次期皇帝として Ⅴ

文字数 1,585文字


****

 ――その少し前。リディアが城内へ戻っていくのを見届けたデニスは、宿舎の玄関をくぐろうとしていた。灯りが消えたはずの玄関先に、ランタンの灯りと大柄な人影を、彼は(みと)める。――城下町に飲みに行った先輩(せんぱい)兵士が戻ってきたのだろうか?

(いや、違う。あれは……)

「ジョン?」

 デニスが自らのランタンで照らすと、その男はやっぱりジョンだった。

「デニス、戻ったか。――中庭で、姫様と逢引きしていたのか?」

 開口(かいこう)一番でズバッと訊いてきたジョンに、デニスは苦い顔でボヤく。

「まあ、そうなんだけどさ。お前、他に言い方ねえのかよ……」

「俺は遠回しな言い方が嫌いなんだよ」

 カタブツなジョンは、デニスのボヤきをバッサリと斬り捨てた。

 この男は幼い頃から、こういうヤツだとデニスはよぉーく知っている。けれど、というかだからこそ、ここで疑問が湧き上がる。

「だったらお前、どうしてリディアに自分の想い伝えねえんだよ? お前の気持ち、アイツも知ってるぜ?」

「……!? 姫様も、ご存じなのか……」

 痛いところを突かれたジョンが、「参りました」という顔で夜空を(あお)いだ。

「……今日の昼間、姫様が海賊と戦うことになった時にさ」

「……ん?」

「俺はあの時、姫様とお前との信頼関係っていうか、強い『(きずな)』みたいなものを感じたんだ。それが、二人が想いを通じ合わせた結果なんだ、って分かった時、もう俺にはここに入り込む隙はないんだと思った」

 そこまで言ってしまうと、ジョンは再びデニスに視線を戻した。

「だからってわけじゃないけど、俺は姫様に想いを伝えるつもりはない。姫様はいつも、俺達国民のためにお心を砕いて下さってる。俺は、そんな姫様のお心を掻き乱すようなことはしたくないから」

「ったく、カタブツなお前らしい理屈(りくつ)だぜ。でもな、リディアはお前から直接聞きたがってるんだ。アイツにとってはお前も、大切な幼なじみなんだから」

 デニスの思わぬ言葉に、ジョンは目を瞠った。それでも、彼は(かたく)なだ。

「……でも俺は、姫様に想いは伝えない。忠誠心が、俺なりの姫様への愛情だ。姫様に忠義を尽くして、陰ながらお守りすることこそが、俺なりの愛し方なんだよ」

「ああ、そうかい! 勝手にしろよなっ!」

 デニスはもう、ジョンの理詰(りづ)めにはウンザリしていた。捨て台詞を吐いて、さっさと寝部屋へ行こうとするけれど。

「――そういや、十日後にスラバットの王子が国賓として来るらしいな」

「ああ、そうだけど……」

 ジョンに引き留められたデニスは、「なんでお前が知っているのか」と訊いた。

 すると、イヴァン陛下のお供をしていた先輩兵士から聞いたのだと、答えが返る。

「その王子と姫様との縁談の話も出てるっていうじゃないか。お前、大丈夫なのか?」

「大丈夫だって。リディアは絶対、オレのこと裏切らないからさ。ちゃんとオレが守るって約束したし」

「だったらいいけどな。ま、せいぜい褐色の肌の王子に姫様を()られないように気をつけろよ。同じ色の肌の騎士(ナイト)さん?」


「うるせえ! 余計なお世話だっつうの!」


 ぷりぷり怒りながら、デニスは階段をドスドスと上がっていく。ちなみに、デニスの部屋は二階、ジョンの部屋は一階のそれぞれ二人部屋である。

「――褐色の肌の王子、か……」

 デニスは自分の容姿をジョンと比較(ひかく)して、いつも劣等感(コンプレックス)を抱えている。生粋(きっすい)のレーセル人であるジョンの白肌・金髪に対し、スラバットとの混血(こんけつ)である自分の褐色肌・赤髪が(にく)らしかった。

アイツ(リディア)は、なんでオレのことを……?」

 自分のこの異国風(エキゾチック)な容姿に()かれたのだとすれば、その王子にだって――。何せ、容姿が似ていたってこちらは一介(いっかい)の軍人、あちらは一国の王子だ。身分が違いすぎる。

(オレ、リディアのこと守りきれるかな)


 ――それから十日間、デニスは悶々と悩みながら過ごした(のち)、国賓としてスラバット王子を迎えることとなった――。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

リディア・エルヴァート 18歳


エルヴァート王朝レーセル帝国の第一皇女。父である皇帝・イヴァン・エルヴァートの一人娘であるため、皇位継承第一位の「皇太子」である。

5歳の頃に母親の皇后マリアンと、母の胎内にいた弟を亡くした悲しい過去を持つ。

エルヴァート一族(皇族)の証である蜂蜜色の長い髪と、美しい紺碧色の瞳が特徴。その美貌に似合わず剣の腕前は確かで、頭脳も明晰。次期皇帝としての器は十分で、国民からの信頼も厚い。

帝国兵であるデニス、ジョンの二人とは5歳の時からの幼なじみ。デニスはリディアの剣の師匠であり、彼女の想い人でもある。

デニス・ローレア 18歳


レーセル帝国の兵士で、リディアを護る近衛兵。父親で同じく帝国兵のガルシアはレーセル人だが、母親が隣国・スラバット王国の出身のため、混血(ハーフ)。

褐色の肌と赤の短髪、茶色の瞳が特徴で、リディアからは「異国風(エキゾチック)な風貌」と言われる。

長身でガッシリした体格で、剣の腕も一流。12歳の時にリディアから懇願され、彼女に剣術や体術を教えた。

ただ、「風流」とは程遠く、無作法である。リディアに恋心を抱いているが、幼なじみでもあるため彼女に敬意を払わずふてぶてしい態度を取っている。

ジョン・バイラル 18歳


レーセル帝国の兵士で、「帝国一の大剣使い」と名高い屈強な戦士。両親ともにレーセル人で、代々エルヴァート家に使える軍人の家柄の生まれ。ちなみに父ステファンも帝国兵で、イヴァン皇帝、デニスの父ガルシアとは友人同士である。

流れるような金髪(ブロンド)と切れ長のブルーの瞳、デニス以上に大柄な体格が特徴。その鍛え抜かれた筋力で、自分の身長以上の長さ・重量がある大剣を使いこなす。

デニスと同じくリディアの幼なじみで、彼もまた皇女に恋心を抱いているが、デニスとは違ってリディアにキチンと敬意を払い、一歩下がって彼女を見守っている。

城の皇女付きメイドに、ジョンの幼なじみのエマ・セランがいる。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み