2 裏返し

文字数 466文字

2 君が嘘をついたなら

恋人いない歴=年齢の主人公はある商社に勤めるサラリーマン。30歳になったある日、たまたまエレベーターに乗り込んだ女性に一目ぼれをする。
この日を境に、奇妙な現象が起こり始めたのだ。なんと、社内に服を裏返しに着ている人が出現したのである。
はじめは何かの見間違いだろうかと思っていたが、確かめてみたところ、どうやら自分にしか見えないらしい。原因を探るべく眼科などを受診するも正常。幻覚のたぐいでもないらしい。

困り果てていたが、裏返しに見える人にはある共通点があることに気づく。どうやらそれは嘘をついている時なのだ。
30を境に特殊能力を手に入れた主人公。この力を使って、想いを寄せる彼女を落とそうと考えたのだが!
甘かった、何故か彼女だけ常に衣類が裏返しに見えたのである。巧妙に気持ちを隠す彼女と、なんとかそれを暴こうとする主人公のヒヤヒヤ駆け引きラブの行くへは⁈

この物語のパターン化部分
嘘をついている人は服が裏返しに見える
好きな彼女とは毎朝、エレベーターで出逢う

ポイント
彼女が何について嘘をついているのかはわからない!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み