第三二話 ぽかぽかの野望

エピソード文字数 3,248文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月上旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

「左近殿、左近殿」
 相変わらず客間を間借りして仕事をしていると、廊下から声が掛かる。消え入りそうな若い女性の声。これは……まさか!
 振り向けば声の主は、やはり妹ちゃんこと(さち)姫だった。

「おや、祥姫様ではないですか」
 すばやく立ち上がって、部屋の入り口に立つ祥姫の側に向かう。
『姫』の格好をしているよ。当たり前だけど。信長ちゃんの姫姿は、二回ほどしか見てないのでドキッとするほど新鮮な感覚だ。

 信長ちゃんの姫装束も、たまには見てみたいぞ。素材は抜群だしな。
「左近殿が、美濃(岐阜県)行きに反対されてくださったとか。おかげで私は、美濃に嫁がずに済みました」
 ビジュアル面は信長ちゃんを想像させて、そもそも親近感を非常に感じている。それにおれが縁談を断ったので、美濃斎藤家に嫁ぐ羽目になりそうだったから、大きな肩の荷が下りた気がした。そっくりさんの妹ちゃんが、斎藤家に嫁に行っていたら、目覚めが悪くなりそうだし、美濃獲りの野望にもおおきな影響がある。

「おお、それはそれは重畳(ちょうじょう)でございました」
「わたしも弾正忠(だんじょうのじょう)家の女子。どこへでも嫁ぐ覚悟はございます。ただ正直を申せば、家中の良き方に嫁ぎとうございます」
 ハキハキとした信長ちゃんの正反対ともいえる慎ましさ。これはこれで、(たま)らないものがある。

「美濃に(とつ)がなくなったのですから、きっと良き(えにし)がございましょう」
「そうだと良いのですが……」
 上目遣いのすがるような視線。
 くっ。信長ちゃんとほぼ同じだけあって、()ちてしまいそうだ。まずいまずい。瓜二つとはいえ、妹ちゃんは別人だ。しっかりしろ、と自分に言い聞かせる。

「きっと大丈夫ですよ」
「ええ、そう願ってますわ。古渡(ふるわたり)に戻りますゆえ、一言お礼を申し上げたくて参りました」
 なるほど。顔見せが終わったので、本来の住居へ戻るのか。ほっとする反面、少し寂しい気持ちもある。

「ああ、なるほど。戻られるのですね」
「ええ。またいずれ、ゆっくりお話しをしたいものですわ……では」
「はっ!」
 ふう。少しドギマギしてしまったけれど、いずれにしても妹ちゃんの嫁入りが、ストップされてよかったぞ。

 ◇◇◇
 
 どんっどんっどんっ! どんっどんっどんっ!

 おっと、今度は信長ちゃんの来訪だ。
「さーこん。聞きたいことがあるのじゃ」
「はっ! 何なりと」
 今日の信長ちゃんは、ブルーの平紐でポニーテールを仕上げ、例の髪飾り。ニコニコとしてるので、機嫌はまず良さそうだ。
 ただ、たまに信長ちゃんも、爆弾クエッションを落とすから侮れない。

「父上に清洲(きよす)に移ってもらい、古渡(ふるわたり)を潰すのは如何(いかが)か。清洲があれば古渡は要らぬと思うのじゃ」
 お。いいところに気がついたな。兵力の集中からもとても効率がいい。
 清洲城は、信パパの上司筋にあたる織田信友の居城だった。史実でも、尾張統治の要を担った期間も長い。今月初めに信パパが落城させてからは、林秀貞(ひでさだ)が、城代(城主代理)として守備している

「とても良き策だと思います」
「で、あるか」
 信長ちゃんはニンマリ顔。
「次にな、安城の武功もあるし、さこんに褒美を与えようと思うのじゃ。欲しいものはあるか?」

 お、これはこれは……ようやく屋敷拝領のチャンスだろうか。信長ちゃんは先日、那古野城主に就任した。これまでの城代に比べ、自由裁量できる内容が格段に増えている。
 既に多くの配下に屋敷を与えているし、贔屓(ひいき)と思われることもないだろう。

「されば、(それがし)の屋敷を頂戴したく!」
「フン! 左近はワシの近くで助けてくれないのか?」
 しまった。地雷を踏んでしまったみたい。信長ちゃんは、口を尖らせて少々不機嫌の様子。
 とはいえ、ここで何とか屋敷を貰わなくては。お風呂やさらには、コタツも導入する野望があるのだから。
 おれも信長ちゃんに仕えて、だいぶ慣れてきている。こういう場合に、彼女にイエスを言わせるコツはかなり掴んでいるぞ。

「もちろん、姫のお側にいたいのです。が、屋敷を頂戴して、こたつと湯殿を造ろうと思いまして」
 好奇心の塊のような信長ちゃんは、きっとこたつと湯殿に興味を示すに違いない。どうかな?

「ほー!? こたつと湯殿であるか。こたつとは如何(いか)なるものじゃ?」
 しめた! 狙い通り食いついてきたぞ。
「されば、座卓の上を綿入りの布で覆い被せまして、外気が入らぬように致します。次に布で囲まれた内側に火鉢を置きますと、中は大変(ぬく)くなります。
 この状態をぽかぽかと申しまして、比類なき心地よさでございます」

「この辺りが大変(ぬく)く、ぽかぽかと比類なき心地よさとなるのじゃな?」
 信長ちゃんは、座卓の下で手をわしゃわしゃ動かして、嬉しそうにこちらを見ている。
 何ですか? この可愛い生き物は?
 女の子だけに冷え性なのかもしれない。興味津々だが、もう一息だろうか。

「まことに心地よさの極みでございます」
「ほー!? こたつとはまことに良きものであるな。しかし、比類なき心地よさであると、こたつから出れぬようになりそうなのじゃ」
 信長ちゃん、ザッツライト。こたつは冬の人間をダメにする。

「左様な恐れはありますが、ぽかぽかを姫に味わっていただきたいので、屋敷を頂戴したいのです」
「さこんがワシにぽかぽかを……なかなか面白き話なのじゃ。して、湯殿というと寺にあるというものか?」
 湯桶にお湯を満たして入浴する習慣は、この時代では一般的ではない。

「はい。大きな()(おけ)(こしら)え、湯で満たします。その温い湯の中に()かりませば、疲労が取れるうえ、また格別の心地よさにございます。これもまたぽかぽかでございます」
「湯殿もまたぽかぽかであるか。こたつに湯殿か。ふむ……」
 信長ちゃんの興味は、まだ見ぬダブルぽかぽかに集中しているぞ。これは乗ったな。

「はい。こたつと湯殿を造るため、屋敷を拝領したいのです」
「屋敷にさこんが住むとなると、斯様(かよう)に気軽に来れぬゆえ……では、城内に屋敷を建てようかの」
 えっ? 那古野城内なの?
 可成や勝家、牛一をはじめ、他の将たちは全て城下に屋敷を構えている。だが、とりあえずは念願の屋敷をゲット! こたつと湯殿の仮製作は、大工に発注して進めてあるので、完成はそう遠くないぞ。

「はっ! ありがたき幸せ!」
「あ、しばし待っておれ」
 ん? なんだろう。
 信長ちゃん小姓を呼んで持って来させたのは、(うち)(がたな)と脇差のセット。いわゆる大小と呼ばれるもの。
 見るからに高級そうな(こしら)えだ。

「これは褒美でなく、ワシからさこんへのぷれぜんとじゃ」
 ジャーンという効果音がついているかのように、信長ちゃんは大小を差し出してくる。
「これを……おれに?」
「うむ。さこんの背に合わせ、拵えてもらったのじゃ」
 静かに彼女は微笑んでいる。

 大小を見ると刀の鞘に、おれの家紋の『丸に竪木瓜(たてもっこう)』が描いてある。
「姫様、ありがとうございます! 感激いたしました」
 お金を出せば作れるとはいえ、信長ちゃんの心遣いが身に沁みた。

「侍の(たしな)みでもあるし、いざとなったらワシを守ってほしいのじゃ」
 信長ちゃんはニコとした笑みだ。おれに対する信頼感が伝わってくる。
 分かっている。そんな『いざ』が起きないようにするから。
 嬉しくて感激して、必ずや、というのが精一杯だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み