第三十一章 『合』の最後の手段

エピソード文字数 2,087文字

 彪が、顔を険しくして、全身から『聖気』を発し、布陣の構成に力を込めるが、『合』は、何度も何度も同じところに体当たりしてきた。
 そのうち、『合』の肩の部分が、折れたのだろう、片腕がだらりと下がった。しかし、彼は、奇声と涎を振りまきながら、同じ攻撃を幾度もしてきた。
「……お姫様、このままで。時期が来たら」
「はい!」
 彪の後ろで、暎蓮が真剣にうなずく。
 『入らずの布陣』の壁に、ひびが入った。……二人は、ごくりと喉を鳴らした。
(『結界』が、破られる……!)
 次の瞬間、彪は叫んだ。
「……狙って!」
「はい!」
 『入らずの布陣』の壁が破られ、至近距離で『合』の顔が笑った瞬間、暎蓮は、彪の肩越しに、弩を発射した。
 『破邪の矢』は、まっすぐ、『合』の眉間に向けて飛び、そこに突き刺さった。
 『合』の人形である体に刺さった『破邪の矢』から、暎蓮の『聖気』がしみだし、彼の体が七色に光る。全身に『聖気』が行き渡ったところで、その体から、『邪念』が焼かれ、黒煙とともに、『合』の『邪念』は離れていった。
『ま、まさか……!』
 『合』の『邪念』は、最後の体を失って、すでにただの煙のような姿で、それでも愕然とした声を発した。そのまま、今度は、すでに荒れ放題の自室の、寝台に向かって、空中を飛ぶ。彪と暎蓮も、『入らずの布陣』を解除して、それを追った。
 寝台の下の、横長の引き出し部分の前で、『合』の『邪念』は止まった。
「……そこか!」
 『合』が、引き出しに入ろうとしているのに追いついた彪は、扇を開き、『聖気』を込めたその風で、『合』の『邪念』を吹き飛ばした。その間に、寝台のカバーをめくる。
「『封印』……!」
 暎蓮も、追いついて、それを見た。引き出し部分の上部を、荒縄に『符』を貼りつけた、『封印の術』が覆っていた。
「ご自身のお体も、封印なさって、保存しておかれたのですね」
『ま、待て!……私に触るな!』
 『合』の『邪念』が再び彪に向かうが、彪は、気合を込めて、
「……うるさい!」
 と、怒鳴った。その気迫に、『合』の『邪念』が再びはじき飛ばされる。……彪は、そのまま、懐から、小刀を取り出して、荒縄を切断した。『封印』を解いて、引き出しを引っ張り出す。
『こ、この体に戻れさえすれば!私はまだ……』
 『合』の『邪念』を放っておいて、彪と暎蓮が見たものは、眠っているような姿の『合 前五』の体だった。……しかし、この体は、まだ若そうだった。おそらく、『封印の術』を、何年も昔にかけさせたのだろう。だが……。
「変色している」
 彪は、言った。……よく見ると、一見保存状態がよく見える体だが、皮膚が変色し、体の下には生きた無数の虫がたかり、寝台の引き出しの底は、すでに朽ち果てて、『合』の体から出る体液が染みたからだろう、底が半分抜け、床にも大きなしみができ、それにたかったあとの、たくさんの虫の死骸までもが残っていた。
『ば、馬鹿な!』
 『合』は、自分が見たものが信じられないと言ったように、叫んだ。
『……こ、この、『無間邪術(むげんじゃじゅつ)』……!……つ、使い捨ての体と!この生身の本体さえあれば、私は、永遠に生きられ、そうすれば、妻も羅羅も『地獄界』へと落とせるから、と、あの『仙士』が言ったはずなのに!……どうしてだ!』
「そんな都合のいい話を、金なしで『仙士』が言ってくるわけがないだろう。……あんた、その『仙士』に、いくら払ったんだか知らないが、相当な無駄金を使ったようだな」
 彪は、冷ややかに言い放った。
『馬鹿な!』
 『合』は再び叫んだ。
『人間一人が、一生分暮らしていけるほどの金を、この三十年間、毎月払いつづけてきたんだぞ!』
「だから、言っただろう。あんたは、その『仙士』に、一杯喰わされたんだよ」
『これは、本当に、私の体なのか!?私は、もう、この体には戻れないのか……!?』
「戻れるわけがないだろう。この体がすでに死んでいることくらい、あんたも見ればわかるはずだ。……ついでに言うなら、魂なしで、死体をよみがえらせようとしたら、魔物になるって、その『仙士』に言われなかったか?……この体にはもう、あんたの魂が入っていないんだ。今のあんたは、魂の残りかすみたいなものだよ」
『そ、それじゃあ、私が生き返ることは』
「この腐りかけた死体がもとに戻るわけがないだろう。……できたとしても、それこそ、あんたの命と引き換えに、だよ」
 吐き捨てる彪に、
『い、いや!まだ、……わからん!』
 『合』は叫ぶと、勢いよく『合』本体の体に飛び込んだ。
「!」
 彪と暎蓮は目の前で起こる信じられない光景に、目を見張った。……死体が、『合』の邪念をしみこませ、じわじわと動き出したのだ。しかし、二人は、胸のところで組まれていた『合』の両腕がほどかれだした時、合点がいった。
 『合』の胸に、『符』が貼られていたのだ。『合』の『邪念』……魂の残りかすが、そこにしみこみ、『符』の力が増幅され、死体が動いているのに違いなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み