後編

文字数 1,847文字

 人一人居ない夜の朱雀大路。黄土色の髪を振り乱し、赤い目をした(おきな)がじっと平安宮を見上げている。もちろん現実(うつつ)の者では無い、力のある陰陽師にしか見えない(あやかし)の姿だ。
「もう十分怖がらせただろう。宮の人々も懲りている。そろそろ止めろ、竹の精」
 魔手麻呂は雲から降りて、煤に汚れた薄緑色の着物を纏った翁に近寄った。
「官吏達とはいえ、くさっても陰陽師だ。彼らが張った結界を破るのは並大抵では無いぞ。痛い目に会う前に余生をどこかの山際ででも過ごしたらどうなんだ」
「お前にも頼んだのに、この役立たずめ」
 翁の赤い目が異様な光を放ち、朱雀大路を禍々しく照らした。
「我が眷属(けんぞく)達は花を咲かせる目的も潰え、叫びを上げて黒焦げになっていった。ええい、地下に這う茎を中空の竹に変えて結界を越え、管を伝って怒りの炎を宮に送り宮中の奴らも黒焦げにしてやる」
「それは、聞き捨てならないな」
 魔手麻呂の手が動き、彼の両脇に青電鬼(せいでんき)飛来神(ひらいしん)が現れた。
 竹の精の顔色が変わる。
「我が行く手を阻む気か、魔手麻呂(ましゅまろ)
 竹の精は全身から怒りの炎を噴き出す。竹の節にぽかりと空いた穴から、竹の精は炎を吹き込み始めた。
 竹の精の周りは緑色に輝き、術を通さぬ結界となっている。翁はどうだとばかりに魔手麻呂を見ながら、にやりと笑って見せた
 炎は竹を伝って下に降りる。炎が通り過ぎたところは真っ赤に光り、そしてすぐさま黒く変色した。みるみるうちに朱雀大路の竹は、天に向かって赤く輝いたと思うと、黒く変色していく。……ということは、地下を伝わって黒くなったところまで炎が到達していると言うことだ。
「もう誰もわしを止めることはできぬ」
 竹の精は、竹にかじりついて炎を竹に吹き込み続けた。
「青電鬼っ」
 魔手麻呂に言われるまでもなく、すでに宙に舞い上がっていた青電鬼は薄衣を両手に持って舞っていた。薄衣は式神の身体に触れて青いキラキラとした火花を上げている。踊れば踊るほど、きらめきは激しくなり青電鬼の周囲に広がった。
 魔手麻呂の左手があがる。
 青電鬼の周りのぼおっとしたきらめきは魔手麻呂の手に吸い込まれていき、彼の手は青白く輝いた。
「飛来神っ」
 すでに韋駄天(いだてん)のごとく天を駆けて、宮の手前の竹の上に立つ飛来神の頭の角が、魔手麻呂の声と同時ににょきにょきと伸びる。
 彼の立つ竹が黒く変化したその時。
 魔手麻呂の手が大きく弧を描き、手から放たれた青白い光線は太い雷の帯となって飛来神の角に吸い込まれた。
 どーんっと大きな音が響き、朱雀大路が揺れる。
「うおおおおおっ!」
 硬直した竹の精が青く光りながら叫びを上げる。連なった朱雀大路の竹も、ビリビリと震えながら同じように青い光を発した。そしてパンっとはぜながら地上から消えていく。
「おのれ、魔手麻呂っ、何をした」
 倒れ伏した竹の精が陰陽師をにらむ。
「黒焦げの竹は、雷電をよく通すのだよ。お前が燃やしてくれたおかげで、黒くなった地下の竹を通して、こちら側に向かって雷電の通り道ができたって訳だ」
「人間ふぜいに百年の呪を持つわしが敗れるとは、ああ、口惜しい……」
 竹の精は泡を吹きながらみるみるうちに黒くしなびていく。
「このたびの事は、こちらの傲慢(ごうまん)が原因だ。お前達が生きていることも考えず、こちらの都合だけで勝手に根絶やしにしようとした。怒るのは無理も無い。あそこにまた竹林が蘇るように、私も腐心しよう」
 魔手麻呂は竹の精がいた場所に一枚残された竹の葉を拾い上げる。
「このままで終われとは言わない。私に良い考えがあるのだ」
 彼は竹の葉に唇を寄せてそっと何やらつぶやいた。
「心ゆくまで、恨みを晴らすとよい」





 いつの間にか弓削豪満の庭に生えた数本の竹には、奇妙な穴がいくつか空いていた。
 風が吹くと、その穴から近隣に不思議な声が響きわたる。
「おろかもの~、おろかもの~」
 周りの人々はいつしか豪満の屋敷を「おろか屋敷」と呼ぶようになった。
「あやつの仕業だな。おのれ、魔手麻呂っ」
 ついに頭にきた豪満が斧を振り上げて、竹に斬りかかる。
 と、いきなり地下から茎が盛り上がって、豪満の足を引っかけた。
 昨夜の雨で地面には水たまりができている。激しい水音とともに、陰陽師頭は顔から水たまりにつっこんだ。
「おろかもの、おろかもの~」
 それを見て、竹はさらに楽しげに唄うのであった。




 千年後、京都の竹を炭化させたものがトーマス・アルバ・エジソンによって、電球のフィラメントに使われる。その竹は京都の裏鬼門を守る石清水八幡宮の真竹であった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み