月になるというこの日も、会長室に村上社長や山崎専務、加藤経理部長を呼んで、わたしの提案した改革についての会議が行われていた。
 他の改革には時間がかかっているけれど(ちなみに一年以上経過した今も進行中である)、元喫煙ブースをカフェスタンドに改装する計画は順調に進んでいた。

「桐島さん、ありがとう。貴方にも入ってもらったおかげで、会議がスムーズに進行できたわ。わたしはまだ、自分のことでいっぱいいっぱいだから……。貴方がいてくれると頼もしいの」

「いえいえそんな! 僕は、僕にできることをさせて頂いているだけですよ。少しでも会長の手助けになっているなら、ありがたいです!」

 わたしが彼の仕事ぶりを評価したり、彼にお礼を言ったりするたびに、彼は頬を赤く染め、全身で喜びを表していた。
 元々そんなクールな人ではなかったけれど、ここまでハッキリと感情を表すこともなかっただけに、わたしも驚いたものだ。

「……ねえ桐島さん。貴方って最近、キャラ変わってない? そんなにはっちゃけたキャラだったかしら?」

 と、わたしが首を傾げると、

「そそそそ、そんなに変わってないですよ!? 会長の気のせいじゃないですか!?

 と、これまた顔を真っ赤にして慌てて否定したものだった。
 でもわたしには、彼のそんな一面すら微笑ましくて、愛おしかった。会社の中では真面目でしっかり者でも、わたしの前では飾らずに自然体のままでいてほしいと思っていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み