3 ❀ 椎葉 発

文字数 1,018文字

ヤスジィ!
お!? 元気しちょったか、鋼
カッカッカッと笑うジィさん。
ヤスジィ、どこ行っちょったと?

ちょいと都会を散歩してきたつよぉ。


みんなに、みやげがあるよ~

ヒュンッ、ヒュヒュンッ!


ヤスジィが教室のあちこちへなにかを飛ばす。

みんなの机に、おいしそうなクッキーが配られていた。
すごーい!!

萌栄ちゃん。あの人が気功法の先生や!


風遁を教えてもらえっと

あの人が! 早速教えてもらわなきゃ

おーい悪いけど、机を壁んとこによせちくれ。


こん前教えた技のおさらいすっから

クラスメイトは言われた通り、机を教室の後ろに重ねて寄せた。


萌栄をふくむ二十三人の子どもたちがわらわらと教卓の前に集まる。


萌栄はヤスジィの一番近いところに腰を下ろし、横に鋼が座った。




ほぉ。


こりゃぁ、スイちゃんとこのお孫さんじゃな?

スイちゃん?

おまえさんとこのジィさん、雲水うんすいとは長い付き合いでな


ついこの前、スイちゃんから、おまえさんの写真が送られてきたよぉ。

そうなんですか。


日高萌栄です、はじめまして

わしぁ、椎葉しいばやす


ヤスジィってみんな呼んじょるわ。――さて

ヤスジィは、生徒たちを見回した。

授業の前に、みんなにあたらしぃ友だちを紹介したい。


本当は春の始業式に合わせたかったっちゃけどねぇ、ずれてしもぅたわ。


ほら、入ってこんね

扉がほんの少し開いた。
ほら、恥ずかしがらんで

銀髪の少年がそろそろと入ってきた。

あの子、外国人かな?
異国のプリンスみたいやなぁ

女子たちは浮いた声で、ささやき合った。


少年は、黒板に名前をゆ~っくりと書いた。

( 優しそうな雰囲気の子・・・ )
ヤスジィは発の肩にぽんっと左手をのせた。
わしの孫や
ザワッと教室がおどろきにのみこまれる。
ウソや、美形すぎる!
遺伝子操作や!
いいや操作ミスや!
突然変異や!

うおっほん!


コラア、えぇかげんにせんか。


発は、わしん子どもんころとそっくりや!

  シィ――…ン。
子どもんころの写真を見せい、ヤスジィ。おれらで鑑定しちゃる

残念やがなぁ。昔の写真は、うっかり燃やしたつよ。


ともかく、うちん孫の自己紹介や。


歳は十三、中学二年生。ほら、つづきは自分で言いなさい

発がこくりとうなずき、一同をぐるーっと見回した。


静かな時間が流れ、どちらが先に沈黙をはじめたかも分からなくなる。


彼はなにをしゃべろうと考えこんでいたが、ようやく口を(ひら)いた。

えーっと…みなさん、花火は好きですか?
え?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色