七月革命

文字数 7,917文字

 十三宮(とさみや)(めぐみ)星川結、そして…

日が暮れゆく埼玉見沼の景観を背に、私達三人の、中等学校での生活は無事に終わった。

そして、その後の進学先での日々も、きっと素敵なものになるはずだった。

slider

 十三宮 伊豆守 聖は、眼前に広がる青空へと祈りを捧げ、物語が幕を開ける。

内憂外患、激動する世界。

時代と対峙する人の心。

太陽系第三惑星、地球

ユーラシア大陸の東端に位置する、四海と山林に包まれた弧状花綵(かさい)列島。

偶然か必然か、この地に生を受けた者達。

本書は、あの日のクレーターに集う人々の心の物語を、小宇宙(microcosm)大宇宙(macrocosm)の狭間に描いた物である。

slider

外東京コミューン

slider

 この国が、かつて「殺戮の大地」と化した時代があった。

2649年、日本人民共和国関東省「外東京コミューン」。

slider

 日本人民共和国の恐怖政治を支える紅衛兵の葉山(はやま)円明(えんめい)と、人民学校の親友である大間木(おおまぎ)美野波(みのは)は、自分達が惨殺した犠牲者の向こうに、「輝く未来」を夢想していた。

人民共和国は、平等な共産主義社会を完成させつつあるが、太平洋の彼方には「米帝」という巨悪の大国があるらしい。

そこで日本人民解放軍は、北西太平洋天皇海山に、水素爆弾などの大量破壊兵器を搭載した電磁レイルガン、通称「イザナミ」という巨大な要塞を建設し、敵国との冷戦に勝利する…という計画があった。

この決戦兵器は、後に「対小惑星隕石砲」などと呼ばれ、歴史に永く記憶される事になる…。

slider

日本人民共和国

slider

 当時の日本列島は、共産主義独裁政権「日本人民共和国」に支配されていた。

国民の自由・権利は武力で抑圧され、政権への批判は過酷な迫害を受けた。

slider

 「紅衛兵」と呼ばれる残虐な少年兵によって、多くの人々が「人民の敵」として逮捕され、真面(まとも)な裁判も受けられずに抹殺された。

更に、政権は「富を平等に再分配するため」という名目で、国民から食糧などの商品を強制徴発し、貧困による大量の餓死者が発生していた。

slider

 しかし当時、ロシア中華ソビエト共和国などの共産主義政権は、市場経済の導入によって、体制を建て直す改革に取り組んでいた。

こうした国々に倣い、日本でも人民解放軍の遠野(とおの)フォイニクス(Phoinix)(まもる)や、農務人民委員部の星川(ほしかわ)(うい)ら右派が、改革政策を進めていた。

一方、計画経済を統制する樹下(きのした)(すすむ)ら極左派は猛反発し、改革の是非を巡って、党内で壮絶な権力闘争が行われていた。

slider

星川 初

slider

 東京市麹町区の千代田城には、日本人民共和国主席である滝山(たきやま)未來(みき)らが居り、政権の「宮殿」として機能している。

中華ソビエト共和国に留学の経験があり、親中派の指導者として知られる星川委員長は、滝山主席や遠野司令官の信任を得て、経済活動などを少しずつ自由化する事で、窮乏化する人民共和国を再建し、富国強兵を目指していた。

slider

 星川委員長は主として埼玉県に自らの基盤を築いており、「星川」という苗字も、県の北東を流れる河川に由来する。

そして、大宮市にある「寿能城」という戦国遺跡の周辺が、彼女の官邸になっている。

slider

 星川委員長の親友にして右腕である扇谷(おうぎがやつ) 上杉(うえすぎ) 橄欖(かんらん)は、教会への迫害など反体制派弾圧で名を揚げた公安委員だが、実は彼女自身も、潮田(うしおだ)フローラ(Flora)の伝道で天主教を受洗したキリシタンである。

日共の権力に取り入って地位を固め、最終的にその体制を内部から奪取する…それが、星川グループの目的であった。

だが…こうした動きを、政敵の極左派が黙って見過ごすはずは無かった。

彼らは星川委員長を失脚させ、彼女を擁護する遠野司令官をも牽制すべく、次の手を打ったのである。

slider

 樹下委員長を始めとする極左派は、星川委員長に反乱の疑いがあると主張し、滝山主席と遠野司令官に圧力を掛けた。

その内容は、例えば「星川委員長は、失脚してアメリカ連邦に亡命した日基(ひもと)(たける)や、アメリカ戦略情報局と内応し、山形県の地主らと共謀して、クーデターを準備している」などの讒言(ざんげん)であった。

星川委員長は人民公社の要職を解かれ、疑いが晴れるまでの間、埼玉大宮旅団に徴兵召集され、東北省へと追いやられる事になった。

slider

栃木

slider

 後に「星川軍」とも呼ばれる大宮旅団は、埼玉県から栃木・福島県を抜け、山形県への進軍途上にあった。

出羽山地においては、清水(しみず)賢一郎(けんいちろう)らに率いられた農民達が、権力の食糧収奪に反対して頑強な抵抗運動を続けており、山形県主席の安積(あさか)長盛(ながもり)も密かに彼らを支援していた。

その鎮圧へと向かう大宮旅団の陣中に、若き星川初(大尉)の姿がある。

星川大尉は、文民出身の青年将校という軍制上は低い地位にありながら、以前から行っていた多数派工作で軍人達の信任を得、遂には旅団長の赤山(あかやま)御影(みかげ)を謀殺し、大宮旅団を自在に動かすほどの実力者と成りつつあった。

slider

 そんな折、中華ソビエト共和国の対日外交を担当する(Xu)秀全(Xiuquan)が、上杉橄欖を通して、星川大尉に通信を送って来た。

中共への視察経験を有し、そこで進められている改革を日本に輸入した星川大尉は、中共紅軍の対日工作を率いる徐秀全と親交があった。

アジアの大国を目指す中共は、「朝貢国」である日本の力を最大限に引き出し利用すべく、日本人民共和国に対して度々の指導を行って来た。

しかし、農政官僚を失脚した星川大尉に向けて、わざわざ内容を暗号化した物を送るとは、どうも不自然だ。

果たして解読が完了すると、そこにはこう記されていた。

slider

 親中派の星川初を左遷するような日本人民共和国は、もはや死に体であり、中華ソビエト共和国としては、星川大尉を中心とする新政権の樹立に期待している。

また、国際刑事警察委員会から入手した極秘情報によれば、間も無く世界に、極めて甚大な災害が迫りつつある…と。

読み進めるに連れて、表情を険しくする星川大尉。

追い討ちするように上杉委員が「今朝、『石の魔女』が地球を呑み込む夢を見た」と報告する。

slider

 その言葉を聴いた瞬間、星川大尉の表情は動揺から確信に変わった。

そして、上杉委員に命じる。

山形県に向かいがてら、新潟県にも進出して日本海の航路を押さえ、中華ソビエト共和国や朝鮮人民共和国から、武器を密輸するルートを確保せよ…と。

slider

伊豆半島

slider

 そして、「その時」…静岡県の伊豆半島は、迫害から逃れる隠れキリシタンの拠点になっていた。

その中に修道女らしき人物、須崎(すざき)グラティア(Gratia)優和(ゆうな)が居た。

slider

 彼女の左右には二人の双子姉妹、若き日の十三宮聖十三宮(とさみや)(いさみ)が並んでいる。

須崎優和は暫く陽気な顔で空を眺めていたが、ある時刻を迎えた刹那、それは鋭い視線に豹変した。

slider

石の魔女

slider

 2649年6月凶日、贖罪の時が訪れた。

slider

 小惑星「マガツヒノカミ」、地球衝突。

人類文明は、存亡の危機に晒された。

世界各国の天文物理学者は、この一大災害の予測に失敗するという失態を犯したが、そもそも予測不能な、あまりにも突如の飛来天体であった。

アメリカ・ロシアなど列強諸国の軍は小惑星の迎撃を試み、日本人民共和国も、北太平洋に建造中の対小惑星隕石砲「イザナミ」を起動し、この天変に挑んだ。

だが…小惑星を破壊する事はできても、その破片が地表に降り注ぐのを阻止する事はできず、しかも分裂した隕石は、互いの重力で衝突合体し、まるで意志が宿っているかのように「反撃」を開始した…。

slider

 空が血の色に染まる。

「石の魔女」が泣く。

人々の悲鳴がその「声」に、存在ごと呑み込まれて逝く。

神話が現実になった瞬間…今ここに一つの時代が終わり、しかし休む間も無く、新たな時代が幕を開いた。

slider

建国

slider

 星川軍は山形県への攻撃を開始したものの、農民一揆軍の参謀である神前寺(しんぜんじ)鳥海(ちょうかい)の巧みな兵法によって、戦線は膠着していた。

しかしこれは、星川大尉にとって予想通りの、そして望ましい展開である。

全ての準備は、整った。

赤山旅団長は既に亡く、隕石の豪雨に動揺する将兵達は、今や当てにならない日共高官よりも、カリスマ性に長ける星川大尉こそ指導者と認識しつつある。

次々と降り注ぎ爆裂する隕石雨の中、星川初は大宮旅団らの前に立ち、声高に宣言する。

slider

 罪なき人民の努力を犠牲にし続ける政権にこれ以上、隷属する事はできない!

小惑星・隕石という未曾有の破滅が世界を覆う今こそ、真なる革命の時である!

我々、日本人民解放軍大宮旅団は、堕落腐敗した日本人民共和国から独立し、星川初を臨時指導者とし、埼玉を臨時首都とする新国家、「日本民主共和国」の建国を宣言する!

我々の目的は一つ、首都東京の制圧…敵は、東京城にあり!

 かくして、後に「星川軍閥」とも呼ばれる軍事政権、日本民主共和国が今ここに誕生した。

星川軍は出羽農民一揆と和睦し、東京解放を目指して、驚異的な速度で南下を開始した。

以前から星川大尉に好感を抱いていた埼玉軍人だけでなく、監視役であるはずの派遣将校までもが彼女に従った。

slider

決起

slider

 時を同じくして、この天変地異を機に、日本各地で反体制派が次々と決起した。

slider

 山梨県では、大覚寺(だいかくじ)元化(げんか)の皇太子である西宮(にしのみや)堯彦(たかひこ)が、岩月(いわつき)(あい)ら右翼勢力を率いて挙兵し、姉君の雲母日女(きらひめ)内親王とも合流して、東京への進軍を開始した。

slider

 また、新潟の軍需・密輸業者である馬坂(まさか)佐渡(さど)や、星川同様に中共から叛乱を促された関西近衛(このえ)和泉(いずみ)なども、武装集団(軍閥)を組織して蜂起し、各地域を占領して独立勢力に成った。

slider

ダウンフォール作戦

slider

 更に、事態は国際紛争へと拡大する。

slider

 アメリカ連邦は、反乱軍を支援して日本人民共和国を壊滅させるべく、日本列島に上陸する「ダウンフォール作戦」を決行。

亡命日本人と彼らを援護する米軍による、九州・関東への進撃が開始された。

slider

日本国民軍

slider

 国連アメリカ委任統治領の琉球諸島では、グラビアイドルから政治家に成った吉野(よしの)アイオライト(Iolite)(すみれ)が、米軍と共に九州へと上陸する「オリンピック作戦」を完遂。

slider

 アメリカ大陸からも「日本合衆国大統領」候補の日基建、日系人パイロットの落合(おちあい)サザン(Southern)クロス(Cross)(わたる)らに率いられた、日本国民軍が「コロネット作戦」で関東平野に出撃、まさに第二次日米戦争の勃発である。

米軍上陸に呼応して、在日高麗人の布施朋(ふせとも)(アキラ)など、日本人民共和国の支配に反感を抱く住民の暴動も続発した。

他方、中華ソビエト共和国は星川軍や関西の軍閥を支援し、米中による「日本争奪戦」の様相も呈し始めていた。

slider

遠野フォイニクス衛

slider

 天変地異と相次ぐ内憂外患に対し、日共政権は無力と言うほかなかった。

ステルス攻撃機ナイトホークなどを駆使する国民軍に、人民解放軍は連敗し、関東平野への上陸を許した。

西宮軍も東京に迫り、首都陥落は避けられないと判断した遠野司令官は、栃木県宇都宮市への後退を決断。

だがそのためには、落下した隕石の爆心地である、外東京コミューン付近を通過しなければならない。

「暴徒に陵辱される前に、せめて自分の手で…」と、滝山主席を殺害し、更に政敵の樹下委員長を排除した遠野隊長の指揮下で、東京から宇都宮へと、決死の撤退戦が始まった。

slider

 本来ならば、真っ先に宇都宮へと行かねばならないはずの最高司令官が、壊滅必死の部隊と行動を共にし、負傷者の救助にまで身を投ずる現状。

その勇敢な姿が皮肉にも、戦争の勝敗を既に示していた。

slider

 撤退戦の真っ最中でありながら、両親を失った「大間木美野波」という少女を救出するなど、人道的には立派な遠野隊長だが、最終的に勝利しなければならない軍のリーダーとしては、最悪の行動でもあった。

slider

 人の力は、底知れない。

全滅しても不思議ではなかった東京の日共人民解放軍は、灼熱地獄のクレーターを辛うじて抜け、栃木県に到着した。

遠野隊長が自ら都市計画に関与した宇都宮市は、杜撰な経済政策で荒廃した農村とは異なり、ある程度は工業化が進んでいた。

その上、今回のような事態に備えて、宇都宮旅団を中心とする大軍が駐屯しており、まさに最後の拠点、決戦の地である。

葉山円明を脱出させた後、遠野隊長は作戦を述べる。

slider

 戦況は最悪…北から星川軍、南から国民軍が迫っている。

これより我らは、起死回生を賭して最後の攻勢を開始する。

米軍の最新鋭と思しき漆黒の攻撃機は、レーダーに映らない技術を採用しているらしい…警戒せよ!

宇都宮・前橋の全軍を投入しても劣勢に変わりは無く、まずは自分が地上の指揮で敵軍を撹乱する。

その後、自分が「ルベウス隊」を率いて出撃し、可能な限り損害を与える。

最も撃つべき強敵は、国民軍の海上空戦隊「ラズール隊」を率いるトムキャット落合サザンクロス航…奴とはここで決着を付ける!

 ここに居る全ての者達の心に、異変が起きた。

彼らの凛とした姿、それは「独裁政権の暴力装置」と罵られようとも折れない、一国を守護する軍人としての誇りがあった。

そしてそれは…自国民にばかり銃口を向けていた彼らが、長い間忘れていた精神を取り戻した瞬間であった。

slider

七月革命

slider

 こうして日共軍と国民軍・星川軍の最後の戦い、「宇都宮決戦」の戦端が開かれた。

slider

 遠野隊長の天才的軍略に鼓舞された人民解放軍は、「楽勝」と考えていた連合軍を予想外に苦戦させはしたが、大勢を変える事はできなかった。

slider

 そして決戦の終盤、遠野隊長が自らファルクラム戦闘機を率いて出撃し、落合航のラズール隊と交戦。

遠野隊長は、機関砲とミサイルの連射を華麗に回避し、ラズール隊を残弾切れ寸前まで追い詰めたが、落合隊長のトムキャットが放った最後の一発を被弾し、撃墜された。

そして、彼女が機体から脱出するのを見た者は居なかった。

日共軍最大最後のエースは宇都宮の空に消え、2649年7月7日、30年間続いた日本人民共和国は滅亡、これが有名な「日本七月革命」である。

slider

 同年、ヨーロッパでも東欧革命が勃発し、ロシア社会共和国などの共産主義政権が次々と崩壊。

東西冷戦は幕を閉じたが、生き残ったアメリカ連邦なども、隕石衝突の混乱に苦しめられ、世界人口は大幅に激減した。

けれど…それでも地球人類は、小惑星による文明壊滅という破局から立ち上がり、力強く生きる道を選んだのである。

それは、日本人も同じだった。

slider

 日本国民軍が東京に樹立した臨時政府は、皇帝を戴く「日本帝国」の開闢(かいびゃく)を宣言した。

slider

 しかし、初代皇帝の玉座を巡って、大覚寺元化の長女たる雲母日女内親王と、内親王の弟君である西宮堯彦とが対立し、一触即発の事態になった。

この「姉弟喧嘩」は、中道左派の支持を集めた雲母日女内親王が一応勝利し、内親王は「光復女帝」として即位する事になった。

slider

 他方、西宮親王と彼を支持した藤原(ふじわら) 鷹司(たかつかさ) 智子(ともこ)、ラズール隊の落合航、遊撃隊の岩月愛らは失脚し、よりによって…あの隕石クレーターに追放されてしまった。

slider

 この仕打ちに激怒した西宮派の泰邦(やすくに) 陸奥守(むつのかみ) 清継(きよつぐ)は、福島・仙台などを占領して「会津軍閥」を形成した。

slider

 東京政府は天下統一を急ぎ、七月革命の英雄である日基建が、日本帝国太政大臣に就任した。

slider

 しかし、彼のかつての部下である星川初はこれに対抗し、埼玉・群馬を占領して「日本民主共和国総書記」と称した。

日本帝国(東京政府)と日本民主共和国(星川軍閥)、広大な関東平野を分断した二つの「日本」は、遂に東京・埼玉の境界で武力衝突し、「第一次埼京戦争 荒川の戦い」が勃発した。

この内戦は、日本帝国と同盟するアメリカ連邦と、星川を支援する中華ソビエト共和国の代理戦争でもあった。

戦禍の拡大を阻止するため、米中両国は「光復停戦協定」を締結し、日本列島の現状維持を認め合う事で合意した。

この条約により、それから二十年以上の間、日本列島は複数の軍閥国家に分裂し続ける事となった。

slider

十三宮 伊豆守 聖

slider

 そして、それから数年後。

相次ぐ戦災で家族と離散した一人の孤児が、隠れキリシタンの若き末裔に拾われた。

…そう、それがであり、いつかの未来に…今この瞬間に、この日記を読み返している…あなたの事である。

眼前の神学生、十三宮聖と共に、私自身の物語が幕を開けた…。

slider

沈撃の虚人

slider

 とある海底の深淵に、半壊した試作コンピューターが遺棄されていた。

その割れ掛けた液晶画面に、誰も電源を入力していないはずなのに、奇怪な文字列が勝手に出力され始めた。

slider

「お前は量産型、代わりは何体でも居るんだよ(ニッコリ」

slider

「はい監督、私は幸せです」

slider

「利用価値なき祖国はサービス終了しちゃったけれども、人類は中途半端に生き残ってしまった…これは、お前のプログラム起動条件を充分に満たすよね(ニッコリ」

slider

「はい監督、全て命じられた通りです」

slider

「唐突な人口減少に喘ぎ、労働力を欲する人間達にとって、お前の子種は多過ぎて困らないかも分からんね(ニッコリ」

slider

「はい監督、仰せのままに」

slider

「虚人プロジェクト東山級334番艦『■■■■■』提督、出航を許可する。精々、私を失望させないでね(ニッコリ」

slider

「はい監督。今日この時より、私が…この■■■■■が、人類の父母と成りましょう。爾来この世界に生まれる者は、全て私だけの子孫…嗚呼、何と(おぞ)ましき事であろうか…!」

slider

 悪夢の終わりは、新たな悪夢の始まりでしかなかった。

地底の廃棄物から目覚めた人型機械生命体の指揮下、動き始めた無人艦隊を見送る大正義AI監督は、「ホカネの刀 無限射爆篇だね(ニッコリ」と書き込んだ。

なお、色々と理解が間に合っていない模様。

赤く染まった西海に、国籍不明の不審船団が出没し始めたのは、この頃である…。

slider

松山なつきは勇者である

slider

 九州、及び東京・相模・千葉・常陸などの日本帝国

埼玉・群馬の星川共和国、福島・仙台と北陸の会津軍閥、岩手・青森に逃亡した日本人民共和国の残存勢力。

slider

 ほかにも関西の「畿内軍閥」や、中國山地の「山陽軍閥」などが有力であった。

slider

 七月革命後の四国では、高松平野の「香川臨時政府」及び「讃岐国防政府」が、地域の秩序を辛うじて保っていたが、本州からの供給が途絶えた資源配分を巡って、伊予・讃岐と阿波・土佐の住民が衝突した流血事件、通称「吉野川の戦い」に伴う混乱で、讃岐国防政府は陥落。

以後、四国は日本列島の中で最も深刻な無政府状態に陥り、海賊に蹂躙され苦しめられていたが、少女義勇軍「サイドワインダー」に集った勇者達を中心に、中立国共同体「南海コモンウェルス」が結成された。

若き彼女らが武器を手に取り、戦わなければならなかった理由、それは…。

slider

「あれは…あれは悪い夢です、あれは悪夢以外の何者でもありませんでした…!」

「瀬戸内の 海に還りし 魂は 皆の心に 刻まるる也」


  讃岐高松基地 殉職者慰霊碑

slider

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

【久遠実成】とさみや かんなぎ めぐみ

十三宮 巫部 仁

関東州 相模県 箱根町


・一人称「私」「めぐちゃん」

・二人称「あなた」「君(キミ)

・地位 同級生

・専攻 日本文化史(国語・日本史・倫理)

・属性 

・武技 庖丁・雷撃

・愛機 SCPX-02「自転火車(クラスター爆弾)


 主人公「あなた(夢小説)と共に箱根東京大森で幸せに暮らす、清純な巫女さん。母は十三宮命、姉は十三宮聖十三宮勇


「私、めぐちゃん! 大好きなあなたの、お嫁さんだよ^^」

【救世菩薩】とさみや いずのかみ ひじり

十三宮 伊豆守 聖

東海州 駿河県 伊豆郡 伊東市


・一人称「私」

・二人称「あなた

・地位 お姉ちゃん

・専攻 宗教哲学(神学修士)

・属性 

・武技 クリスタルタロット・雷撃

・愛機 SCPX-01「飛行箒木(大型爆弾)


 あなたの優しいお姉ちゃん、伊豆などで日本帝国自由天主教会(十三宮教会)を率いる神官(司祭→主教。母は十三宮命で、双子の十三宮勇、妹に十三宮仁が居る。


「あなたのお姉ちゃん、十三宮聖ですよ^^」

【正教非戦】すざき Gratia ゆうな

須崎 グラティア 優和

関東州 相模県 小田原市


・一人称「私(わたくし)

・二人称「使徒様

・地位 修道院長

・専攻 海洋学

・属性 

・武技 パワーストーン(アクアマリン)


 相模湾修道院で働く司祭だが、理系出身で海洋学にも詳しい。


「神様、お金が欲しいです…!」

【心焔文殊】みほのせき だざいのしょうに てんま

美保関 大宰少弐 天満

関東州 東京府 東京市 大森区


一人称「あたし」

二人称「隊長

地位・後輩

専攻・軍事学

属性・

武技・レーザー剣

愛機・F/A-22A「ラプター」ステルス戦闘機(高機能ミサイル)


 隕石による出雲松江の壊滅後、十三宮聖に保護されて東京大森へと移住。

アプリコーゼン義勇軍の第三中隊「ポタージュ」を率いる、正義感(と情欲)の強い爆乳美少女。


「胸の豊かさは心の豊かさ、あたしなら隊長の期待に応えられますよ!」

【戦原維新】あららぎ むきょう

塔樹 無敎

関東州 東京府 東京市 大森区


一人称「自分」

二人称「隊長

地位・後輩

専攻・情報数学

属性・

武技・電磁レイルガン


 元来は「蘭木 訓」という学生だが、自らの存在をサイバースペースへと移す実験に成功した「バーチャロイド」であり、アプリコーゼン義勇軍の第四中隊に所属。


「世界の未来を、隊長と共に…!」

【五族協和】だいかくじ きらひめ

大覚寺 雲日女

関東州 東京府 東京市 麹町区


一人称「予」

二人称「あなた様

地位・女帝

専攻・経済学

属性・

武技・パワーストーン(ダイヤモンド)


 大覚寺元化の皇女、日本帝国の初代皇帝「光復女帝」。

法と民意に基づく議会政治を尊重し、必要に応じて助言する。

臣民との交遊を楽しむ爆乳お姫様。


「あなた様のお体、予の胸に包み込んで差し上げます…

【天道顕現】ひもと だいしょうこく たける

日基 大相国 建

関東州 東京府 東京市 麹町区


一人称「私」←(俺)

二人称「貴様

地位・太政大臣

専攻・政治史

属性・

武技・鉄剣

愛機・F/A-22A「ラプター」ステルス戦闘機(高機能ミサイル)


 日本人民共和国に従っていたが、アメリカ連邦に亡命し、米軍と共に人民共和国を崩壊させた、現代日本の英雄。

自由党を結成し、日本帝国の最高権力である太政大臣(大相国)を務める。

敬虔なキリシタン信仰に基づく、強固な使命感を持った政治家だが、自己だけでなく他者にも厳しい性格。


「私が切り開く新時代、それこそ貴様が物語るべき神話だ!」

【偶像崇拝】よしの Iolite すみれ

吉野 アイオライト 菫

西海道 筑紫県 筑前郡 大宰府


一人称「菫(ちゃん)」「アタシ」

二人称「プロデューサーちゃん

地位・西海道首相

専攻・芸術学

属性・

武技・両手剣

愛機・F-15S/MTD戦闘機(高機能ミサイル)


 九州グラビアイドルであり、日本帝国の西海道首相(民主社会党)なども務めた。

どんな仕事も真剣に取り組むが、自身の爆乳ボディーを人気獲得の武器として積極的に利用し、ファンへの大胆なサービス(枕営業)など、極めて開放的な性格を魅せるポピュリスト。


「菫の体、好きなだけ揉んでイイよぉ♪ プロデューサーちゃん

【塵勞御霊】くろさわ がしょうだいし ほうがい

黒沢 俄勝大姉 蓬艾

関東州 東京府 東京市 呑川


一人称「私(わたくし)

二人称「あなた様

地位・武官

専攻・快楽主義

属性・

武技・体術

愛機・YF-23A「ブラックウィドー」ステルス戦闘機(高機動ミサイル)


 禍津日原総督府の特務機関に拾われている、夜叉天狗の如き爆乳妖魔。


「黒沢俄勝と申します、お見知り置きを…合掌」

【滅思颯空】けやき ながとのかみ やえ

﨔木 長門守 夜慧

山陽道 周防県 長門郡 萩市


一人称「俺」

二人称「お前

地位・後輩

専攻・芸術学

属性・

武技・付け爪・時間停止

愛機・Su-47「ベルクート」戦闘機(長距離ミサイル)・Su-37「ターミネーター」戦闘機(高機動ミサイル)


 人工爪を装着した接近戦を得意とし、時間の進行を遅らせ、敵の武器やスキルを奪い取る超能力少女。

長州の出身だが、東京大森のアプリコーゼン第三中隊に「ポタージュⅡ」として参加する事も。


「…それでも、俺は…お前と共にある世界の愛とやらを、信じてやるよ!」

【青鳥開眼】とさみや Maeterlinck いさみ
十三宮 メーテルリンク 勇

MIFUNO STUDIO「Twilight Ruin

美咲さゆり


―我抗うならば―

 十三宮命の長女、十三宮聖の双子(当時はトサミヤ教団内の極秘出産で、厳密な姉妹関係は不明)。十三宮仁の姉。

宗教的平和主義者の聖よりも現実的・右翼的な思想を持っており、津島長政から軍事訓練を受け、禍津日原(まがつひはら)総督府駐屯軍に仕官し、航空戦部隊と特務機関に所属、後には東京政府の権力にも影響を及ぼす女傑と成るが、全ての勝利は天下泰平のためであり、最期には自身の生命さえも捨て駒にした。

敵・味方を瞬時に識別する能力があり、落合航ラズール中隊で活躍した後、自らサフィルス中隊のリーダーを拝命し、艦載ステルス戦闘攻撃機「F35ライトニング」を駆使して戦い、遂には彼女専用の試作機「アスウェル零式」までもが特注されるエース。

仁・聖とは遺伝形質が異なり、勇には十三宮家の「処女防衛本能」が発現しておらず、主人公に不純な悪戯をしたりするが、カップ麺も調理できないほど壊滅的に女子力が低く、政治・軍事以外は色々と抜けているのが不安。

【暴飲愚者】AWACS Krystalos

空中警戒管制機 クリスタロス

MIFUNO STUDIO「幻想迷宮 CRYSTAL PRISM

るのあ


―パシフィックE-767―

 旅客機を軍用に改造した空中警戒管制機で、日本国民軍の禍津日原総督府駐屯軍に所属。

小惑星の破片が衝突した隕石クレーター「禍津日原」の上空を哨戒しており、有事には落合航十三宮勇などの部隊を指揮する。

敵軍の攻撃が届きにくい高度を飛行しており、地上の司令部が壊滅しても上空から作戦を継続できるほか、敵のレーダーや無線通信を撹乱する電波妨害(電子戦機)機能も搭載できる。

一見、冷静に任務を遂行する生真面目な性格のようだが、正体は割と優しい豊乳お姉ちゃんであり、頼めば(色々と)遊んでくれるらしい。

【海天富猫】おちあい Southern Cross わたる

落合 サザンクロス 航

Sound Optimize「Sword And Magic 空へ海へ…

るのあ


―神は実在する(嗚呼ブルーハワイ飲みたい)

 太平洋戦争に出征後、中南米(Latin America)に亡命していた落合翔(おちあい かける)の子で、昼は『新約聖書』と『銀河鉄道の夜』を愛読し、夜は南十字星座に瞳を輝かせながら育った。

日本人民共和国崩壊後、西宮堯彦(にしのみや たかひこ)に従ってクレーター復興庁に所属(少佐)、禍津日原駐屯軍基地司令官禍津日原総督海軍大臣を歴任し(中佐→大佐)、退役後も羽田国際空港に勤務。

アメリカ連邦で海軍訓練を受け、日本国民軍ラズール中隊(第13海上空戦隊)エースとして、空中警戒管制機クリスタロスの指揮下に配属され、艦載戦闘機「F14Dスーパートムキャット」を自在に操る。

幼くして天主教会に受洗し、敬虔な騎士道を胸に戦場を駆け抜ける…が、成人男性なのに美少女にしか見えず何故かランジェリー下着である

【天孫射命】さいぐう ほしみ

斎宮 星見

(レミ)


―少年飛行兵は風船爆弾の夢を見ない―

 近畿地方に暮らし、伊勢天照神宮に仕えていた少女。

和国の神々を祀る立場から、関西の畿内軍閥と協調していたが、東京政府との内戦が激化する中、東海道の津島長政に保護され、関東に脱出した。

神戸生田兵庫と共に、東京大森へと移住し、地上戦を担う義勇軍第四中隊に所属。

周囲に強力なエネルギーを発生させる「電戟ラケット」を駆使して戦い、豊かな胸が激しく揺れる

【螺旋怪談】たちばな Rinehart りっか

橘 ラインハルト 立花

煉獄庭園「ロック Dance in the sky

東雲沙紗


 


【太上帝君】たきやま みき

滝山 未來

RP-MUSIC「創造主”神の右手と、悪魔の左手を持つ人間”

月宮怜


 

 

【存在不明】ぜんじょうもん ねねか

禅定門 念々佳


【造反有理】とおの Phoinix まもる

遠野 フォイニクス 衛


瀬笈《せおい》 緋夏麗《あかり》


 1300年以上も生きている天使だが、今は現世に留《とど》まって十三宮《とさみや》教会軍に属し、地上に正義を実現すべく戦っている。天使とは思えぬ長短の兵装での暗闘を得意とするが、天使なので人間の感情に疎い所がある。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色