85

エピソード文字数 777文字

 “弟、信勝(信行)との醜い兄弟の家督争いは、いまだに水面下で燻り続け、兄、信広(のぶひろ)も斎藤義龍と手を結ぶ。”

 あたしは密かに家臣らの動向を調べ、信長に知っている情報を全て伝えた。昼間は男として信長の側に仕え、夜は男の姿を捨て、信長の寵愛を受ける。

 だが、それも長くは続かなかった。

 信長は側室を迎え、吉乃もまた信長の寵愛を受けていたのだ。

 女として生きることを拒み、男の道を選んだあたしは、側室の元に向かう信長を笑顔で送り出さなければならなかった。

 信長と逢えない夜は、冷たい布団の中で膝を抱え、寂しさと嫉妬に身を震わせ胸が張り裂けそうだった。

 あたしは平手紅。
 斎藤紗紅ではない。

 どうしてあたしが……
 この時代に迷い込んでしまったのだろう。

 どうして……
 こんなにも信長を愛してしまったのだろう。

 どうして…………。

 ――1557年(弘治3年)
 “弟、信勝(信行)は謀反を企てるが、重臣柴田勝家(しばたかついえ)の密告により、信長は難を逃れる。”

 相次ぐ謀反に、信長の目は怒りに満ち常軌を逸していた。

「信勝を清州城に誘い出すのだ」

「信勝殿をですか?どうなさるおつもりですか?血を分けた兄弟で争うなど、もうお止め下さい」

 あたしは実の姉に酷いことをした。
 後悔しても、もう謝るすべもない。

 信長に同じ思いをして欲しくはない。

「紅、もう諍いは終わりだ。わしが病に伏せておると信勝に申し伝えよ。そうすれば信勝の本心はわかるであろう」

「はい。畏まりました」

 信長が病気だと知れば、信勝は必ず見舞いに訪れる。仮病で兄弟が和睦できるなら、それもひとつの手段。

 2人が手を組めば、織田家の家臣達もひとつに纏まり揺るがない力となる。

 信長のためなら、どんな嘘も吐く。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み