第三十八幕!小伏竜

文字数 9,420文字

蒼とサクが南富良野へ向かった頃。カネスケは、結夏や龍二と共に、アイトゥレ将軍の率いる道東遠征部隊に従軍していた。
道東を制圧するためには、官軍が重きをおいている3つの拠点都市を、陥落させなくてはならない。
1つは港湾都市の釧路。
釧路は道東南部の政治経済の中心都市で、ここを陥落させれば、道東地方南部全域の官軍支配体制を麻痺させることができる。よって、道東の半分を実質手に入れたも同然である。
2つ目は監獄都市の網走。
ここは、網走監獄を中心とした道東北部の官軍の支配拠点。網走監獄を破壊することは、官軍に大きな動揺を与え、さらには道東北部もほぼ制圧したと言ってもいいだろう。それにこの監獄には、無実の罪で捕らえられたAIMの同志や道産子、それにアイヌの人々が多数収監されている。その人々を助け出すことも、AIMの目標の1つだ。
そして3つ目は軍事都市の紋別。
ここは、日本最強の軍隊と呼ばれた紋別騎兵隊の直轄領のような場所である。紋別騎兵隊は、日本最強の軍隊であるが、日本最恐の殺戮部隊でもある。殺しを極めた武闘派騎馬軍団は、札幌官軍に抵抗する人間を、残虐な方法で容赦無く殺戮してきた。そんな奴らの支配する街は、人々が常に騎兵隊の目を気にして、死と隣り合わせの生活を強いられているのだという。この紋別騎兵隊を壊滅させない限り、AIMの道東制圧は愚か、この北海道戦争で官軍に勝利することはほぼ不可能であろう。
アイトゥレはこの3つのうち、まずは釧路を陥落させ、南部および知床を攻略する方針に決めた。理由は、3つの中で難易度が低く、かつ制圧すれば領土を大幅に広げられるからである。





釧路までは比較的積雪が少なく、進軍しやすい海岸沿いから向かうことに決まる。とはいえ道の至る所が凍結していて、進みやすいルートというわけでもない。カネスケは、軍用車の中で作戦のことをずっと考えていた。
参謀に配属されてからは、そのことで頭がいっぱいで、それ以外のことを考える余裕なんてほとんど無い。彼は、まるで会社員時代に戻ったかのように、任された仕事をどう達成していくのか真剣に悩んだ。
そんなカネスケに結夏が話かける。


「これ食べなよ。」


彼女は、ラングドシャがたくさん入った缶を差し出した。


「甘いものか。ありがとう。」


素っ気なく言葉を発すると、彼はまた自分の世界へ入っていく。そんな仕事大好きなカネスケに対して、結夏は負けじと声をかける。


「いつもと雰囲気違うんだね。」


「そうか?そんな変わらないと思うぞ。」


「めっちゃ変わってるよ。」


カネスケは、しれっと質問する。


「どっちの方が好き?」


「どっちも。」


カネスケはふと微笑んだ。


「答えになってないぞ。」


「うーん。じゃあどちらかといえば、仕事中の方がカッコいいなって思う。」


「お、じゃあずっと仕事してようかな。」


彼は軍所有のパソコンで、官軍について分析をしながら、結夏の会話に耳を傾けた。


「そんな真剣に仕事していたら、私も仕事したくなってくるじゃん。」


カネスケは素っ気なくふざける。


「ここで髪切ってくれるの?」


「坊主にするけどいい?」


カネスケはクスりと笑う。


「それは勘弁してください。」


結夏は、ため息をついた。


「できることあればなんでも言ってね。」


カネスケは彼女に紙とペンを差し出す。


「今から言う情報、そいつにメモしてくれ。」


結夏は、任せてとばかりにそれらを受け取ると、黙々と仕事に取り掛かった。
カネスケは、意図的というわけではないが、結夏と行動を共にすることが多い。彼は、派手な女がタイプなので、初対面から彼女のことを意識をしていた。けども、まさかこんなにも一緒に居れるとは思っていなかった。それ故に、素っ気ない態度をとりつつも、実は凄く幸せな時間を過ごしていた。





もうじき釧路へ到達する。双眼鏡で街を観察すると、官軍がこちらに備えて軍を集結させているのが目に入る。
アイトゥレはカネスケに話かけた。


「奴らは相当警戒しているようだな。」


「そうでしょう。ここを落とされては、支配地域を大幅に失いますからね。」


「情報によれば敵の数は3万。一気に力攻めと行くか?」


「いや、背後へ回り込んでこちらへ追い立て、挟み撃ちにして撃滅いたしましょう。」


「なぜだ?」


「釧路の背後には大きな湿原があります。そこへ逃げ込まれてゲリラ戦でもされればやっかいです。」


「なるほどな。ではどうやって背後へ回り込むか?」


カネスケは、結夏と共に作成した資料を見せて説明する。


「帯広の戦いでも活躍したスノーモービル部隊を使います。彼らの機動力を駆使して背後に回り込ませて、湿原に部隊を潜伏させます。そして翌日、我ら本体が釧路へ総攻撃を仕掛けます。そこで頃合いを見計らい負けたふりをします。」


「負けたふりだと?」


「ええそうです。釧路は地形上守りに強い街。そんな堅固な場所から敵の主力を遠ざけます。そしてある程度距離を稼いだあたりでまた攻撃を仕掛けます。敵がこちらに夢中になっている隙に、湿原に潜ませたスノーモービル部隊で一挙に背後をついて敵を崩壊させます。あとは敗走兵を討ち取るだけです。」


「キツツキ戦法みたいだな。」


「まあそれに近いですね。」


アイトゥレは、カネスケの案を採用することにした。そのあと、スノーモービル部隊の隊長を誰にするかという議論になったとき、カネスケは龍二を推薦する。
龍二のことをあまり知らないアイトゥレは、初めは否定的であった。しかし、暴走天使時代に部隊を率いていたことや、彼の武勇伝を聞かせると、納得してすぐに隊長に任命してくれた。
そして龍二は、機動部隊5千を率いて陣を出て、釧路湿原に潜伏した。





冬の釧路湿原は非常に寒い。気温だけではなく、周りは手付かずの自然なので、人の温かみすら感じられない。こんなところで一晩を明かした自分たち機動部隊を褒め称えたい。龍二はそう思いながら、カネスケからの合図を今か今かと待ちわびていた。
彼はカネスケが、まさか自分を隊長に推薦してくれるとは思ってはいなかった。革命団に入って約3週間。メンバー全員とは、ある程度会話はしたが、カネスケと特別仲がよかったわけでもなければ、一緒に行動することが多かったわけでもない。
そんなカネスケに選んでもらったことは、革命団の一員として、更に信頼してくれているような気がして、彼は嬉しかった。
戦闘までまだ時間がありそうなので、スノーモービルのエンジンを温めつつ、配下の将兵たちとコミュニケーションをとった。
AIM軍には、様々な人間がたくさんいる。アイヌやその末裔はもちろんだが、海外から民族独立に協力するために来日したボランティアの傭兵。北海道の文化が好きで、各地からやってきた人々。自分の培ってきた戦闘力を試したい凄腕のファイターたち。日本社会と合わなかったり失敗して、新しい居場所を求めてやってきた人たち。アイヌを中心に、多くの思いが集まっている。
だからこそいろいろな話を聞けて、また自分たちのしてきたことも、面白おかしく話すことができた。
そして自分たち革命団も、社会から逸脱してしまった人間たちなのだと思わされるのであった。
龍二が革命団の話をしていると、それに特に食いついてくる男がいた。その男は、酒々井雪路といい、仲間たちからは下の名前で呼ばれていた。
彼は元々政治家志望で、東京の大学で法律を勉強していたのだという。蒼と同じく、江戸氏の青の革命思想に興味があったのだとか。
そして弱者のために戦いたいという思いから、大学を中退して、仲間とともに北海道へ渡りAIMに志願したそうだ。
高校生の頃からツーリングが趣味だったという理由で、このバイクや馬、およびスノーモービルを駆使して戦う機動部隊に配属されたのだという。
雪路は龍二に声をかける。


「さっきの話は面白かったです。もし本当に国を作ったら私もそこで働きたい。」


「それは頼もしいな。政治や法律に詳しい人間が来てくれたら、きっとリーダーや先生も喜ぶぞ。」


一応雪路は年上だ。しかし、立場的にもタメ口で良いと彼が言ったので、龍二はタメ口でコミュニケーションをとることにしている。


「この戦闘が終わったら、北生さんを紹介してください。」


龍二は戦いが終わったら、とりあえずカネスケを紹介すると彼に伝えた。雪路は嬉しそうに、スノーモービルのエンジンをふかした。すると、龍二の元に、カネスケから一通のメールが届いた。


『かかれ。』


龍二は、5千人の部下に攻撃の命令を下して、自ら先頭に湿原を南下。瞬く間に湿原を抜けて、釧路の市街地へ侵入を果たした。
官軍は、まさか背後に敵がいるなんて考えていないので、主力を前面に押し出していた。その為、龍二率いる機動隊は、殆ど無傷で釧路を占領することに成功する。
そのまま町の遥か東に侵攻。カネスケ達に気を取られている官軍本隊の背後をついた。
カネスケが敷いた鶴翼の陣で囲い込まれ、更には背後から突如に現れた、龍二率いる機動部隊に退路を塞がれた官軍。初めは抵抗していたが、徐々に押しつぶされて、全面降伏を余儀なくされるのだった。





約一日で釧路を攻略したカネスケは、アイトゥレを筆頭にしたAIM幹部からの信頼を獲得。
戦闘の後処理で忙しいアイトゥレの代わりに、2万の軍を率いて更に東へ進軍。その日の間に、厚岸湖に隠されていた官軍の艦隊を撃滅。浜中町を占領。更には別当賀まで進軍して、根室攻略の準備を整えた。
雪がしんしん降りそそぐ夜。カネスケは、側近たちを自分の宿舎へ呼んで、根室攻略戦の作戦を練った。結夏、AIM参謀部のウヌカル、龍二、龍二に紹介された雪路、戦闘中に仲良くなった小隊長の傭兵ウラジーミル、彼らはカネスケを慕う特に信頼の置けるメンツだ。
ウヌカルがカネスケを褒める。


「小伏竜どの。先の戦は見事だったぞ。」


カネスケは笑う。


「また新しいニックネームが増えましたね。その小伏竜とはいったいなんなのですか?」


「伏竜とは、かつて中国三国志の諸葛亮公明のあだ名。現代日本でいう伏竜は、紛れもなくあんたらのとこの諸葛真に違いない。そして、それを追いかけるかのごとき才能を感じるのがあんただ。だから小伏竜なのだ。」


カネスケは嬉しそうだ。


「いや、そんな大した者じゃないですよ。」


雪路もカネスケを褒める。


「私も、直江さんは小伏竜と異名で呼ばれてもおかしくないと思いました。」


「そ、そうか?」


カネスケはつい自惚れそうになっている。そんな彼を結夏が叱咤する。


「また調子乗ってる。」


「だって久しぶりに仕事で褒められたからさ。」


「小なんだっけ?
私もそれで呼ぼうかな。」


カネスケはニヤリと笑う。


「ん、褒めてくれてるの?」


結夏は、笑いを堪えながら答える。


「そ、ん、な、わ、け、な、い、よ!」


そう言うと、カネスケは彼女の頭を撫でた。結夏もお返しに、カネスケの肩を優しくグーパンした。こうなり始めると、カネスケはプライベートモードになってしまう。このことを知っていた龍二は、場を引き締めるために仕事の話に切り込んだ。


「カネスケ。根室で待ち構えている官軍の将は、元紋別騎兵隊にいた佐藤大我という男だ。情報によれば、野戦の名手だというがどう戦う?」


浮かれていたカネスケは、龍二の心情を読み取ったのか、徐々に仕事モードへ切り替わった。


「ウヌカルどの、あなたが佐藤の立場ならどのように戦いますか?」


ウヌカルは考える。



「温根沼と長節湖の間の狭小地で、防御線を作り持久戦に持ち込む。そして網走から援軍を呼び寄せて、我らを挟み撃ちとするだろう。」


「同じ考えですな。恐らくは我らが釧路を陥落させた時点で、その準備は進めているでしょう。そうだろウラジーミル?」


ウラジーミルは答える。


「はい。先ほどわが配下の情報によりますと、もうすでに塹壕が築かれていて、真っ向勝負をしにくい状況にあります。」


ウヌカルは言う。


「どうする?海から攻め込むか?」


カネスケは答えた。


「もちろんそのつもりだ。しかし、我らが背後から攻めてくるかもしれないということは、敵も予測しているでしょう。」


「うーん確かにな。」


「そこでです。
敵にあえて見つかるような航路で、劣り部隊を太平洋側から歯舞方面に向かわせます。
すると敵は、またAIMは軍を二手に分けて背後を突くと思うでしょう。
そして、塹壕を守る兵の一部を歯舞側へ向かわせるはずです。」


「その手薄になった塹壕を攻め滅ぼすってことかな?」


「いえ、塹壕崩しは総仕上げです。
塹壕を潰せるだけの兵隊を落石あたりに待機させ、本体はオホーツク海側にある温根沼大橋の跡地をイカダで渡り、そこから北上して直接根室を占領します。
そして、歯舞側にいる囮部隊と合流して敵を各個撃破。佐藤を討ち取り、内側から塹壕を破壊します。」


「面白い策ではあるが、温根沼大橋跡地も渡海しやすい場所。敵も十分警戒しているのではないか?」


「実はそこも調査済みです。オホーツク海の制海権は、官軍にございます。だからわざわざそんな海をAIMが渡ってくるとは考えていないようです。密偵からの報告では、警察レベルの警備隊しか置いていないようです。」


ウヌカルは目を見開いた。


「仕事が早いな。それならば攻撃の絶好スポットというわけか。しかしイカダはどうするのだ?」


「すでに手配しております。ここら釧路一体も元々はAIMの領有していたところ。職人に依頼したらすぐに承諾してもらえたのです。もうじき完成したものが陣営に運び込まれるでしょう。」


「そこまで手を回しておったか。小伏竜抜かりなしだな。」


「作戦はそれでいく。そして人選だが、まずウヌカルどのと龍二、雪路はこの本陣に残り、1万の兵士と共に塹壕戦に着手して頂きたい。そして太平洋沿いを歯舞へ向かう劣り艦隊は、ウラジーミルに任せる。」


龍二が尋ねる。


「本体はどうする?まさかの総大将直々か?」


カネスケは答える。


「その通りだ。俺と結夏が8千の精鋭を率いて温根沼を渡り、根室を陥落させる。」


カネスケが作戦の発表を終えたあたりで、イカダが運び込まれた報告が入る。作戦会議がおひらきになると、それぞれが持ち場へと向かった。
特にウラジーミルは時間がなかったため、急ぎ艦隊へと向かい、部下と共に密かに出港した。





カネスケは、配下の兵隊に準備の指示を出してから、しばらく宿舎の換気扇の下でタバコを吸う。彼の頭の中は、戦略のことで埋め尽くされていた。
学生の頃から、ボードゲームや戦争シュミレーションゲームが好きで、よく遊んでいたものだが、まさかリアルの戦場に来るなんて、当時のカネスケは思いもしなかっただろう。換気扇に吸い込まれていく煙を見つめていると、ふとそんな昔のことが頭によぎった。
彼の携帯のメールボックスは、参謀になって以来ずっと通知が鳴り止むことを知らない。偵察部隊の次は直属の部下、部下の次は隊長、その次は武器業者。様々な方面から多くの連絡が入る。営業マン時代も大量のメールを毎朝さばいていたが、それとの比にならないくらいのメールに、さすがのカネスケも疲労が溜まり始めていた。
支給品のコーヒーを飲みながらメールを見ていると部屋をノックする音が聞こえた。どうやら結夏が来たようである。カネスケは、彼女に入るように伝えた。
結夏は部屋に入る。


「どうしたの急に呼び出して?」


「まあ、とりあえずタバコ吸えよ。」


結夏は持っていたタバコを取り出すと、換気扇の下で火をつけた。 二つの煙が混じり合っていく部屋は、参謀会議には無い安息感が生まれている。


「小伏竜さん、髪の毛がプリンになってきてますよ!」


「染め直してる暇なんてなかっただろ。」


山寺にいた時だろうか。結夏に頼んで鮮やかな金髪に染め直してもらって以来、全く手を付ける余裕がなかった。
カネスケは結夏の髪を見た。彼女の髪は当時と変わりなく、綺麗なオレンジ色を放っている。


「いつ染めてんだよ?」


「さあいつでしょう?」


「わかった!あの2日酔いの日だな!」


「正解!よくわかったね!」


「ヤケに染髪剤の匂いがしたもんな。」


「そんなしなかったと思うけど。どんだけ嗅いでるの?」


「どんだけ嗅がせてきてんだよ。」


「は?うっざ。」


カネスケは、それを聞き流して話題を変える。


「たまに不安になるんだよな。」


急にテンションが変わったカネスケに結夏は困惑する。
カネスケは言葉を付け足す。


「ほら将来のことだよ。」


「珍しいね。カネちゃんがそういう話するの。」


「そうか?
いつもは蒼がそんなこと漏らす時に励ましてるから、そんな風に見えないかも知れないけど、俺も結構悩んでたりするんだぜ。」


「カネちゃんはどうなりたいの?」


カネスケは、窓の外の雪を見つめながら考えていた。部屋の中にしばらく沈黙が続いた後、彼は再び話だす。


「わからねえ。ノリで付いてきて、やってみたかったこともできて、それに面白い奴らとも出会えて。なんだかんだ人生は楽しんでる。
けど約半年前までは、そこそこ出世して高給取りになって、美人の嫁もらって、世間一般でいうちょっとお金持ってる一般家庭に憧れていた。
そこから考えると、あまりにもぶっ飛びすぎた。」


カネスケは吸い殻を灰皿に置くと、タバコをもう一本口に咥えて火をつけた。


「もう後戻りのできないところまで来ちまったんだよ。なんと言っても、母国では指名手配犯なんだしな。」


カネスケは、ちょっとだけ寂しそうな表情を浮かべた。普段の彼が、絶対に見せることのないような表情である。結夏は、彼の話を聞き終えるとタバコの火を消した。


「実は私も同じことで悩むことあるよ。」


カネスケは、真面目な表情の彼女を見た。


「私だって、元々は東京でずっと美容師やって、普通に結婚して家族作って、幸せになることが夢だった。
山形に移ってからも、流姫乃と仕事しながら、灯恵と静かに暮らしていくつもりだった。
確かに今の仲間といることも幸せだけど、目指していた理想とかけ離れているっていう違和感はよくわかるの。」


カネスケは何も言わず、ただただ彼女の話に耳を傾け続けた。彼女も同じく、もう一本タバコを咥えて、カネスケのライターで火をつける。
そして悲しげに俯く。

「運命はそうさせてはくれなかった...。」


カネスケは天井を見ながらボヤいた。


「運命か...。」


「けどさ、過去は変えられないけど未来は変えていける。それに蒼がよく言ってることそのまま使わせてもらうと、『自分が欲しいと思って行動し続ければ、どんなものだって手に入れることができるはずだ』。」


カネスケは苦笑いをする。


「そういう堅苦しい台詞、結夏は似合わないよな。」


「確かにちょっと無理くりだったかも。でも私が言いたかったことは、自分を信じて進み続けたら、きっと納得のできる場所へ行きつけるはずってこと。」


カネスケは、再び彼女の目を見る。


「真剣な話に付き合ってくれてありがとな。ちょっと気持ちが落ち着いたよ。」


結夏の表情が和らぐ。


「ふふ、どういたしまして。」


「ただ、一つだけハッキリとわかることがあった。」


結夏は首を傾げる。


「どんなこと?」


カネスケは、力強く言う。


「俺はこれからも革命団の仲間と一緒にいたい。そして、結夏がそばにいて欲しいってこと。」


結夏が次の言葉に迷っている時に、カネスケはもう一言付け足した。


「好きだよ。」


結夏は、その言葉を聞いたあと、少し照れ臭そうにしている。


「なんだ...両思いだったんだ...。」


緊張がほぐれたのか、急に涙ぐむ彼女をカネスケは優しく支えてあげた。
普段から一緒に行動することも多く、ふざけてこういう感じになったことも実はあった。けども改めてこういう形で決着がついたことで、カネスケも結夏も感情に整理をつけることができた。
それから数時間が経過した頃、カネスケと結夏は準備を整えて部屋を出る。すると、雪路が宿舎に急ぎ戻ってきていた。ウラジーミルが引き付けに成功したことで、敵の本陣に変化が出始めたことを知らせに来たようだ。
雪路は、内容を一通り伝える。それから、カネスケのスッキリとした表情を見た。


「何か良いことでもあったんですか?」


カネスケはその答えに返答せず、ただ一言発する。


「この戦、勝てるぞ。」


そしてカネスケは、配下の兵士の待つ場所へ、結夏と共に向かって行った。





翌日の日の出前。カネスケ自ら引き連れた8千の部隊は、シロカラモイ岬から遠くに見える、寝静まった根室の街を見渡した。
そして全兵士に総攻撃の檄を飛ばす。
8千のAIM軍はスノーモービル部隊を先頭に、一斉に根室の街を襲撃。 塹壕と艦隊に気をとられていた官軍の留守部隊は、戦う準備などしていなかった。故に、あっという間に根室司令部はAIMの手に落ちる。
次々と押し寄せる兵隊の足音とスノーモービルの排気音、そして爆撃音によって根室の街は騒然となり、朝日が昇る前に朝を迎えてしまったかのようであった。
雪路からの連絡によれば、西和田付近に陣を張っている佐藤率いる官軍塹壕部隊も、騒然となり始めているようだ。
彼曰く、ウヌカルがすぐにでも塹壕を攻撃したいと言っているようだが、カネスケはそれに待ったをかけさせた。それから囮艦隊のウラジーミルに上陸の指示を出して、騙されて歯舞防衛へ向かった官軍別働隊に攻撃を仕掛けさせた。
カネスケは、ウラジーミルと官軍別働隊が戦い始めたのを見計らって、根室にいる軍の8割を率いて北上。ウラジーミルたちと共に、官軍別働隊を挟み撃ちにして全滅させた。
別働隊を助けに行きたい官軍陣営であったが、動かずに睨みを利かせているAIM本体に気をとられて、迂闊に塹壕を捨てて引き返すことができずに終わってしまう。
カネスケはウラジーミルと合流。そのまま軍を一気に南下させて、塹壕の背後から佐藤のいる本陣に攻撃を仕掛けさせた。
佐藤は精鋭を率いて出陣して北上。和田神社周辺で、カネスケ率いるAIM軍と野戦を展開した。
野戦に強い佐藤に率いられた官軍部隊は、数に勝るAIM軍を相手に善戦をして、時にカネスケらを押し返すこともあった。
だがカネスケは、ここぞとばかりにウヌカルへ塹壕総攻撃の指令を出した。ウヌカルは、待っていましたとばかりに、1万の兵とともに塹壕を総攻撃。そうすると、如何しようも無い佐藤率いる官軍は崩壊。 佐藤は敗走中に龍二の手によって討ち取られ、塹壕もAIM軍の迫撃砲と手榴弾によって破壊されて更地となった。
ウヌカル達と合流したカネスケは、改めて根室を制圧。そのまま納沙布岬まで侵攻して、残党を全て降伏させて岬にAIMの旗を打ち立てた。
そして一夜を過ごしてから、根室をウヌカルに任せると、アイトゥレの待つ釧路まで、結夏、ウラジミール、龍二、雪路、そして1万の兵士らと共に戻るのだった。






釧路、そして根室までも陥落したことにより、道東の官軍による統治は、ほとんど麻痺状態となった。
カネスケと合流したアイトゥレは、標茶、別海、標津、中標津、羅臼と道東の街を次々に降伏させ、道東南部および知床半島の領有に成功することになった。
その頃、蒼やサクたちは、帯広へ戻り網走攻略戦に向けての準備に入る。イソンノアシ曰く、明後日には網走へ向けて進軍を始めるのだという。
そしてカネスケもまた、アイトゥレの参謀として、網走を守る天然要害である阿寒摩周国立公園、および屈斜路湖の攻略へ向けて軍を北進させたのであった。







(第三十八幕.完)


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

・北生 蒼(きたき そう)

本作シリーズの主人公であり、青の革命団のリーダー。

劣悪な家庭環境と冴えない人生から、社会に恨みを抱いている。

革命家に憧れて、この国を変えようと立ち上がる。

登場時は、大手商社の窓際族で、野心家の陰キャラサラリーマン。

深い闇を抱えており、猜疑心が強い。

自身や仲間を守るためになら手段を選ばず、敵に残忍な制裁を加えて仲間から咎められることも多い。

非常に癖のある性格の持ち主ではあるが、仲間に支えられながら成長していく。

仙台にて潜伏生活中に、恋心を抱いていた紗宙に告白。

無事に彼女と恋人関係になった。



・袖ノ海 紗宙(そでのうみ さら)

青の革命団メンバー。

蒼の地元の先輩であり、幼馴染でもある。

婚約者と別れたことがきっかけで、有名大学病院の医療事務を退社。

地元に戻ってコンビニでバイトをしていた。

頭も良くて普段はクールだが、弟や仲間思いの優しい性格。

絶世の美人で、とにかくモテる。

ある事件がきっかけで、蒼と共に旅をすることになる。

旅の途中でヒドゥラ教団に拉致監禁されるが、蒼たち青の革命団によって無事救出される。

そして蒼からの告白を受け入れ、彼とは恋人同士の関係になった。


・直江 鐘ノ助(なおえ かねのすけ)

青の革命団メンバー。

蒼の大学時代の親友で、愛称はカネスケ。

登場時は、大手商社の営業マン。

学生時代は、陰キャラグループに所属する陽キャラという謎の立ち位置。

テンションが高くノリが良い。

仕事が好きで、かつては出世コースにいたこともある。

プライベートではお調子者ではあるが、仕事になると本領を発揮するタイプ。

蒼の誘いに乗って、共に旅をすることになる。

結夏に好意を抱いており、典一とは恋のライバルである。


・諸葛 真(しょかつ しん)

青の革命団メンバー。

蒼が通っていた自己啓発セミナーの講師。

かつては国連軍の軍事顧問を務めていた天才。

蒼とカネスケに新しい国を作るべきだと提唱した人。

冷静でポジティブな性格。

どんな状況に陥っても、革命団に勝機をもたらす策を打ち出す。

蒼の説得により、共に旅をすることになる。

彼のおかげで今の革命団があると言っても良いくらい、その存在感と功績は大きい。

革命団のメンバーからは、先生と呼ばれ親しまれている。


・河北 典一(かほく てんいち)

青の革命団メンバー。

沼田の町で、格闘技の道場を開いていた格闘家。

ヒドゥラ教団の信者に殺されかけたところを蒼に助けられる。

それがきっかけで、青の革命団に入団。

自動車整備士の資格を持っている。

抜けているところもあるが、革命団1の腕っ節の持ち主。

忠誠心も強く、仲間思いで頼りになる存在でもある。

カネスケとは結夏を巡って争うことがあるが、喧嘩するほど仲が良いと言った関係である。


・市ヶ谷 結夏(いちがや ゆな)

青の革命団メンバー。

山形の美容院で働いていたギャル美容師。

勝気でハツラツとしているが、娘思いで感情的になることもある。

手先が器用で運動神経が良い。

灯恵の義理の母だが、どちらかといえば姉のような存在。

元は東京に住んでいたが、教団から命を狙われたことがきっかけで山形まで逃れる。

流姫乃と灯恵の救出作戦がきっかけで、革命団と行動を共にするようになる。

山寺の修行で投げナイフの技術を取得。持ち前のセンスを活かして、革命団の危機を何度も救った。

蒼や先生は、彼女のことを天才肌だと高評価している。

革命団のムードメーカー的存在でもある。


・市ヶ谷 灯恵(いちがや ともえ)

青の革命団メンバー。

結夏の義理の娘。

家出をして生き倒れになっていたところを結夏に助けられた。

15歳とは思えない度胸の持ち主。

コミュ力が高い。

少々やんちゃではあるが、芯の通った強い優しさも兼ね備えている。

秋田公国に拉致されたところ、革命団に助けれる。

それがきっかけで、共に行動することになる。

戦場では戦えないものの、交友関係を作ったりと、陰ながら革命団を支えている。

先生から才を認められ、彼の弟子のような存在になりつつもある。


・関戸 龍二(せきど りゅうじ)

青の革命団メンバー。

『奥州の龍』という異名で恐れられた伝説の不良。

達也に親族を人質に取られ、止むを得ず暴走天使に従っていた。

蒼と刃を交えた時、彼のことを認める。

革命団が達也から両親を救出してくれたことに恩を感じ、青の革命団への加入を決める。

寡黙で一見怖そうだが意外と真面目。

そして、人の話を親身になって聞ける優しさを兼ね備えている。

蒼にとって、カネスケと同等に真面目な相談ができる存在となる。

真冬の北海道でもバイクを乗り回すほどのバイク好き。


・酒々井 雪路 (しすい ゆきじ)

青の革命団メンバー。

かつては政治家を目指して、東京の大学で法律を学んでいたが、少数民族の為に戦いたいという思いから北海道へ渡り、AIMに参加する。

ツーリングが趣味で、それ故に機動部隊へと配属されてしまう。

だが、そこで龍二と出会い、彼の紹介で青の革命団へと加入。蒼や先生とともに、新国家の憲法作成することになった。



※第三十八幕から登場

・イカシリ

青の革命団メンバー。

AIM軍の腕利きのスナイパーで、アイヒカンの部隊に所属していた。

射撃の腕は一流で、雪愛(美咲)から密かにライバル視されている。

南富良野で蒼と一緒に戦った時、彼に才能を認められ、次第と行動を共にすることが多くなる。そしていつの間にか、蒼の配下のスナイパーとなり、彼の元で官軍と壮絶な銃撃戦を行う。

服が好きで、アイヌの伝統衣装を自分でアレンジして作った服を着こなしている。



※第三十六幕から登場

・間宮 恋白 (まみや こはく)

青の革命団メンバー。

麟太郎の娘で、年齢は4歳。

生まれたばかりの頃、麟太郎が官軍に捕えられてしまい、母子家庭で育つ。

紋別騎兵隊が街に侵攻した時、母親を殺され、更には自分も命を狙われるが、サクの手により助けられた。

それから灯恵の力により、北見の街を脱出して、一命を取り留める。

命の恩人でもある灯恵のことを慕っている。また彼女から実の妹のように可愛がられており、「こはきゅ」という愛称で呼ばれている。



※第四十四幕から登場

・間宮 麟太郎 (まみや りんたろう)

青の革命団メンバー。

恋白の父親で、元銀行員。

網走監獄に捕らえられていたが、AIMの手により助け出された。

娘が灯恵により助けられたことを知り、何か恩返しがしたいと青の革命団に参加する。

経済について詳しく、蒼からは次期経済担当大臣として、重宝されることになる。

また長治とは、監獄で共に生活していたので仲が良い。



※第五十一幕から登場

・許原 長治 (ゆるしはら ちょうじ)

青の革命団メンバー。

元力士。北海道を武者修行していた時、AIMに協力したことがきっかけで、網走監獄に捕らえられていた。

囚人達からの人望が熱く、彼らをまとめ上げる役を担っていた。

AIMに助けられた後は、青の革命団に興味を持ち、自ら志願する。

典一と互角にやりあうほど喧嘩が強く、蒼や先生からの期待は厚い。

監獄を共に生き抜いた間宮と、その娘の恋白とは仲が良い。



※第四十三幕から登場

・レオン

紗宙が飼っている茶白猫。

元は帯広市内にいた野良猫であったが、紗宙と出会い、彼女に懐いてAIM軍の軍用車に忍び込む。

大雪山のAIM陣で紗宙と再会して、彼女の飼い猫になった。



※第五十二幕から登場

・石井 重也 (いしい しげや)

青の革命団メンバーであり、日本の国会議員。

矢口宗介率いる野党最大の政党、平和の党の幹事長を勤めている。

党首である矢口から命を受け、用心棒の奥平とともに北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

政治に詳しい貴重な人材として重宝され。雪路とともに、新国家の憲法作成に携わっていくこととなる。

頑固で曲がったことが嫌いな熱い性格だが、子供には優しいので、恋白から慕われている。

元青の革命党の党員でもあり、革命家の江戸清太郎と親しい関係にあった為、革命家を志す蒼に強く共感していく。



※第五十四幕から登場

・奥平 睦夫 (おくだいら むつお)

青の革命団メンバー。

平和の党の幹事長である石井の用心棒として、共に北海道へ渡航。先生の紹介で蒼と会い、革命団への加入を果たす。

石井とは青の革命党時代からの知人で、かつて彼の事務所で勤務をしていた。その頃、江戸清太郎の演説を聞きに来ていた蒼にたまたま遭遇している。

普段は物静かだが、心の中に熱い思いを持った性格。



※第五十四幕から登場

羽幌 雪愛(はほろ ゆあ)

札幌官軍三将の豊泉美咲が、AIMに潜入する為の仮の姿。

青の革命団について調査する為に、蒼や先生に探りを入れたり、時には彼らの命を狙う。

その一方で、スナイパーとしてAIM側で戦に参戦。戦力として大いに貢献。紗宙や灯恵と仲良くなり、彼女らに銃の手解きをする。

また、その関わりの中で紗宙の優しさに触れ、スパイであることに後ろめたさも生まれてしまう。

性格はポジティブで明るいが、裏に冷酷さも兼ね備えている。



※第三十五幕から登場

・矢口 宗介 (やぐち そうすけ)

国会議員で、先生の旧友。

27歳の若さで初当選を果たし、33歳で野党最大の政党である平和の党の党首まで上り詰めた。

温厚で正義感が強く、日本国を腐敗させた神導党と激しく対立。神導党の後継団体であるヒドゥラ教団から、命を狙われている。

内からの力だけでは日本国を変えられないと判断して、旧友である先生が所属する革命団に未来を託すべく、石井と奥平を北海道へと派遣した。

蒼や先生にも負けず劣らずのロン毛が特徴。



※第五十四幕から登場

・イソンノアシ

AIMの首長であり、英雄シャクシャインの末裔。

サクの父親でもあり、温厚で息子思いの性格。それ故に、AIM軍や統治領域の民衆からの人望が厚い。

諸葛真が大学生の頃、遭難から救ったことがきっかけで、彼とは親友の仲になる。

サクの和人嫌いというトラウマを克服させる為に、彼を革命団の案内役に任命した。


・サク

イソンノアシの息子で、英雄シャクシャインの末裔。

毒舌で攻撃的な性格。

実行力と統率力、そして軍才があるので、AIM関係者からの人望が厚い。また父を尊敬していて、親子の関係は良好。

しかし、交戦的で容赦がないので、札幌官軍からはマークされている。

かつては、温厚かつ親しまれる毒舌キャラだったが、恋人を官軍に殺されたから変貌。和人を軽蔑して、見下すようになったという。

殺された恋人と瓜二つの紗宙へ、淡い好意を寄せる。



・ミナ

サクの元婚約者。

アイヌ民族の末裔で、自らの出自やアイヌの文化に誇りを持っており、北海道を愛していた。

2年前、裏切り者の手によってサクと共に捕らえられる。

そして、彼の目の前で、松前大坊に殺された。



※第三十三幕と第五十幕で登場

・ユワレ

サクの側近であり、幼馴染でもある。

正義感が強く、曲がったことが好きではない性格で、みんながサクを恐れて諌めようとしない中、唯一間違っていることは間違っていると言ってのける存在。

また忠義に熱く、蒼から何度も革命団への入団オファーを受けるが、全て断り続けている。



※第三十三幕から登場

・アイトゥレ

AIM幹部の筆頭格で、イソンノアシやサクの代わりに、軍の総大将を務めることも多々ある。

歴史ファンで、特に好きなのが戦国時代。お気に入りの武将は本多忠勝。

道東遠征で、共に戦うカネスケの才を見抜き、別働隊を任せるなど、彼に軍人としての経験をつませる。



※第三十八幕から登場

・京本 宗男(きょうもと むねお)

北海道知事であり、札幌官軍の代表。

日本政府の指示の元、北海道の平和を守る為に、AIMとの紛争に身を投じた。

政府に忠誠を尽くす一方で野心家でもあり、いつかは天下を取ろうと画策している。

それ故に、紛争を理由に軍備の増強を図る。

人の能力を的確に見抜き、公平な評価を下すことから、部下からの信頼は厚い。

公にはしていないがヒドゥラ教団の信者で、土龍金友のことを崇拝している。



※第三十二幕から登場

・土方 歳宗 (ひじかた とししゅう)

札幌官軍三将の筆頭で、身長190㎝超えの大男。

京本からの信頼も厚く、札幌官軍の総司令官の代理を務めることもある。

武術の達人で、国からも軍人として評価されており、一時期は先生と同じく国連軍に所属していた経験もある。

北海道の治安を守る為にAIMとの戦争で指揮を取るが、特にアイヌやAIMを憎んでいるわけではない。

部下からも慕われていて、特に美咲は彼のことを尊敬している。また彼女と同様に松前の残虐非道な行為をよく思ってはいない。



※第五十一幕から登場

・豊泉 美咲(とよいずみ みさき)

札幌官軍三将の1人。

セミロングの銀髪が特徴的なスナイパー。銃の腕前は、道内一と言われている。

性格はポジティブで、どんな相手にも気軽に話しかけられるコミュ力の持ち主。

京本からの指示を受け、青の革命団の実態調査の任務を引き受ける。

キレ者で冷酷な所もあるが、非道な行為を繰り返す同僚の松前を心底嫌っている。



※第三十ニ幕から登場

・松前 大坊(まつまえ だいぼう)

札幌官軍三将の1人。

人柄はさておき、能力を買われて三将の地位まで上り詰める。

サクの恋人を殺害した張本人。

類を見ない残忍性で、AIMおよびアイヌの人々を恐怖に陥れた。

再びAIM追討部隊の指揮官に任命され、AIMと革命団の前に立ち塞がる。



※第三十ニ幕から第五十幕まで登場

・エシャラ

イソンノアシの弟で、サクの叔父に当たる人物。

元AIMの幹部で、考え方の違いから、札幌官軍に内通して寝返る。

サクとミナを松前大坊へ引き渡し、ミナの殺害に少なからず加担した。

温厚だが、自分の信念を曲げない性格。

AIMをえりもへ追いやって以降は、松前の手先として帯広地域を統治していた。



※第三十三幕〜三十四幕で登場

・御堂尾 神威 (みどうお かむい)

紋別騎兵隊の副隊長。

日本最恐の軍隊と恐れられる騎兵隊の中でも、群を抜く武勇と統率力を誇る。

しかしその性格は、冷酷で自分勝手で俺様系。

人を恐怖で支配することに喜びを覚え、敵対した者は、1人残らず殺し、その家族や周りにいる者、全てを残忍な方法で殺害。

また、騎兵隊の支配地である紋別の町では、彼の気分次第で人が殺され、女が連れさらわれていた。

その残酷さは、松前大坊と匹敵するほど。

結夏に因縁があるのか、執拗に彼女のことを狙う。



※第四十一幕から登場


・御堂尾 寿言 (みどうお じゅごん)

神威の弟で、紋別騎兵隊の隊員。

兄と同じく残忍な性格。

兄弟揃って紋別の町にふんずりかえり、気分で町の人を殺したり、女性に乱暴なして過ごしている。

食べることが好きで、体重が100㎏を超えている大男。

兄の神威と違い、少し間抜けな所があるものの、他人を苦しめる遊びを考える天才。

大の女好き。



※第四十二幕から第四十八幕まで登場

・北広島 氷帝 (きたひろしま ひょうてい)

紋別騎兵隊の隊長で騎兵隊を最恐の殺戮集団に育て上げた男。

『絶滅主義』を掲げ、戦った相手の関係者全てをこの世から消すことを美学だと考えている。

松前大坊からの信頼も厚く、官軍での出世コースを狙っていた。



※第四十六幕から第四十九幕まで登場

・仁別 甚平 (にべつ じんべえ)

黒の系譜に選ばれた者の1人。

カニバリズムを率先して行い、雪山で焚き火をして遭難者を寄せ付け、殺害しては調理して食べる、という行為を繰り返している。

特に若い娘の肉を好んで食す。

リンに狂酔しており、彼女の興味を一心に浴びる蒼を殺そうと付け狙う。



※第四十二幕から登場

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み