17

エピソード文字数 888文字

 まるで足枷をされたような重い足を引き摺り、ダラダラと学校に向かう。駅前の自販機でたむろしていた数人の不良が振り返る。

「総長、おはようございます」

「喜与、那知、璃乃、こんなとこで何してんの?」

 山下喜与(やましたきよ)岸本那知(きしもとなち)三上璃乃(みかみりの)、3人は同じ暴走族に属している。

 喜与は高校を中退し、今はアルバイト。
 那知は定時制高校。璃乃は私立高校に在籍しているが、あたし同様サボりがち。

「外で総長なんて呼び方やめてよ。あたしら中学からのダチじゃん」

「黒紅連合の総長にタメ口なんて言えねーよ」

「つうか、言ってんじゃん」

「ほんまや」

 3人はゲラゲラ笑ってる。
 どうやら昨夜から連んで遊んでいたらしく、朝から絶好調のようだ。

「あはは、冗談だよ。紗紅は紗紅。総長になっても、あたしらのダチ。総長が制服着て真面目に学校だなんて、マジかよ」

「美濃が煩くてさ」

「優等生の姉ちゃんか。そんなのほっときなよ。紗紅、学校サボって一緒に遊ばね?制服なんて紗紅に似合わねーよ。ロッカーに特攻服隠してんじゃん。着替えろ」

「ばーか。朝っぱらから、特攻服なんて着れねーよ」

「あたし、ロッカーに私服あるよ。貸そうか」

「喜与の私服かよ。ダセー」

「制服で補導されるよりマシじゃね?」

「だよな」

 あたしは駅のロッカーで喜与の私服を受け取り、トイレで着替え制服をコインロッカーに押し込む。腹ペコの喜与は、その隙にあたしの弁当を口の中に掻き込む。人目なんてお構いなしだ。

 紫色のジャンパーの背中には黒い昇り龍の刺繍。赤いレザーのミニスカート、想像を遥かに超えるセンス、ダサ過ぎてこれを着るくらいなら裸の方がマシなくらい。

「メイクも持ってるよ」

「早く言えよな。素顔でこの服装は罰ゲームじゃん」

「罰ゲームはねぇーだろ」

 ゲラゲラ笑いながら、駅のトイレでメイクし、あたしは唇に黒い口紅を塗る。
 
 鏡の中のあたし。
 アイラインでつり上がった目、桃色の唇が黒く染まり、さっきまでのあたしとは別人だ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み