2ページ

文字数 758文字

 留置場で過ごす夜は静かだった。
 不安な気持ちにさせるものは誰もいない。
 ひとりぼっちだ。とうとうひとりぼっちになったのだ。

 自分にかけられた嫌疑はなんだっただろうか。
 罪名を読み上げていたようだが、気が動転して頭の中にはなにも入ってこなかった。
「わたしにはなにもわからない」と言い続けても、取り調べをしていた警察官は少しも納得していない様子だった。
「見てたんでしょ」
「仕事に行ってたので」
「知らないわけないよね」
「家の留守を任せてましたから、いうことを聞かないといわれたら仕方ない部分もあるんです――」

 堂々巡りになりつつあって、いい加減うんざりとしていた。
 明日もまた取り調べだという。
 ここ数日の出来事に疲れ果てていたが、やはり寝付けない。

 寝返りを打つと見知らぬ男が格子の外に立っていて、悲鳴を上げそうになった。
 制服を着ていない。警察官でなければ弁護士か。こんな時間に、しかもこんな場所で面会をするものだろうか。

 早苗は布団から這い出てその場で正座した。
「わたしに、なにか?」
 そう聞くと男は頭に乗せていた帽子をとり、紳士ぶって胸に当てた。
「この世に未練を残すことなく成仏するため、最後に伝えたい人に気持ちをお届けする、言伝人です」
「ええ?」
 初めて聞く言葉に早苗は問い返した。
「それは弁護人かなにかの意味でしょうか」
「いいえ。言伝人です」

 黙秘権や弁護士を付ける権利については聞かされていたが、言伝人なる制度についてはなにも説明を受けていなかった。

「成仏って……あの、やっぱり、わたしは死刑になるってことですか」
「さぁ、それはわたくしの管轄ではありませんから」
「じゃあ、どういう……」
「あなたに、娘さんから預かった言葉を届けに参りました」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み