複垢調査官 飛騨亜礼

仮想通貨バリューコイン

エピソードの総文字数=1,421文字

「あとは、紗英さんだけだな」

 飛騨亜礼がいつものダークブルーのサイバーグラスと黒い背広姿でソファに座ってコーヒーを飲んでいる。
 そこは京都の神沢優の探偵事務所である。
 『石田三成オフ会』の待ち合わせ中である。

「やっぱり、コスプレしてくるんでしょうね。楽しみだ」

 メガネ君がよだれを垂らしそうだ。

「これだから男って奴は………」

 深いため息をつく神楽舞である。 

「しかし、最近、バリューコインの下落が激しいな。トップの時価総額が55億から47億に減ってる」

 飛騨がスマホでバリュースターのサイトを覗きながら気になることをいう。

「あ、私の時価総額が3億円に減っている! どういうことよ!」

 舞が慌てている。

「<バリュースター>はその評価に仮想通貨バリューコインを使ってますが、バリューコイン自体も為替相場のように市場があって、日々、価格が変動するんですよ」

 メガネ君が丁寧に解説してくれた。

「あれま。それは」

 舞が理解してるかどうかあやしかった。

「しかも、ここの所、バリューコインは値段が三倍ぐらいになっていて、そろそろ価格調整がかかる頃です」

「なるほど。あれ、時価総額が3億五千万円に増えてきた」 

「舞さん、分かりやすいというか、バリュースター13位の人気者だし、逆に割安感でファンが買ってくれてるんですよ」

 メガネ君が嬉しいことを言ってくれる。

「そうよね。そうよね。なんたって『お嬢様は悪役令嬢』は二巻までの累計で13万部は売れてるんだし」

「でも、二巻で打ち切り阻止するためには、まだまだ売らないといけないですよ。僕に秘策があります」 

 メガネ君の秘策とやらが気になる。

「それは何なの?」

「すでに担当編集者の上山さんに手配済みです。『石田三成オフ会』には『お嬢様は悪役令嬢』の一、二巻が山積みになっています。神楽坂舞子のサイン会も予定しています」

「なんてこと! メガネ君、ありがとう! あなたは出来る子だと思ってたわよ。ありがとう!」

 舞は感激してメガネに抱きつきそうな勢いだったが、飛騨の手前、ちょっと自制していた。
 
「おまたせ☆」

 そこへ<バリュースター>の運営担当の渡瀬紗英こと、コスプレイヤー<さえさえ☆>が到着した。
 今日は純白のウサギ耳コスプレで、丸い尻尾(しっぽ)がかわいい。
 しかもミニスカである。

「いいなあ」

 メガネ君がよだれをたらしている。

「まったく! まあ、今日はメガネ君の秘策もあったし、大目にみるわ」

 機嫌がいいので、舞も優しい。

「では、『石田三成オフ会』に出発するか。まあ、潜入捜査といっても、いつものように自然に振舞ってくれたらいい。オフ会を楽しむのも大事だよ」

「<<<了解>>>」

 メンバー三人の声が揃う。
 『お嬢様は悪役令嬢』の本も売れて、楽しいオフ会になればいいなとおもう舞であった。






(あとがき)

ビットコインの分岐問題について
http://markethack.net/archives/52050646.html

国内13の取引所がビットコイン取引を停止へ--8月1日の“分裂”に備え
https://japan.cnet.com/article/35104383/

 ビットコイン分裂騒ぎで8/1~3日ぐらいは取引停止になるようです。

TOP