第一〇話 姫武将信長

エピソード文字数 3,745文字

 ◆天文十四年(一五四五年)八月上旬 美濃国(岐阜県)

 近江国での使命を果たして、那古野へ戻る途中。徒歩で二泊三日の行程だ。現代日本の新幹線だと一時間もかからないので、じれったい気持ちは強い。だが鉄道開発などは夢のまた夢だろう。

 森可成(よしなり)の勧誘と火縄銃生産の目途を立てるのが、『出張』の目的だ。だから、それだけでも充分な成果といえる。さらに偶然の産物とはいえ、お奈津を介して甲賀衆(こうかしゅう)との伝手(つて)ができたのは、嬉しい誤算だ。
 戦国時代の過去の記憶は皆無なので、婚約者の自殺の話を聞いても、可哀相だとか、なんとかならなかったのか、との思いはある。だが、それ以上でもそれ以下でもないのは、仕方がないことだよな。

 もう少し時間の余裕があれば、諜報組織の強化を図るために甲賀衆、伊賀衆などの招聘(しょうへい)工作をしたかった。だけど、贅沢言っても始まらない。お奈津経由で文を送っておこう。
 信パパの伝手を使って忍びを雇うのは、きっとできるはずだ。だが、自前の諜報組織を用意した方がいいだろう。史実の信長も散々身内と争っているからな。

 甲賀衆は近江国の甲賀郡を、伊賀衆は伊賀国を根拠地としているけれど、山を隔てて隣接する位置関係だ。ライバルで火花を散らした争いをしている、などということはない。たとえば、人員の融通をしあったりと基本的に協力関係。
 たしかに、特殊技能を身につけた集団同士が、常時臨戦体制にあったらとてもやっていられない。
 甲賀衆や伊賀衆の全てが戦闘員ではなく、子供や老人、農業専従者などもいるのだから、当たり前といえば当たり前だな。

 また、いわゆる『抜け忍』については、現代の小説・マンガ・ドラマ・映画などのメディアのイメージと違っている。忙しくて追手を差し向ける余裕がないので、『止むを得ず放置』が殆どらしい。
 忍者といえば黒頭巾に黒装束のイメージだ。ところが夜間に黒色の衣装は、かえって目立ってしまうので柿色装束が一般的。そもそも夜間潜入・戦闘以外は行商人・山伏・僧侶などの『旅の人』をしているのが、本当の忍びの実態だそうだ。
 かなりイメージが違うよな。

 これまたイメージと異なるのが、この時代の街道での移動について。戦争時や軍勢が移動するときは、もちろんシャットアウトされてしまう。
 しかし戦闘に関係のない旅人の通行は、関所で銭を払わなければならないケースもあるけれど、基本的にスルーだ。要所要所に食事施設や宿泊施設もあるので、ほぼ三食宿付きで移動できると考えていい。

 ただ、治安の悪い場所には野盗や追い剥ぎの類が出るので要注意。おれは、身長は六尺(一八〇センチ)あるけれど、中肉の体型で剣の鍛錬をそれほどしてはいない。
 さすがに、火縄銃を発射準備完了状態で旅をするわけにもいかないので、万が一の場合は銭を払って命乞いした方が良さそうだ。

 ああ、そうだ。那古野に戻ったら領内の関所の撤廃をしなくてはいけないな。関所の撤廃はすぐに取り掛かっていい。物流の促進をして、経済を発展させるため。
 信長の経済政策で有名なのは楽市・楽座だ。
 ただ、楽座――座の撤廃については、存在していなかったという説もあるぐらい。逆に座を安堵(あんど)(公認)するケースも多かったから、座については、現状把握すればいいだろう。
 自由に営業できる楽市に関しては、領内で実施してもいいかもしれない。だが、商人への課税を、どのようにシステム化するのか考慮しなくてはいけないので、一律に適用しない方がいいかもしれないな。要検討事項だ。

 日本で一番早く楽市を実施したと伝わっているのが、近江の六角定頼(ろっかくさだより)で、信長でないのは既に通説。
 面白いのは、六角氏に次いで早々に楽市を実施したのが、暗愚で文弱と揶揄(やゆ)されることも多い、今川氏真(うじざね)だ。蹴鞠(けまり)ばっかりしているわけでないんだよ。イメージって本当に怖いよな。

 外交については、大垣城を返還して、美濃(岐阜県)斎藤家との緊張緩和がなったのが大きい。
 そうなると三河(愛知県東部)の松平広忠(徳川家康の父)が怖い気がするけれど、那古野に戻って状況確認をしてから、方針決定をした方がいいだろう。
 ん……ひとしきり、考えまとめていたら眠くなったな。
 おやすみなさい。

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 尾張(おわり)国 那古野(なごや)

 出張を終えて那古野城に戻ったところ、信長ちゃん達が、兵の訓練をしている最中だった。
 おー、やってるやってる。兵が二〇〇名ばかりいるだろうか。

「左近殿、ご苦労でござったな」
 白髪の平手爺が、訓練を見に来ていたようで、声をかけてきた。
「中務様、これはこれは。姫の様子をご覧に参られましたか?」
「左様、しかし、姫が男子であればまことに良かったのだがなあ」との言葉とは裏腹に、信長ちゃんの様子をニコニコと見ている。

「ええ……ここのところ、姫様の様子はいかがでしたか?」
「見てのとおり、活き活きとして励んでいらっしゃる。しかし、おぬしが呼んで参った森三左(さんざ)可成(よしなり))だったかの? なかなかのモノよな。先が楽しみよ」
 大活躍してもらわないと困ります。史実で活躍した人間を連れてきてるんだから。
 森可成は戦働きだけでなく、行政や外交にも強く、史実で信長の信頼が非常に厚かった武将。現時点で、信長ちゃん配下の中核的な人材だ。

「それはそれは。結構なことです。ところで、美濃はいかがでしょう?」
「うむ。大垣城の尾張衆は全て引き揚げたわ。婚儀については、大殿(信秀)も『吉をマムシ(斎藤道三)の息子ごときにやるのは惜しいわ』と仰せであるな。別の縁談を考えなくてはいけないかもしれないが……まあ、のらりくらりとだな」
「なるほど」
「では、わしは参るぞ。左近殿、くれぐれも姫様を頼むぞ。粗相なきようになア!」
 さきほどまでは、縁側に座って孫を眺めるお爺ちゃんのような笑顔だったのに、いきなり迫力ある気合を飛ばしてくる。戦国武将は怖いよ、全く。
 とはいえ、平手爺は史実では、信長のうつけ行動に心を痛め、切腹してしまう。諫死(かんし)フラグはへし折らないとな。貴重な信長ちゃんの味方なのだから。

 訓練に一段落した信長ちゃんが、おれを目ざとく見つけ、駆け寄ってきた。
 鎧の上に赤い陣羽織(じんばおり)を着用して、今日は髪を降ろしていて白い鉢巻をしている。あら、とってもサマになってるじゃないですか。
 現代日本でも人気だった姫武将ってやつだ。好みの美少女は見るだけでも幸せになれる。

「殿、ただいま戻りました。森三左(可成)殿は、参ってるようですね。鉄砲鍛治についても、おっつけ那古野に参りましょう」
「うむ。大儀なのじゃ」
「即応衆は順調のようですね」
 即応衆とは、常備軍のことであり、農家の次男、三男などを金銭にて雇う兵農分離の第一歩。

「うむ! 既に兵らの長屋を城下に建てさせている。熱田と津島の商人が是非とも建てさせてくれ、と言ってきたのでな」
 断じて……違う。
 『是非建てさせてくれ』なんて、生易しいものではない。これからも城下に兵や家族などが集まるため、新しい商売が成り立つ。そのネタを複数の商人にチラつかせて、タダで兵たちの住居を建てさせたに違いない。

「なるほど……」
「兵らの訓練をしているうちに思いついて、三間半(六.三メートル)の長柄(ながえ)(長槍)を、試しているところなのじゃ。なかなか、具合よさそうであるぞ。権六(ごんろく)(柴田勝家)もそう言っておる」
 長槍隊の槍を通常より一.八メートルほど長くした、という史実でも信長によって行われたという戦術の改良だ。

 そして勝家か。
 柴田勝家は、史実で勘十郎信行の家老(重臣)となって、後に信長に帰参する。だが、信行が謀反(むほん)した際は、信長の敵だったのだ。
 兵たちの方を見やると、『それっ、叩けぇぇえ!』と盛んに(げき)を飛ばしてる武者がいる。モミアゲとヒゲが繋がっている迫力のあるマッチョ。ヤツだ。ヤツに間違いない。
 勝家は信パパの配下なのに、訓練に混じっているのはなぜだろう。借りてきたのか?

「三間半の長柄……しかし、権六(勝家)殿がどうして?」
「うむ。古渡(ふるわたり)に行って『権六が手伝ってくれぬので、兵の訓練が(はかど)らず、毎日ワシはとても悲しい』と言ってみたのじゃ!」
 姫武将がドヤ顔してるが驚いた。
 なんて信長ちゃんは有能なんだろう。この歳で、ここまでできると思わなかったぞ。史実の信長以上かもしれないな。
「……」
しばし考え込んでしまっていた。

「左近? ど、どうじゃ?」
 ナニコレ? もしかして、褒めてほしいの?
「さすが殿にございますな。感服いたしました!」
「で、あるか!」
 姫武将が満面の笑顔で言い放つ。
 何ですか? この可愛い生き物は? おれも、嬉しくなってしまった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み