権力を持つ者、奪おうとする者 Ⅲ

文字数 3,493文字

「――姫様、お待たせ致しました。どうぞ」

 エマが()いでくれた紅茶のカップに口をつけてから、リディアは再び口を開いた。

「うん、美味しい。――でも、女性の皇帝はもう何代も誕生していないのよ。わたしが即位すれば、八〇年ぶりになるんですって」

「だったら、尚更リディアは死ぬわけにいかないよな」

「ええ……」

 自分は死ぬわけにいかない。そしてデニスも、ジョンも、カルロス王子も死なせたくない。

 まして、カルロスはスラバット王国という国の未来を背負っているのだ。彼が死ぬことはすなわち、国が滅びることを意味する。

 そのためにも、ジョンが護衛の任務を遂行(すいこう)し無事に戻ってきてくれることを、リディアもデニスも(せつ)に願っているのだが……。

「ジョン、大丈夫かしら……?」

 南の方角(ほうがく)にある窓の向こうを眺めながら、リディアはもう一人の大切な幼なじみの身を案じていた。


****


 ――父・イヴァン皇帝とともに午前の謁見を済ませたリディアは、部屋に戻ろうとしているところを大臣に呼び止められた。

「姫様。午後は昼食も兼ねて、レムルの城下町へ視察に行くので同行してほしい、と陛下が仰っておりました」

「お父さまが? ――そういえば、謁見が終わってすぐにお部屋へお戻りになったわね」

 いつもなら、謁見が終わってもしばらくは玉座の間に残るのに。リディアもそれは不思議に思っていた。

 彼女もこの一,二年は、父の視察によく同行するようになった。そのため、今日の父の頼みも大して疑問に思わなかったのだが。

「それがですね、姫様。……サルディーノ様も、その視察に同行されたいと仰られましてですね……」

「何ですって!? それで……、お父さまもそれを了承なさったの?」

 彼はリディア(もしくはイヴァン皇帝、最悪の場合は父娘(おやこ)二人とも)の暗殺を画策(かくさく)しているかもしれない要注意人物なのだ。そのことを、父も知っているはずなのに……。

「はい。だからこそ、姫様に同行してほしいのだと陛下は仰っておりました」

(お父さまは、あの男の()けの皮を()がそうとしているのかもしれないわ)

 父がむざむざ殺されに行くわけがない。ならば、サルディーノを()めようとしているのではないかと、リディアは察した。

 どうでもいいが、「サルディーノが同行したがっている」と言った時の言い方といい、大臣もあの男が危険だと知っているのだろうか?

「――分かりました。それじゃあ、デニスにも同行してもらうわ。着替える必要はないのね?」

「はい。お()しものはそのままでよろしいかと存じます」

 リディアは少し心配になった。いつものお忍びの姿ならともかく、ドレスのままでは剣を隠し持つことができないのである。

 こうなるともう、デニスだけが頼りだ。

「デニス、わたしのこと、しっかり守ってちょうだいね」

 彼女は側に控えている恋人に、そっと囁いた。デニスもしっかりと頷く。

「ああ、分かってるって」

 リディアはその返事に安心しつつも、一抹(いちまつ)の不安を拭いきれなかった。

(デニス、お願いだから死なないで)

「しっかり守って」と言っておきながら、そんなことを願うのは矛盾(むじゅん)している。けれど、矛盾していると分かっていても、愛している人には死んでほしくない。

 愛とは、時に矛盾を伴うものなのかもしれない。


「――姫様、陛下が参られました」


 大臣の声で、リディアはハッとした。一階奥から、侍従や兵士をズラズラ連れた父が歩いてくる。その風格は、堂々たるものだ。

「君主とはこうあるべきだ」というお手本のように、リディアには見えた。

 そしてその集団の中には、スラバット王国の宰相・サルディーノの姿もある。

 彼がどのような思惑(おもわく)で、この視察に同行したいと言い出したのか定かではないため、油断ならない。が、逆に言えば、彼もイヴァン皇帝の本当の狙いを知らないのだ。それは父娘にとって、かえって好都合だとも言える。

「リディアよ、大臣から聞いているな? 今日これからの視察には、このサルディーノどのも同行する。よいな?」

「ええ、伺っておりますわ。――お父さま、ちょっとよろしいですか?」

 リディアは後半部分を小声で言い、父をサルディーノの視界に入らない死角(しかく)(さそ)った。

「お父さまはもしかして、あの男を嵌めようとなさっているのではございませんか?」

 娘の問いかけに、イヴァンは「ああ、その通りだ」と頷く。

「やっぱり……、そうでしたの。それを聞いて、わたしも安心致しました。お父さまが、わざわざ命を奪われるためだけに、危険人物を同行させるはずがありませんものね」

「うむ。あの男が帝国の未来を握ろうとしているのを知っていながら、何も策を(こう)じぬわけにはいかぬからな」

「そうですわね……」

 リディアは父の言葉に舌を巻いた。サルディーノもなかなかの策士だと思っていたが、父はそのさらに上をいく策士のようだ。

(そうでなきゃ、この巨大な帝国を治める皇帝なんて務まらないわよね)

 今はどの国とも戦争状態にはないレーセル帝国だが、領地内ではあちらこちらで内紛(ないふん)が起きており、皇帝はそれを収めに行かなければならないのだ。いかに上手く(いさか)いを収拾(しゅうしゅう)するかは、皇帝の策にかかっている。

「デニスが同行するのなら、そなたも安心であろう? 案ずるな。誰一人死にはせぬ」

「……はい」

 父の言葉が、リディアにはとても心強かった。何も怯えることはない。

「では、参ろうか」

「はい!」

 父親に促されたリディアは待たせていたデニス、サルディーノや兵士達と合流し、城下町の視察に向かったのだった。


****


 ――この日の視察は、やっぱりいつもと違っていた。

 まず、サルディーノという異国の要人が同行していることからして異様である。こういう機会はめったにない。

 そして、その要人が帝国の実権を掌握(しょうあく)するために、皇帝父娘の命を狙っているらしいという妙な緊張感が、一行(いっこう)を支配していた。

 一行の中でも一番ピリピリしていたのは、デニスを始めとする近衛軍団である。サルディーノが直接手を下す可能性は低いため、必ず町のどこかに刺客を紛れ込ませているはずだ。――そう思い、彼らは行く先々(さきざき)で目を光らせていた。

 そろそろ夕暮れが近い。けれど、ここにきてまだ、サルディーノ側に動きはない。

(彼が何か企んでいると思ったのは、ただの思い過ごしだったのかしら……?)

 リディアの頭を、そんな考えがよぎったその時――。

 何か、キラリと光るものが彼女の視界に入った。その次の瞬間。


「リディア、危ない!」


(え……!?

 リディアを抱きかかえるようにして庇ったデニスが、右腕を押さえてうずくまる。その腕からは流血しており、彼女の後ろにある木には、小ぶりの短剣が刺さっている。

 そこでリディアは初めて、自分の嫌な予感が現実になったのだと察した。

 デニスが庇ってくれなければ、自分は危うく殺されるところだったのだ、と。

「デニス! ……大丈夫!?

「大丈夫だ、リディア。こんなの、ただのかすり傷だって……()てて」

 泣き出しそうな顔で心配するリディアに、デニスは強がって見せる。けれど、彼女が受けた精神的ダメージは、デニスの予想を(はる)かに上回っていたのだ。
 大切な人を傷付けられた。彼の出血した右腕を凝視していたリディアの中で、何かがプツンと切れる。


「貸して」


 感情を押し殺した、有無(うむ)を言わさぬ口調で彼女は言い、デニスの腰から提がっている鞘から剣を抜いた。そのまま、切っ先を真っすぐサルディーノに突きつける。

 その所作(しょさ)こそ静かで美しいが、(うち)にはただならぬ怒りを秘めており、刃を向けられた異国の宰相はその恐ろしさに(すく)み上がった。

「……あなたが命じたのでしょう? 『皇女を亡きものにしろ』と」

 リディアは穏やかに問う。けれど、静かな怒りほど恐ろしいものはない。

「いや、わ……私は知らん! 私は、何も」

「嘘よ! わたしは、カルロス王子から聞いたもの! あなたが、この帝国の実権まで奪おうとしているって。そのために、わたしが邪魔になったのでしょう!? わたしがカルロス王子との縁談を断ったから、急きょ計画を変更したのでしょう!?

 言い(のが)れしようと試みるサルディーノを遮り、リディアは畳みかけた。

 彼女はもはや、冷静さを失っていた。


「サルディーノ・アドレ! わたしはあなたを決して(ゆる)さない!」


「ダメだ、リディア!」

「リディア、やめぬか!」

 怒りで我を忘れているリディアの耳には、愛する男の声も、父の制止する声も届かなかった。剣の腕が(すぐ)れている彼女は、このままではサルディーノを殺してしまいかねない。

 ――と、その時。


「もういいですよ、姫様。さ、剣を置いて下さい」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

リディア・エルヴァート 18歳


エルヴァート王朝レーセル帝国の第一皇女。父である皇帝・イヴァン・エルヴァートの一人娘であるため、皇位継承第一位の「皇太子」である。

5歳の頃に母親の皇后マリアンと、母の胎内にいた弟を亡くした悲しい過去を持つ。

エルヴァート一族(皇族)の証である蜂蜜色の長い髪と、美しい紺碧色の瞳が特徴。その美貌に似合わず剣の腕前は確かで、頭脳も明晰。次期皇帝としての器は十分で、国民からの信頼も厚い。

帝国兵であるデニス、ジョンの二人とは5歳の時からの幼なじみ。デニスはリディアの剣の師匠であり、彼女の想い人でもある。

デニス・ローレア 18歳


レーセル帝国の兵士で、リディアを護る近衛兵。父親で同じく帝国兵のガルシアはレーセル人だが、母親が隣国・スラバット王国の出身のため、混血(ハーフ)。

褐色の肌と赤の短髪、茶色の瞳が特徴で、リディアからは「異国風(エキゾチック)な風貌」と言われる。

長身でガッシリした体格で、剣の腕も一流。12歳の時にリディアから懇願され、彼女に剣術や体術を教えた。

ただ、「風流」とは程遠く、無作法である。リディアに恋心を抱いているが、幼なじみでもあるため彼女に敬意を払わずふてぶてしい態度を取っている。

ジョン・バイラル 18歳


レーセル帝国の兵士で、「帝国一の大剣使い」と名高い屈強な戦士。両親ともにレーセル人で、代々エルヴァート家に使える軍人の家柄の生まれ。ちなみに父ステファンも帝国兵で、イヴァン皇帝、デニスの父ガルシアとは友人同士である。

流れるような金髪(ブロンド)と切れ長のブルーの瞳、デニス以上に大柄な体格が特徴。その鍛え抜かれた筋力で、自分の身長以上の長さ・重量がある大剣を使いこなす。

デニスと同じくリディアの幼なじみで、彼もまた皇女に恋心を抱いているが、デニスとは違ってリディアにキチンと敬意を払い、一歩下がって彼女を見守っている。

城の皇女付きメイドに、ジョンの幼なじみのエマ・セランがいる。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み