妻が台湾にやってきた!

文字数 644文字

「これは違うんです。」

私は自然と敬語になっていた。

冬美は何も喋らなかったが、呆れているのと怒っているのと、複雑な表情が見てとれた。

私は田中に妻を紹介した。

「田中と申します。
柴田さんにはお世話になっております。
ただいま夕食を柴田さんと取ったのですが、飲み過ぎてフラついてしまい、このような体勢となってしまいました。
申し訳ございません。」

田中はまだ足元にフラつきが見られたが、ベッドから立ち上がり、冬美に深々と頭を下げた。

私と冬美は隣の私の部屋にはいった。

「驚いたよ。急に来るから。」

私はしどろもどろに言った。

「今日は休日だったんだ。
台北の街を廻っていてね。
台北101っていう高いビルがあるじゃない。
あそこの展望フロアで田中さんと会ったからそのまま夕食を一緒に食べたんだよ。」

「で、お酒を飲んで意気投合したってわけね。」

冬美は軽蔑するような目で私に言った。

「勘弁してよ。
でも勘違いさせて悪かった。」

ここはもう謝ることにした。

そう、懸命な判断だ。

「大丈夫。
わかってるわよ。
信じているから。」

冬美はそう言い、私の腰に手を回した。

私は近くのファミリーマートに行き、台湾ビールとスナック菓子を買い、部屋に戻った。

冬美は窓際の椅子に座り、台湾のガイドブックを眺めていた。

私は妻にビールを手渡し、二人で乾杯をした。

冬美は近くのホテルをとっており、明日の夜、夕食を一緒に食べる約束をして、冬美は自分のホテルへと帰っていった。

私は田中に、先程は驚かせて申し訳なかったとメールを入れたが、その夜返信はなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み