42

エピソード文字数 741文字

【美濃side】

 男に暴行され気を失った私は、体に衝撃を感じ重い瞼を開く。目の前には見たこともない風景が広がっていた。

 暗がりに浮かぶ城、その城門が地獄門のようにも思えた。

 私は……殺されてしまったの?
 ここは……死後の世界?

 助けを呼ぼうとしたが、声が出ない。

 声を出そうとすると、掠れた息が口から漏れるだけ。

「何者だ!」

 威圧的な男の声に思わず体がビクつく。忌まわしい記憶がフラッシュバックのように脳裏に蘇り、両手で耳を塞ぎ硬く瞼を閉じ体を強張らせた。

(……たすけて、たすけて。お願い……誰か助けて)

「なんだコイツは?奇妙な身形をした女だな?異人か?この国の者ではないな。そなたは口が聞けぬのか?」

 男達に腕を掴まれ、城内へと連行される。薄らと雪の残る庭先に投げ飛ばされ、地面に突っ伏した。

 声が出ない私は両手を合わせ、必死で命乞いをする。

「何事だ。帰蝶が病に伏せておるのに、騒ぐでない!」

「殿、申し訳ございませぬ。実は城の外にこのような女が。奇妙な(なり)ゆえ異人と思われますが、言葉を喋らぬゆえ、何処から来たのかわかりませぬ」

「異人とな?確かに奇妙な形をしておる。その服は南蛮のものか?女の顔を見せてみよ」

 男達は高校の制服がよほど珍しいのか、私をジロジロと見ている。私は右手で破れたブラウスを掴み、胸元を隠す。

 男の手により顎を持ち上げられ、私は恐々と顔を上げた。

「帰……蝶……!?いや、帰蝶は床に伏せておるはず。しかし……よく似ておる。帰蝶と瓜二つではないか。その者を中へ。このことは他言無用。誰にも言ってはならぬぞ。よいな」

「ははあー、畏まりました」

 城主の強い口調に、門番が平伏した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み