悲しい真相 後編

文字数 1,884文字

「私、源一会長がもう長く生きられないと分かった時、会社を辞めようとも思ったんです。もう私が会長のためにできることはないんだ、と思って……」

「……そうなの?」

 その情報は初耳だったので、わたしが訪ね返すと彼女は頷いた。

「ですが、広田室長に引き留められました。『あなたはこの会社に必要な人だから』と。それで、村上社長の秘書の方が寿(ことぶき)退職されることになったので、その後任を私が務めることになったんです」

「そうだったんだ……」

 あの中途半端な時期の、急な配置換え。わたしにもやっと合点がいった。あれは、広田室長なりの小川さんへの励ましだったのだ。

「そうよ、小川さん。貴女にはまだ、貴女を必要としてくれてる人がいるの! 村上さんもそうだけど、もう一人」

「……えっ?」

 わたしはそこで、男性二人の靴音に気づいた。貢がちゃんと彼を連れてきてくれたようだ。

「貴女の身近に、貴女のことを一途に想い続けてくれてる人がいるじゃない。ね、前田さん?」

「え…………!?

 驚きのあまり、会長室の執務スペースを振り返った彼女の涙は引っ込んでいた。

「前田くん! どうしてあなたがここにいるの!?

「桐島くんに言われたんだ。『小川先輩を励ましてあげて下さい』ってな。お前が最近元気ないのは、俺も心配だったからさ」

 前田さんは優しい笑顔で、でもちょっと照れ臭そうに彼女の疑問に答えてくれた。
 彼の横で、貢が「会長に頼まれたんです」とあっさり種明かし。

「会長が……、そうだったんですね」

「ええ。多分、父が今生きてここにいても、きっと同じようなことをしてたと思うから」

 前田さんの彼女への愛は、誠実でまっすぐだ。家庭のある自分を不毛に想い続けているよりずっと、彼女も幸せだろう。……父だってきっとそう思っていたはず。

「小川、だいたいの話は桐島くんから聞いた。源一会長のこと、すぐに忘れてくれとは言わねえよ。そんなのムリだろうから。……ただ、俺じゃダメかな?」

「……は?」

「今すぐ彼氏にしてくれとかそんなんじゃなくて。最初は友達からっていうか……、帰りに一緒にメシ食いに行くとかさ、そんなとこから始めるってのはどうかな?」

 この告白の仕方からも、彼の誠実さが滲み出ているなぁとわたしは思った。小川さんは、好きだった人を永遠に失った。その心の痛みに寄り添う彼は、本当に彼女のことを大切に想っているんだなぁ、と。

「私でいいのかな。……でも、ありがと。私の方こそ、よろしく」

 小川さんが、前田さんが差し出した手を握り返した。彼女の中で新たな恋が生まれつつあることを、わたしと貢は微笑ましく見守っていたのだった――。

****

 ――二人が退出してから、わたしと貢はやっと普段の業務に入った。……けれど。

「何だか切ないね。小川さんも、前田さんも」

 家庭があり、しかも()(せき)に入ってしまった父をずっと不毛に想い続けていた小川さん。そして、自分も彼女への恋心を抱きながらも、そんな彼女をもどかしく見守り続けていた前田さん。……小川さんだって、彼のことを何とも思っていなかったはずはないのだ。

「ですねぇ。僕なんて、小川先輩は大学時代からよく知っている人なんで、余計にそう思います。でも、先輩もこれでやっと前に進めるようになったんじゃないですかね」

「そうだね。だといいんだけどなぁ……」

 あの二人は、なかなか縮まりそうで縮まらなかった距離の間でずっともがいていたのだ。……じゃあ、わたしたちは? パソコン作業に没頭するフリをしながら、わたしは貢の方をチラリと窺った。

 わたしと貢はこの頃、交際を始めてからすでに四か月以上が経過していた。
 付き合い始めたら二人の距離感なんてすぐに縮まると思っていたのに……。物理的には縮まったはずのわたしたちの距離だけれど、心の距離は離れつつあることを、わたし自身も感じていた。
 どうしてこうなってしまったんだろう……。その当時のわたしには、その原因が何だったのか分かっていなかったのだ。

 チラ見していたつもりが、いつの間にか彼の顔を凝視してしまっていたらしい。ふと彼と目が合ってしまい、彼が首を傾げていた。 

「……? どうかされました?」

「あ……、ううん! 何でもないの。……あ、ねえ桐島さん、この件についてなんだけど――」

 わたしはとっさにごまかし、仕事についての相談でカムフラージュした。

 ――その後、わたしたちの絆が試されるような出来事が起こり、二人の関係は修復不可能になる寸前まで悪化するのだけれど、それはこの二ヶ月ほど先の秋のことだった。

                    E N D
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み