第五十九幕!軍都落ちる

文字数 13,161文字

常軌を逸した決闘も終わりを迎えつつあった。
龍二は、力が入らない拳を精一杯振りかざす。土方は目を閉じ、上から降り注がれるであろう時代のうねりを待つ。


「終わりだあああああああああ!!!」


拳は振り下ろされ、全てが終結した。みんながそう思っていた。しかし、現実はそう甘くはない。止めを刺すはずだった龍二が、土方の隣でうずくまっている。彼の身体には、3つの銃痕が痛々しくめり込む。
そして、土方の元へ駆け寄る1人の女がいた。


「土方さん!!!!」


土方は、その声の方へ視線を向けた。


「み、美咲か...。」


「大丈夫でっか?」


土方は微笑を浮かべた。


「ふ、潔くあの世へ行こうと思ったのに。」


「何言ってんですか。早く行きますよ。」


彼女は、土方の手を引っ張って起こす。


「女に助けられるとは、俺も落ちぶれたな。」


「そんな時もありますって。 気にしないでください。」


土方は肩を担がれ、そのままスノーモービルの後部座席に乗せられる。
銃で撃たれ、雪原に倒れた龍二は、過呼吸になりながらも彼女の方へ寝返りをうった。


「てめえ...。」


彼女は龍二を見下ろす。


「これが戦争さ。あんたに恨みは無いけど、死んでもらうよ。」


ライフルの銃口を向けられる。龍二は、紗宙に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
彼女が命を助け、蒼が許した女。自分が美咲に殺されたら、きっと蒼は彼女のことを再び憎しむだろう。そして彼女を地の果てまで追い詰めて、残虐な方法で殺害することは間違えない。そうなった時、紗宙はどう思うのだろうか。
彼女は、命を助けた友達によって仲間が殺され、それに激怒した恋人が復讐の殺人鬼となり、自分の親友が抹殺される。そんな悲しい運命を背負い、暗い人生を歩まなければならなくなる。彼女は、悲しむどころではなく、絶望の果てに死を選んでしまうのかもしれない。
つまり、自分がここで死ねば、ある意味で多くの関係者を悲しませてしまうことになる。自意識過剰すぎると言われても仕方がない。だが、そんなことがありえなくも無いこともまた事実だ。
絶対に死ぬことなんて許されない。特に美咲に殺されることは避けたい。だがしかし、目の前には銃口しか見えない。今の龍二には、死という選択肢以外、考える余裕がなかった。
美咲は引き金に手をかける。
龍二は心の中で叫んだ。


『みんな、すまねえ。』


激しい銃声が鳴り響く。龍二は気を失った。





「龍二さん、目を開けてください。」


そんな声で彼は目を覚ます。周囲を見渡すと、多くの部下たちに囲まれていた。


「俺は...、生きているのか...。」


機動隊の兵士が近寄ってくる。


「間一髪でした。私たちが土方の陣へ入った時には、すでに女がライフルを構えておりました。こちらが彼女へ向けて発砲したところ、土方と共に札幌方面へ逃走していきました。」


すると、別の機動隊の兵士が頭を下げた。


「敵の大将2人を討ち損じ、大変申し訳ございませんでした。」


他の兵士たちも一斉に頭を下げる。
龍二は、そんな部下たちを見渡す。


「出すぎたことをした。すまなかった。」


機動隊の兵士たちは口を揃えて言う。


「龍二さんのおかげで、この決戦の勝敗が決まったと言っても過言ではありません。落ち度は私どもにございます。もう少し有能であれば、龍二さんの目こんなことにはならなかった...。」


龍二は、手を左目に当てた。そこで思い出す、土方によって左目を潰されたこと。
しかし彼は、絶望したりせず、ボロボロの身体を叩き起こした。


「もう言うな。俺たちは勝ったんだ。官軍に勝ったんだ!!!」


それを聞いた周りの機動隊の兵士たちは、徐々に表情を取り戻す。そしていつの間にか、お通夜ムードは、勝利の歓声へと変貌していった。
この決戦の結果は、のちに国際社会に激震を走らせるのだが、この勝利の立役者は間違えなく関戸龍二、その人だったに違いない。





龍二が土方と戦っている頃、AIMの右翼部隊は、峠で官軍を撃退。敵の右翼を押し込む形で、東鷹栖付近まで進軍していた。
部隊の目標は、官軍の本拠地である軍都旭川を制圧すること。サクと俺は、時に競い合いながらも連携して、敵兵の撃滅に精を出していた。
東鷹栖まで来ると、遠方に旭川のビル群が姿を見せる。爆撃音と射撃音、そして阿鼻叫喚が交差する戦場から見る東京顔負けのビル群は、不釣り合いで異様なものに映った。
旭川も仙台と同じく、戦争に備えて簡易的な城壁が街を取り囲んでいる。いわゆる城塞都市となっていた。官軍の残党は、撤退しながらもビルへ隠れてはこちらを待ち伏せ。不意を打つように銃撃を加えてくる。
俺は、迫撃砲で住宅地を焦土化して敵を丸裸にしようとサクに提案する。サクもその案に乗っかろうとしたが、ユワレの反対もあり地道に索敵しながら進むことになった。
俺とサクは、性格が似ているところが多い。それと同じくらい、ユワレはカネスケと性格が似ている。彼の存在がなければ、旭川市は廃墟になっていたことだろう。
住宅街に立てこもり、雪原から攻めてくる俺たちを狙い撃ちにする官軍兵士達。地の理も兵力も明らかに官軍が優勢だ。
サクは苛立ちを覚えていた。


「クソ!排水の陣を引いてやがる!徹底抗戦のつもりか!」


俺は、苛立つサクの愚痴を聞きながら、どうすればスムーズに進軍ができるのか考えていた。


「敵が市街地へ立てこもる前に、街を制圧しなければ。」


「わかっている。だが、地道に攻め込む以外方法がない。」


そんな時、俺の頭にアイデアが浮かぶ。


「一層の事、郊外の住宅地に潜む敵兵を無視して、一気に城壁を攻撃しないか?」


サクは呆れた表情を浮かべた。


「城壁は簡易的な物とはいえ、突破をするにはそれなりの時間が必要だ。敵を素通りして城攻めなんてやってみろ。背後を突かれて挟み撃ちにされちまう。」


「それでいいんだよ。」


「なんでだよ?」


「俺たちも排水の陣を敷くんだ。そしてこの部隊にはお前がいる。この存在の大きさに気づけ。」


サクは首を傾げた。


「言ってる意味がわからねえよ。」


俺は冷静に説明する。


「お前は兵士からの人望が厚い。そんなお前が、排水の陣を敷いて覚悟を決めれば、兵士達の士気は最高潮に上がる。3万の兵が一丸となれば、旭川の簡易的な城壁なんて簡単に突破できる。」


それを聞いてサクは笑った。


「ははははは。根性論ときたか。」


俺は彼を鋭い目で睨む。


「あ?」


彼は笑うのを辞めた。


「すっかり忘れていたよ。戦は、兵器や兵力が全てじゃないってことをね。」


俺は、それを聞けて嬉しかった。
いつ提案をしても中々採用してくれない彼が、ついに呑んでくれたのだ。
言った以上は、失敗することが許されない。心の中に自ら背水の陣を敷いた。





サクは、住宅地を素通りして、直接城壁を破壊することを決定。都市郊外の住宅地と城壁はそこそこ距離もあり、民家に潜んでいる敵の残党は、打って出ないといけない羽目になる。これもまた、俺がこの案を提案した1つの理由だ。
旭川城壁から300メートルくらいのところまでやってきた。前方には、街を囲む広大な壁と、その上からこちらを警戒している官軍守備隊の姿が見えた。
彼らは仙台城壁を守っていた官軍よりも、さらに洗礼された武装をしているように見える。武器もさることながら、雰囲気、そして規律のとれた動きは、こちらを威圧する1つの要因だ。
サクが俺に質問を投げた。


「お前ならどうする?」


俺はきっぱりと答える。


「破壊する。ただそれだけだ。」


彼はまたもや笑った。


「蒼らしい答えだな。」


俺がムッとすると、彼は配下の兵士に指示を出す。兵士は言われるがままに伝令を流し、他の兵士が後ろから戦車に乗ってやってきた。


「こいつを使う時がついにきたな。」


俺はその戦車を舐め回すように見た。


「AIM軍は、戦車を所有していないのではなかったのか?」


サクがニヤリと笑う。


「官軍から戦車を奪い、それを改良して作ったのさ。」


彼曰く、元々官軍の兵器工場で働いていた者を軍に採用。彼らの力を借りて作り上げられたのだという。
サクはこちらを向き直る。


「この距離からで大丈夫だ。戦車が壁を爆破したら、すぐさま全軍で突撃を開始する。」


俺の中で、再び緊張が走った。





サクと俺は、改良した戦車と1万の兵士を残し、残りの2万の兵士を率いて城壁へと近づいた。
距離は200メートル。守備兵がすでに銃を撃ちかけてくる。俺たちは、城外の民家やビルの壁に隠れながら、守備兵との銃撃戦を行った。
俺は、遠距離での銃撃戦は経験したことがないため、ほとんど役に立つことができず、歯がゆい気分を味わうばかりである。サクは兵士に指示を出しながら、自らも的確に守備兵をあの世へと送った。


「なあ、あとどのくらい距離を詰めて、壁を破壊する?」


サクは守備兵と銃撃戦をしながら答える。


「あと50メートル。」


「なんでその距離なんだよ?」


「どんな体力に自信の無い者でも、50メートルくらいなら全力で走れるだろ。そして体力の消耗も少なく、敵と白兵戦になった時にすぐ戦闘態勢にシフトチェンジできるわけだ。」


彼の考えがなんとなくわかった。戦車で壁を吹っ飛ばしてから、すぐに兵士を突入させて反奇襲的な攻撃を仕掛けようといったところだ。


「そういうことか。」


「わかったようだな。あの城壁さえ超えてしまえば、旭川を陥落させたも同じだ。」


銃声が響き、どこか遠くでまた誰かが死んだ。
穴の空いた壁から外を見渡すと、ユワレの部隊がさらに前へと進んでいる。


「俺たちも進もう。」


「わかっている。」


サクは相変わらずツンツンしている。でも、そこが彼らしくて、もはやその対応に免疫が出来始めている自分に驚いた。
俺たちは階段を急いで駆け下り、敵がいないことを確認すると急いで次の民家へと侵入。そんなことを繰り返しながら、約2時間かけて旭川城壁から50メートル付近の民家へとたどり着いた。
サクは、ユワレたちと無線で連絡を取り合う。そして後方に控えた戦車へと指示を出した。
その直後、遥か後ろから戦車の怒号が響き渡り、真上を何かが風邪を切りながら飛んでいく音もはっきりと聞こえた。
カーテンの隙間から、旭川城壁を見渡す。
次の瞬間、城壁の一部が爆発して、簡易的な城壁はまるでドミノ倒しのごとく広範囲に渡り崩れ去る。俺もサクも、まさかここまで脆いとは思いもよらなかった。
サクは、すかさず全兵士に突撃の指令を出した。それからこちらを振り向く。


「いくぞ!俺たち2人で必ずこの街を陥落させよう!」


「そうだな。AIMを苦しめた官軍に天罰を加えねばな。」


すると彼は、ある提案を出した。


「賭けをしないか?」


「そんな暇ねえよ。」


「あるだろ。だって俺たち勝つんだから。」


先生の影響でも受けたのだろうか。彼の頭の中には、旭川を陥落させた未来しか思い描いて無いのだろう。


「わかったよ。で、どうすんの?」


サクが旭川市街地を指差す。


「ルールは簡単。先に旭川市役所の屋上にAIMの旗を立てた方が勝者だ。」


「いたってシンプルなルールだな。」


「そうだ、ルールは誰にでもわかる簡単な勝負だ。」


しかし、賭けということは何かを賭けなくてはならないということだろう。


「で、何を賭けるんだ?」


サクは、冗談っぽく冗談じゃ済まされないことを喋る。


「お前が勝てば、AIMの兵器、兵士、お前が欲しい人材を望む限り青の革命団に譲ってやる。」


これを聞いて、俺の目はあからさまに輝いた。丁度最近、人材やら物資の面で思い悩むことが多々あったからだ。


「良い条件だ。本当に良いのか?」


サクは首を縦に振った。


「もちろんだ。男に二言は無い。」


勝てば野望に大きく近づくことができる。アドレナリンが激しく分泌され始めていた。
だが、もちろん負けた時の条件もあるだろう。サクは、神妙な趣でこちらを見た。


「だが!もしお前が俺に負けたら、お前ら革命団はAIM軍の傘下で一生働いてもらう。」


なぜ彼がそんな条件を提示したのかはわからない。先生をそばに置いておきたいのか、紗宙に未練があるのか。まあそんなことはさておき、俺は必ずや勝たねばいけない状況へと追い込まれた。
官軍にも、そしてサクにも。


「良いだろう。俺はお前に負けることはない。」


外から再び銃撃戦の音が響き始める。
するとサクは、聞こえるか聞こえないかくらいの声で、さりげなく呟いた。


「俺、なんだかんだお前たちといるの好きなんだ。」


俺がサクの方を見ると、彼は一足先に建物の階段を駆け降りた。そして配下の兵とともに、風穴の空いた城壁へと突っ走っていく。
サクやユワレが身体を張って先頭に立つと、隠れていた他の兵士たちも、一斉に穴の空いた城壁へ向けて駆け出す。
俺は、彼に言われた最後言葉が耳から離れず。少し遅れをとって民家を出た。城壁に近くなるにつれ、激しい殺し合いの音が近づいてくる。
俺は、目の前の恐怖をかき消すほどの使命を背負い、混沌する旭川市街地へと突っ走った。





城壁付近では、現代社会では稀にしか見ることはないであろう白兵戦が、長時間に渡り続けられた。官軍の抵抗は凄まじく、多くのAIM兵がマシンガンの餌食となる。
それだけではない、官軍の兵士はちゃんとした軍事訓練を受けたツワモノばかり。中には元自衛隊や武道有段者、プロ格闘家のライセンスを持ったものも多数所属している。白兵戦という選択は、難易度を余計に上げてしまうものだったのかもしれない。
しかし、敵を恐れて逃げ出すことは許されない。サクは、その辺りを徹底的に配下の兵士に叩き込んでいた。逃げれば処刑されるかもしれない。そう言った鞭の面も、兵士たちが敵のツワモノと死を覚悟して戦うための糧となった。
両者が一歩も引かない中、官軍は車を利用してこちらへ突撃するという戦法に出る。だけどもサクは、それを見切っていた。
後方にいた戦車を呼び寄せると、向かってくる車めがけて砲撃を加える。車は爆発しながら吹っ飛び、戦を隠れながら見物していた多くの市民が死亡した。
車作戦が失敗すると、官軍の兵士は高さ20メートルほどの城壁から外へと飛び降り始める。側面からこちらを挟み込もうとする魂胆が丸見えだ。
容赦無く多方向から撃ち込まれる鉛玉。俺は運が悪かったのか、右手の薬指の第一関節を鉄砲玉によって失った。
あまりの痛みに逃げ出したくなった。でも、やめてくださいと叫んだところで戦は終わらない。逃げ出したところでサクに遅れをとってしまう。そればかりか仲間の信頼を失うことにつながる。
俺には、戦いに勝つという選択肢以外残されていないのだ。周囲を見渡すと、さっきまで余裕をぶっこいていたサクが、敵の大男に捕まって殺されかけていた。
彼が死んだところで、イソンノアシが生きていればAIMが負けたことにはならない。賭けに勝つためにも彼を犠牲にして前へ進んでしまおうか。そう思い掛けたが、そんなことはできなかった。
彼がいくら捻くれ者だろうが、俺にとっては大切な戦友だ。見殺しになんてできない。
すかさず銃を抜き、サクを殺そうとした男へ発砲。そいつの頭を粉々に粉砕した。
助けられた彼は、悔しそうにこちらを見てきた。


「余計なことすんなよ!俺1人で勝てるぞ!」


「黙れ!!お前が死んだら俺は悲しい!!」


そう叫び、前から迫り来るマシンガン部隊へと単独突撃を行った。


「バカ!!死ぬぞ!!蒼!!!!」


マシンガン部隊の視線が俺1人に集中する。その時、AIM軍の足止めとなっていたマシンガンの鉛弾の雨が一時的に収まる。
俺は天に向かって叫び散らした。


「道は開いた!!!!!全軍進め!!!!!」


その瞬間、マシンガンの鉛弾がこちらへ向かって一斉に火をふいた。俺は、隠し持っていた防弾シールドを片手に構え、マシンガンの攻撃を弾き返す。
だが、一発だけ腕に命中。BB弾とは比べ物にならない痛みが、俺の表情をひんまげた。しかし、ひん曲がった顔を強引に戻すかのように、恐れ知らずの前身を続ける。
そして、俺という1人の男が矢面に立ったことで戦況が変わる。鉛弾の雨が止み、俺の背中を見たAIMの兵士らの指揮は一挙に上がり、全員が死をも覚悟して捨て身の突撃を遂行。多くの犠牲を払いながらも、官軍のマシンガン部隊や歩兵を壁内へ押し込んだ。
俺が優越感に浸っていると、後方からサクの怒鳴り声が聞こえる。


「そんな優れもん持ってるなら共有しろよ!!」


そんな彼のことを無視して、マシンガン部隊へと近づく。そして片っ端から拳銃で殺戮した。全身は真っ赤に染まり、大破した車のミラーに映った自分は、まるで殺人鬼のようだった。
少し立ち止まってしまったが、すぐにサクと約束した賭けの話を思い出す。
早くしなければ、俺はサクの手下にされてしまう。それはすなわち、思い描いていた野望が夢のままで終わってしまう運命だ。そんなの絶対に嫌だ。俺は革命団全員の思いを背負っている。必ず新しい国を作り、真の平和が訪れる未来を創っていくんだ。
心の中でもがき散らかしたその感情は、俺の足へとはっきり伝わった。
一度も訪れたことのないこの街をマップ1つ見ずに、直感と昨夜見た地図の記憶を元に突っ走る。俺を追いかけるように、AIMの兵士やサクも続く。
旭川は、さすが北海道第3の都市といっても過言じゃないくらい広い。道もわからず息切れも激しい。なんども官軍のヒットマンに殺されかけが、その度にAIMの歩兵たちに助けられた。
ウッペツ川、石狩川、牛朱別川。3つの河川を越え、いつの間にか目的地である市役所付近にまでたどり着いていた。
ふと後ろを振り返ると、死体となった敵の兵士と旭川市民、そして俺の背中を追ってきてくれたAIMの兵士達の姿があった。もちろん、負けず嫌いのサクもいた。
サクは息を切らしながらこちらを睨む。


「早く行けよ!お情け不要だ!」


サクは立ち上がり、駆け出した。俺も負けじと走り出す。
ここまでくると、なんだかよくわからない状況に置かれていることを改めて感じる。敵は札幌官軍のはずなのに、なぜか戦っている相手はサクである。
俺は彼に負けたくなくて、官軍に組する多くの人々を殺害しながらここまでたどり着いた。罪悪感も恐怖も感じることがなく、ただひたすらやってきた。
そんな違和感に身を委ねていると、サクがすでに市役所の入り口までたどり着いている。焦る気持ちを抑えながら、全力で彼を追いかけた。
市役所の門をくぐり、正面玄関へと入る。するとサクが、市役所の職員や官軍の近衛部隊と銃撃戦を展開していた。
この市役所は、官軍の司令部の役割も担っており、高層ビル群なんかよりも大事な旭川の心臓だ。職員も官軍兵士も、死に物狂いで抵抗するだろう。
俺は物陰に身を隠す。AIMの兵士たちが続々と集結して、サクの援護射撃を開始。次々と敵が死んでいき、白い壁に血液の絵画が描かれていった。
このあたりで、官軍本体が野戦で敗れ、大将である土方、そして美咲が札幌へと逃走したという情報が伝わる。これにより味方の士気は上がり、敵の士気は下がる。降伏を申し出てくる兵士や職員も後を絶たない。俺はそんなことを横目に、最上階へと進む階段を駆け上がった。
屋上へと続く梯子を見つけ出した時、その前で佇むサクの姿を見つけた。どうやら彼は、エレベーターを使って先回りしていたようだ。
後ろから駆け寄り、彼に声をかける。


「おい。登らないのか。」


サクは黙っていて何も言わない。


「聞いてんのか?」


するとサクは、こちらを振り向いた。
そして、手に持っていた旗を俺の足元へと放り投げた。


「行けよ。俺の負けだ。」


彼の意図が全く読めない。


「情けのつもりか?」


すると彼は、ため息をついた。


「お前は、本当にすごいよ。」


この男はいきなり何を言い出すのだろうか。俺はただ息を飲んで、彼の次の言葉を待った。


「オホーツクで俺を助けてくれた時も、この旭川攻略劇も。お前は不器用で、頭が固くで、陰キャラで、残忍な男だけど、目的に対する執念っていうか熱意は誰よりも強い。お前なら、必ず野望を成し遂げることができる。」


「何が言いたい?
そんなこと、初めから分かりきっていることだろ?」


彼は言葉を遮るように話を続ける。


「何度もぶつかってさ、お互い殺しにまで発展しかけたこともあったけど、革命団と一緒に過ごした日々が本当に楽しかったんだ。だからさ、カラフトへ行かずにここに残れよ。そう言ってやりたかったけど、やっぱ辞めた。」


俺はサクを睨みつけた。彼の中で何かが崩れ去っていくような気がする。


「鉛弾の雨や見知らぬ敵地を、恐れもせずに突き進んでいく姿を見て確信したんだ。この男を止められる奴は誰もいないんだって。だから、俺も止めることはしない。そういうことだ。」


彼は寂しそうだった。
そもそも、俺のことをそう思っていてくれたことが驚きだった。


「だが、俺が勝てば、AIMは兵器や物資だけじゃなく、人材も引き抜かれることになる。俺も先生も人選には容赦がない。それはお前にとって困るんじゃないのか?」


サクは首を振った。


「確かに困る。けど、約束は約束だ。そのことは気にすんな。」


サクの表情は、これまで見てきた彼の表情の中で一番温かかった。そして彼の瞳は、戦友の目から親友の目へと変わっていた。


「わかった。先へ行かせてもらう。」


俺は感謝の言葉を伝えると、彼の言葉を噛み締めながら急ぎ梯子を登った。
屋上へ着き、そこから旭川の市街地と盆地、そして大雪山を見渡す。新しくできた高層ビルが目障りだが、ここから見た景色は絶景だ。下で蠢く兵士や市民が、まるでアリのように小さく見える。さっきまで殺し合いをしていた俺たちも官軍も、結局は小さな存在なのだ。そんな感情に浸りながら、右手に持ったAIMの旗を高らかと掲げた。
それに気づいたのであろうか。旭川市内で戦っていた兵士達が、一斉に勝利の勝鬨をあげる。
俺は、その景色を目に焼き付けたのち、旗を鉄塔にくくりつけると梯子を降りる。すると、急に目眩に襲われ、その場に倒れこみそうになる。
しかし、サクがとっさに肩を貸してくれたので、怪我を負うことはなかった。


「蒼、ちょこっと頑張りすぎたんじゃねえの?」


俺は、サクに支えられながらグッたりとしていた。


「そうかもな。でも、俺の野望はこんなところじゃ終わらねえ。」


それを聞いたサクは、俺の背中を軽く叩いた。


「じゃなきゃ、北生蒼じゃねえもんな。」


俺は、悪意のないサクのいじりを快く受け止め、そして共に笑い合った。こうして、サクの肩を借りながら市役所を出る。
数時間後に、イソンノアシ率いるAIM本軍が旭川市街地に入り、ここに軍都旭川はAIMの手によって陥落したのであった。
それから、長治達のAIM左翼部隊と南富良野から進行していたアイヒカンの部隊により、富良野近辺も手中に収めることに成功。AIMは領土を大幅に拡大することに成功した。





旭川を制圧したAIMは、ここに前線基地を設置。札幌官軍に対して睨みを効かせることになる。その一環で、青の革命団も専用の寮とオフィスを1つもらうことができた。
俺は、そのオフィスを『革命団本部』と名付け、臨時の事務所を設立する。オフィスの規模は、学校の教室ほどの広さがあり、俺が座るリーダー席以外にデスクの島を2つ作ることができた。
旭川陥落から5日後の夜。俺は、誰もいないオフィスでリーダー席にふんずり帰りながら、窓の外から見える夜景を見物していた。
ここのオフィスはビルの11階にあり、旭川の夜が一望できる好物件である。夜景を見てから振り返り、誰もいないガランとしたオフィスを眺めて感傷に浸る。


『これがかつてサラリーマンしていた頃、俺を虐げてきたクソ管理職どもが見ていた景色か。実に素晴らしい眺めだ。』


1人でニヤケて見せた。それから高らかに笑ってみせる。


「ははははははははは!」


自分でやっておいて、後々恥ずかしくなった。
しばらくすると、先生と石井、間宮、そして雪路が入ってきた。


「リーダー。オフィスの居心地はいかがですか?」


俺は笑みを浮かべる。


「素晴らしいぞ。」


「それは良かったです。そのポジションは、組織の大黒柱。これまで以上に責任が伴いますよ。」


「そんなことを言いに来たわけじゃないだろ?」


先生の口角が上がる。


「ええ、御察しの通り。今後のお話をする為に参りました。」


「なんだ、憲法作成の話か?」


それを聞いた先生は笑った。


「ははははは。リーダーは私の考えがわかるようになったのですね。」


俺は鼻で笑う。


「ふっ、このメンツを見れば大体の予想はつく。」


彼は真面目モードに戻る。


「ええ。これから国家の予算と法律は、私とリーダーを含む、この5人で決めていこうかと考えております。」


「ほお。しかし、他のメンバーが嫉妬するんじゃないか?」


「いえ、最終決定や作成を5人で行うだけです。他のメンバーの意見や要望も聞いていくつもりでございます。」


それを聞いて安心した。5人だけで勝手に話を進めるとなれば、他のメンバーに申し訳ないと思ったからだ。
それにしても雪路は嬉しそうだった。


「戦は得意じゃないので、ようやく活躍できそうです。」


彼は法律の知識が半端ない。この役目は、きっと天職となることだろう。
間宮も雪路と同じようである。


「私も戦争では足手まといなので、この一大業務に携われることは誇りに思います。何よりも恋白に父としてのカッコいい所を見せられますので。」


それを聞いて、凄く幸せな気分になれた。俺も子供ができたら、彼みたいになりたいと少し憧れを抱けたからだ。
石井は、日本の国政政党の幹事長をしつつ、新国家の政治家としても活動することになる環境に、凄い違和感を覚えていたようだ。


「気が進まないのか?」


「いえ、ただ少し違和感を感じただけです。」


「まあそうだろうな。だが、この新国家は日本の後継国となる。つまり石井は、前も今もある意味で日本の政治家に変わりはない。」


それを聞いた石井は思わず笑う。。


「ははははは。面白い考え方です。それなら違和感ありませんな。」


彼は強い信念を持った男だ。一度本気にさせたら、最後までやり遂げてくれることだろう。この国を日本の後継国にしてからもずっと。


こんな話で盛り上がっていると、先生が入り口のドアを開けた。誰かが訪ねてきたようだ。4人は入口へと視線を向けた。
すると、オフィスカジュアル姿の紗宙、結夏、灯恵、そして灯恵と手を繋いだ恋白が入ってきた。
恋白は、間宮の姿を見つけるとすかさずこちらへと駆けてきて、彼に抱きついた。


「パパ!お姉ちゃん達、ここで働くらしいよ!」


俺はビジネススタイルな3人を2度見した。紗宙も結夏もオフィスカジュアルが様になっている。というよりも2人は、何を着させても可愛いことは間違いない。そして意外なのは、灯恵も結構似合っていることだ。15歳で社会人さながらの雰囲気を出すとは、さすがとしか言いようにない。
それにしても紗宙は可愛い。そんな妄想をしながらボケっとしていると、先生が話した。


「3人には、ここで事務の仕事をお願いすることにしました。」


気分が晴れ晴れしくなる。


「おお、それは心強いな。」


紗宙は、そんな俺を見て微笑んだ。俺もにっこり微笑み返す。
結夏が紗宙の方を向く。


「パソコン詳しくないから教えてよね。」


灯恵も結夏に続く。


「私にも教えてくれよな!」


紗宙は2人を見て頷いた。
みんなで和気藹々と話していると、軍用の共有スマホに電話が掛かって来た。相手はサクからだ。
俺が電話に出ると、彼は内容を話した。


『札幌官軍がリベンジマッチをしたいようだ。』


詳しく聞くと、どうやら滝川に駐屯している官軍守備部隊が、旭川へと進軍を始めたようだ。俺は、サクに二つ返事をして電話を切る。


「戦だ。今から出陣する。」


和やかな空間が引き締まった。俺と先生は、残りのメンバーにオフィスを任せると、急ぎ支度をする為にAIM司令部へと向かうのだった。





司令部は、オフィスとは真逆の緊迫とした雰囲気に包まれている。イソンノアシは身体が悪いのか、重苦しい表情を浮かべていた。俺と先生は、参謀室に入ると彼の元へと向かう。


「身体は大丈夫か?」


「大丈夫じゃ。それよりも、官軍の動きが思ったより早かったな。」


「あれだけ叩いたのにまだ懲りないとは、諦めの悪い奴らだ。」


イソンノアシは咳き込んだ。
先生曰く、彼の状態は日に日に悪化の意図を辿っていて、そう長くはないだろうとのことだ。イソンノアシがこの世を去れば、AIMの指揮に多大な影響を及ぼすだろう。それに、彼が生きているうちに北海道に平和を取り戻し、その世界を見せてあげたい。その為にも、なんとしてでも官軍を潰さねばならない。


「蒼どの、真。サクとアイトゥレがすでに深川まで向かっている。彼らとともに官軍を叩きのめしてくれ。」


イソンノアシはまた咳混む。彼は隠しているようだが、手の平にはうっすらと血痕がついていた。
先生がイソンノアシの背中をさする。
その姿を見て、俺は決断を下した。

「首長。サクの救援は俺だけで向かう。」


「ほお、真を連れて行かなくても良いのか?」


俺はハッキリと答える。


「官軍ごとき、俺とサクが入れば倒せない相手ではない!」


それを聞いたイソンノアシは、初めは驚いていたものの、徐々に穏やかな顔へと変わった。


「サクと信頼し合える仲になれたのじゃな。」


俺は強く頷いた。


「だから、先生は首長を支えてくれ。」


先生は俺の顔を見つめる。


「わかりました。リーダーの命令は絶対です。」


こうして俺は、急ぎ参謀部を飛び出すと、典一、長治、奥平の3人と、1500人の精鋭を引き連れて深川へと急いだ。





俺とサクは、納内に陣地を形成。深川から一挙に攻めてくる官軍滝川守備部隊をことごとく討ち破る。彼らはただの守備隊であり、紋別騎兵隊や土方の軍と比べれば、大したことのない貧弱軍隊だ。サクが総司令官として軍を統率して、俺は隊長として部隊を率いて戦地を駆け巡る。
俺は敵を見つけ次第、一兵たりとも降伏を許さず殲滅させた。官軍は、そのあまりの冷酷さに恐れをなし、徐々に抵抗をやめて深川から逃走を開始。俺は、喧嘩をふっかけといて逃げ出した官軍の尻を火で炙るかのごとく、雨竜近辺まで追撃。徹底したヤキを入れてから、サクの居る本陣へと帰陣するのであった。
戻って来た頃、サクのテンションは明らかに低いことがわかった。


「どうかしたのか?」


するとサクは重い口を開けた。


「親父の病状が悪化した。」


いつかはこうなるとわかってはいたが、いざそうなると辛いものがある。俺は、サクが親父を大切にしていることを良く知っていた。


「ここは俺に任せて、旭川へ帰れ。」


サクは首を振った。


「ダメだ。官軍が完全に諦めたことがわかるまで、ここを離れることは危険だ。」


「大丈夫だ。徹底的にヤキを入れて来た。」


サクは顔を上げる。


「官軍はその程度じゃ引かねえ。あいつらはまだ、うん十万の兵力を保有している。AIMは旭川で官軍に勝利をしたが、ほぼ完全燃焼状態だ。あいつらは、それをわかった上で攻撃を仕掛けて来た。このチャンスをみすみす捨てるはずがないんだ。」


サクはため息をついた。
すると兵士が天幕へと入って来た。


「報告します!札幌から、京本知事と豊泉美咲が率いる官軍が、こちらへ向けて進軍しているとのことです。それと同時に、土方率いる別働隊が占冠村へ向けて迫っております。」



サクの顔がさらに重苦しくなる。


「クソが!!こんな時に限って!!」


俺は、彼に言葉をかけた。


「今は戦うしかないようだ。」


彼は無言で立ち上がる。それからこちらを振り向いた。


「言う通りだ!相手が諦めるまで勝ち続けてやるよ!!」


「しかし、敵は大軍でこちらは少数。塹壕でも築いて防衛撃退戦とでも行くか?」


サクは不敵な笑みを浮かべる。


「蒼。俺も鼻からそのつもりさ。神居古潭の近くに巨大な塹壕を築いてやる!」



こうして俺とサクの軍隊は、納内から少し東へ引き返した山地にある神居古潭近辺に、旭川城壁を彷彿させるような簡易的だが丈夫な塹壕を一夜のうちに作り上げた。
この神居塹壕は、後の国境となる塹壕だ。





塹壕が完成した日の朝。
俺とサクとアイトゥレは、日光を浴びるために塹壕の上へと上がる。朝方から覆っていた霧が少しずつ晴れ始め、納内と深川の景色が一望できた。
それと同じくして、その景色をまるで覆うかのような、大規模な官軍部隊も目に飛び込んでくる。


「皆殺しにしてやるよ。」


そう俺が呟くと、サクも全く同じことをボヤいた。そして偶然ハモった為、アイトゥレは笑っていた。
太陽が徐々に真上へと距離を詰めていく。それは、俺たちと官軍の決戦が迫っていることも意味している。


『待ってろよ親父。必ず勝って、早く会いに帰るから。』


サクはそう、天に向かって呟いた。











(第五十九幕.完)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み