なんでも雑談

エピソード文字数 2,143文字

なにを書いてもOK!

自由にいこうぜ!! うええええい!!

2019/01/26 00:07
早速立てましたな!

私もなにかあればぜひ利用させていただきたいと思います。


ふっふっふっ、せいぜい利用してやるわあぁぁぁぁぁ!!

2019/01/26 00:17
くっ……どんな方法で利用してくるというのだっ……!!
2019/01/26 00:48
まったくもってノープランでございます(震え声)
2019/01/26 00:51
ふっ、脅かしおって。

もっとも……我もだがな!

2019/01/26 00:57
好きな文章書いてけの項目が、最初からレベル高すぎてハードル上がりすぎてません? ぶっちゃけめちゃくちゃ好きです
2019/01/27 00:38
冒頭の文章と見せかけて、実は本の裏に書いてあるあらすじなんですけど。

凄く好きな文なんです。

まあ、なに書いてもいいので!

2019/01/27 01:18
なんの本か教えて頂けないでしょうか?是非とも読んでみたいので! 
2019/01/27 08:10
「夏への扉」です!
2019/01/27 09:37
ありがとうございます! 早速読んでみます!
2019/01/27 11:49
タイトルとは裏腹に、がっつりSFですがぜひ!
2019/01/27 13:15
お前たちが戦う意思を見せなければ、この星を破壊しつくすだけだ!
2019/01/28 11:03
2019/01/28 11:03

hosiazuazu

スマホから画像投稿すると向き変えられない??

 (´・ω・`)

2019/01/28 11:04
2019/01/28 11:05

hosiazuazu

だめだね (´・ω・`)
2019/01/28 11:05

お世話になっております。

ロバート・A・ハインライン『夏への扉』が出たので、せっかくだから宣伝させてもらいます(露骨な宣伝行為は嫌われますが)。

拙作『頭狂ファナティックス』は異能力バトルなのですが、その能力名をすべて創作作品からとっております。

その中で、第一部に登場する赤藤梨音という少女の能力名が『夏への扉』です。大学時代、SF研究会に所属していたので、そちらの方面の話があれば、私が管を巻きます。

2019/01/28 17:57
2019/01/28 18:03

tomorrow3

こいつです。

何かもうやりたい放題ですが、友人からは「知性はあるけど理性がない」と評されております。

そのために縁を切られたことも数えきれないほどあります。

こんな私ですが、何卒よろしくお願いします。

拙作のキャラクターはすべて「きゃらふと」さまにて制作しております。

https://charaft.com/

2019/01/28 18:05
『夏への扉』今から拝読させて頂きます! 明日も仕事なので読み切れるかわかりませんが、楽しみです!
2019/01/28 21:31
>>SF研究会に所属していた

ということはSFに詳しいのですね。興味深いです。

主にどういうことをしていたのですか?


>>「きゃらふと」

禁止事項

・キャラクター画像を利用したグッズ製作・販売


ここがクリアされるものって、なかなかないですよね。

しかしアプリ版もあるようなので、これはチェックしてみます。





2019/01/28 21:37

SF研究会、と言ってもただのオタクサークルみたいなもので、みんなで何かしらの作品を見て、感想を言い合うってだけでしたね。

ただ、趣味がニッチな方向に行っている人が多く、題材が塚本晋也「鉄男」、「serial experiments lain」(アニメ、ゲーム版の両方。部員で金を出し合ってゲーム版を購入)、トマス・ピンチョン「スロー・ラーナー」(しかも原文を強要)など、やたら骨太な作品が多かったです。

一応、SF作品を挙げましたが、全然SFに関係のない作品を鑑賞することもありました。

どこかで洋楽が好き、と書いた覚えがあるのですが、このサークルに洋楽好きが多かった関係で私も勝手に覚えたんですね。

2019/01/29 08:19
なるほどです。

小説にかぎらず、いろいろ見たわけですね。まわりにSF好きがいないので、羨ましいです。


といっても、俺はSFにわかなので、その場にいたらついていけるかわからないですけど (´・ω・`)

2019/01/29 12:18

なんていうか、普通のオタクサークルにすら馴染めないはぐれ者が集まっているところでした。

普通、変り者は淘汰されていくものですが、そのサークルは変なのしかいなかったので、毎年、新入生が入ってきても、一ヶ月後にはまともな人間が消えて、変なのが二三人しか残っていないという、逆転の現象が起きていましたね。

その結果、人数が少ないんで弱小サークルでしたけど、少数精鋭というか、変なのと変なのが議論して、互いの狂気を煮詰めていくという生産性のない場所でした。

2019/01/29 14:47
ありふれたところより、変わり者ばかりのところの方が好きです。

話に聞くだけでも、楽しそうです。


ちなみに、その頃の人たちとはまだ繋がっていたりするんですか?

2019/01/29 21:39

大学を出てからも繋がりはありますね。と言っても、飲み会などに集まるメンバーはもう固定されていますが。

そして予想通りというか、まっとうにサラリーマンになった人は少ないです。

医者や公認会計士がいる反面、説明が難しい特殊技術の必要な分野に行った人や無職もいます。

私自身、ゲーム業界の特殊な分野のさらに特殊な事業を行っているので、自分の仕事を説明しても、大抵の人は理解してくれません。

2019/01/29 22:24

話逸れて申し訳ないんですけど、作者お気に入りのボタンめっちゃわかりにくいところにありますね。正直、私もここの仕様を十全に理解しているわけではないのですが。

あと、自分のキャラクター投票の星の数を確認するときがあるのですが、自分のページに表示されないのくっそ不便ですね。

2019/01/29 22:45
>>予想通りというか、まっとうにサラリーマンになった人は少ない

手に職をつけるか、無職になるか。

やっぱりそうなるんですね。自分もそっちの口ですかね。

しかし、今無職でも何らかの道に進める可能性もあるのが、突き進んだ変人だと思います。

(褒め言葉です!)


>>作者お気に入りのボタン

色のせいもあるかもですね。

気づきにくい。

2019/01/30 10:44

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色