第二十三章 攻防

エピソード文字数 1,897文字

 『合』の『邪念』は、その体から抜け、戸棚の中に入っていた長持の中に飛び込んだ。『合』の黒煙を上げつづける体が、『邪念』が抜けたことで、くずおれる。
「まさか、あの中には」
 暎蓮が、彪の『結界』内で、両手で羅羅と妻をかばいながら、つぶやいた。
 ……長持のふたが、内側から持ち上げられ、そこから出てきたのは、……等身大の木の人形だった。その胸には、『符』が貼ってあり、その『符』を通して、人形の体に、『合』の『邪念』が染み渡ってゆき、徐々に、再び、新しい『合 前五』が出来上がる。
 長持の中から出てきて、部屋の床を踏みしめた、新しい『合』は、笑った。
「この体は、これまでのものとは違う、最新式の『術』を施した、最強の体だ!……『巫覡』!これで、今度こそ、お前を殺してやる!」
 今度の『合』は、今までの身分は文官だったというのに、腰に刀を差していた。……おもむろに、それを抜く。刀身には、『邪念』を象るように、黒い炎が取り巻いていた。
 『合』は、その黒い炎の威力を確認するかのように、刀身を顔に近づけ、舌を長く伸ばし、刃を舐め上げた。その顔が、にたりと笑う。……彪の顔が、厳しくなった。
 『合』は、言った。
「……先ほども言ったが、『浄化』に特化した『巫覡』の体は、鍛えられていない分、軟弱だ。……だが私は、『巫覡』であった時から、『男』であることを忘れまいと、『剣技』で体を鍛えてきた。この技をもってすれば、お前ごとき、斬り殺すなど、造作もないことだ」
 『合』は、言いざまに、彪に向かって、刀を振り上げ、突っ込んできた。
 彪は、『巫覡』だ。『術』で『力技』こそ補えるが、これまで肉体面を鍛えるための指南は受けていないので、『武術』全般には疎い。しかも、まだ子供で、体も小さく、それだけ間合いも狭い。……となると、『力技』も含めた、『術』を使うしか、勝つ方法はない。しかも、『知恵』も使って。
 彪の目の前で、『合』が刀を振りかぶる前に、彪は、懐から扇を出した。それを閉じたまま、自らの『聖気』を込め、『言の葉』で、『術』を起動する。
「……(ごう)!」
 起動した『術』の力で、閉じられた扇が鉄よりも固くなり、『強力(ごうりき)』を発する。その『強力』で受けられた『合』の刀が、はじかれた。しかし、『合』は、すぐに至近距離から今度は彪の顔面に、突きを見舞ってきた。
「……彪様!」
 後ろから暎蓮の声がして、次の瞬間、『合』の体が後ろに吹き飛ばされた。
 ……暎蓮の得意技、『遠距離結界術』によって、彪と『合』の間に『壁』ができ、『合』の体が吹き飛ばされたのだ。
「ありがとう、お姫様!」
 彪は、後ろに向かって叫んだ。そうしている間にも、『合』は再び立ち上がり、顔を険しくして、再び走り込んでくる。
 彪は、『合』の部屋の中を見渡した。部屋の隅の流しの中に、水を張った桶があるのを見つけると、今度は扇を開いた。近づいてくる『合』に向かい、再び、『言の葉』で、『術』を起動させる。
 開いた扇で『合』を(あお)ぎながら、彼は叫んだ。
(らん)!」
 彪の『言の葉』に合わせ、『合』の周りにだけ、強力な風が吹き、彼を取り囲む。そして、『術』の効果で、流しの中にある桶の中の水が、風に呼ばれ、それはあたかも雨粒のようになって、強風とともに『合』を襲った。大粒の水のしずくで、目を開けていられず、『合』は袖で目を覆った。
 一方、暎蓮は、彪の『結界術』の中で、まだふらついている羅羅の人魂と、『合』の妻の霊体に言った。
「彪様の『結界』の内側に、私の『結界』も張って、二重構造にしておきます。……危険ですから、お二人とも、この中にいらしてください」
 妻が、言う。
『そ、そんな、……では、『斎姫』様は……!?』
 暎蓮は、地面に『破邪の懐剣』の切っ先を突きたて、『結界』を二重にした。
「私は、『巫覡』の一人として、『合』様という『邪』を滅さなくてはなりません。それは、私たちの『使命』です。そして、それが、『天帝』様の『ご意志』なのです。……お二人とも」
 暎蓮は、二人に向かって優しく微笑んだ。
「……よく、ここまで、頑張られましたね。今まで、おつらかったでしょうね。でも、ご安心ください。お苦しみになるのは、今日で最後です。……この『(めい)』を果たしたら、すぐに、お楽にして差し上げます。それをここで、お待ちになっていてください」
『……『斎姫』様!』
 妻と羅羅が、声をそろえて叫ぶ。暎蓮は、振り返り、再び彼女らに向けて微笑んでみせると、『結界』を抜けていった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック