詩小説『消えゆく夏〜夏休みver.〜』3分であの日へ。子供達へ。

エピソード文字数 347文字

君のなつっこい声は蚊取り線香の匂いがした。
どこか懐かしくそれでいて真新しい。
あなたはそんな人でした。

カルピスがコップの底に残ってる。
薄まった色でぎりぎりの夏です。
この気持ちはなんだろう?

君の優しい嘘は栓を開け溢れるラムネの味がした。
甘ったるいくせにどこか潔く。
あなたは困った人でした。

飛行機曇が白紙の空に残ってる。
少しずつ気づかないうちに消えるのです。
音も立てずに終わっていくの?

カルピスがコップの底に残ってる。
薄まった色でぎりぎりの夏です。
この気持ちはなんだろう?

それは再放送のアニメみたいに。
揺れることをやめたサッカーゴールみたいに。
タスキの途切れた駅伝みたいに。
誰も居ない体育館に転がるバレーボールみたいに。

少なからず僕は君が好きでした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公はあなたです。それぞれの恋愛模様を『詩小説』で。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み