【西方怪談7】 ✿ なにかいるよ

文字数 788文字

ほーいほいほーい、カリコボウズ~
出てこい、ほーい
ほいほい、ほーい!!
夜の森に、子どもたちの声がこだまする
なかなか顔を出してくれませんね…
そういえば、この谷の辺りには水神さんの通り道があるって話を聞いたことがある
かりこぼうずも、ここを通るっちゃろか

通るかもしれんよ。

ほいほーい
誰や、カリコボウズのマネしたの。
えっ、俺やないよ?

俺も違うぞ。

でも、今確かに・・・・・・

ほ・・・ほいほーい、って聞こえたよなぁ・・・・・・
確かに今のは・・・・・・以前聞いた声と同じ・・・・・・
なあ、あそこの樹の根元、なにかいるよ
人影? いや小さいな。獣やないとね?
子どもたち、忠平、金太も目をこらした。
ひ、1つ目…
あれや! 俺が見た1つ目小僧だ!!
俺が見たのもそうや! あっ、逃げた!
逃がすもんか!
カリコボウズ、待て――!!

ああ、皆さん! 走らないで!

夜の森は危ないですから!

子どもたちは、あっちこっちへ走り出してしまった。
ちぇ、見失った。カリコボウズ逃がした…
どこ行ったっちゃろか、カリコボウズ
つかまえましたよ、二人とも!
先生!

まったく! 暗いのですよ! 


森で迷ったら大変です。


ま…末吉(まつきち)さんは?

まっちゃん? さっきまでそこにおったよ! あれぇ?
ガキが1人いないのか?
金太さん。末吉さんが見当たらないのです!
ったく、うろちょろすっから。手分けして探そう。
おれたちも探す!
おまえらは先生から離れるな。探すなら、先生と一緒に探せ
金太さんは? 一人じゃ危ないよ

心配いらねぇよ。


俺は賊だった頃、この辺りに潜んでいたから詳しいんだよ

では、金太さん。


あそこに見える、丘の上の樹を目印に、あとで落ち合いましょう

合点承知

参考資料


夜話 かりこぼう:米良風土記1中武雅周 著/鉱脈社2017年5月

 この昔話は、西米良村の民話「じっくり谷の目一つごろ」を基にしています。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色