メイド服とチョコメロンパフェ( >ω<) ~❤

19:クリームの幻聴

エピソードの総文字数=1,289文字

 それから私は、パフェを作り始めたミユちゃんのことを撮影するよ。いつも楽しそうにスイーツを作っていたミユちゃんなのに、ボウルのクリームをかき混ぜながら、何故か思いつめたような表情をする。

 ∧_∧
 (   )】
 /  /┘

ノ ̄ゝ  ←撮影する私




            ☆★☆★





いいのかい。このままパフェを作って。
――白いクリームが、私に語りかけてくるわ。
せっかく、大好きな幼馴染とまた話せるようになったのに。このまま全力のスイーツを作ったら、また彼女は君から離れていく
――クリームの声は、私にしか聞こえない幻聴。紗彩から避けられ始めた中3のあの日以降、私が悩んでいる時にクリームは語りかけてくる。

それでいいのかい?
(なら、どうしろというの?
(#^ω^)       )
手を抜くんだよ。君ならわかるだろう?
紗彩も本気だった。だから、誰よりも近くにいた君に追い抜かれて、ショックだったんだ。凄いスイーツを見て、その実力に嫉妬した経験は、君にもあるはずだ

(たしかに、あるわ。人気店のスイーツを食べた時。名パティシエの特集記事を見た時。確かに嫉妬することもあるわ)

(よく知りもしない人に、適当な言葉で褒められたくない。だけど、自分より腕のある人が、その評価を認められ話題にされている様は、それでそれで面白くないもの。


お母さんを除いて、誰よりも凄いパティシエールになりたい。そんな成功欲からくる感情だわ。スイーツ作りをはじめたきっかけは紗彩でも、それを楽しいと思い、仕事にしたいと思った瞬間から、私の成功欲は誕生した)


(だから、私はスイーツを作るの。誰よりも凄いパティシエールになって、みんなから評価されるの。その評価を素直に受け止められるくらい、凄くなるの。

だけど、紗彩にも、才能がある。紗彩とも、スイーツを作りたい。お互いに全力で、競い合い、アイディアを出し合い、共に前へ進みたい。そう思うわ。小学生の頃みたいに……)

そうやって多くを求めると、自滅する。第一、小学生の頃の君は、紗彩に置いていかれないか、必死だった。彼女がまたパティシエールの道に戻り努力を始めたら、また君は怯えることになる。

沙綾を取るか、パティシエールの道を取るか。二つに一つさ

(どちらも選ぶ。その先に、私の幸せはあるの)
無理だね。どちらもちょうど良くやれるほど、君は器用じゃない。今日まで紗綾と距離を置いていたのが証拠だ
(でも……手を抜いてスイーツを作るなんて。そんなこと、できないわ。私は常に全力で、成長し続けたい。パティシエールになりたいの。ほかの仕事なんて、したくないの)
だったら、紗綾は諦めるんだね。わかっているだろう? 僕のセリフは君の迷いだ。君がどちらも取ると答えようと、僕が現れている以上、心の奥底では両立が無理だと考えている。

そんな迷いのあるうちは、君は最高のパティシエールにはなれない
……
この世界の道は険しい。社会力のない君は、ほかの仕事にはつけない。それもわかっているから、好きを仕事にしたいんだろう? だったら、君は一人前のパティシエールになるしかないんだ。諦めろ。紗綾は

(それでも、私は……)

TOP