文字数 1,533文字

 目を開けると、見慣(みな)れた天井(てんじょう)が見える。体に馴染(なじ)んだベッドの上にコータローは横たわっている。ここは自分の部屋だ。知らない都会の公園でも、薄暗い森の中でも、石畳(いしだたみ)路地裏(ろじうら)でもない。コータローは上体を起こして、目覚まし時計を見る。6時25分。目覚まし時計が鳴り出す前に目を()ますなんて、普通じゃ有り得ない。6時間は寝ている。それ(ほど)睡眠時間が短い(わけ)じゃない。なのに頭も体も重い。ベッドの上で宙を見つめて(しばら)くぼんやりする。
 何だか、すっきりしない。あれは何だったんだ?夢だ。そりゃ、夢だと分かっている。だが、それにしては、やけに手が込んでいて、その上何だか説教されている感じだった。
 朝に余裕は無い。コータローは気分を切り替えると、勢いよくベッドを降りて学校に行く身支度(みじたく)を始める。いつもの(よう)にそうしながら、頭の中はまだ夢に引っ張られている。
 ブヨブヨのモンスターは自分の分身だった。格好(かっこう)悪いのは、自身に対するコンプレックスの表れだろうか?まあ、態度と性格が卑屈(ひくつ)なのは確かだろう。だけど、エカテリーナは何だ?自分の中に自覚していない『白人大好きな自分』がいるのか?いやいや、正確には、『金髪大好きな自分』か?それも、幼女から年上までってなんだよ。彼女等のお願いは、どこから()いて来たんだ?もし、万一、百歩(ゆず)って、自分が金髪大好きだったとしても、あんな手の込んだ設定()らないだろ。普通に仲良く、イチャイチャする夢で充分だ。
 考えてもキリがないので、荷物を持って、リビングに向かう。
「おはよ。」
 朝飯の支度(したく)をしている母ちゃんの背中に向けて挨拶(あいさつ)する。
「コーちゃん、パジャマ洗うから、洗濯籠(せんたくかご)に出しておいて。」
 ちらりと目の(はし)でコータローの存在を確認すると、背中を向け直して、料理をしながら言い放つ。
「え~。」
 思いっきり面倒臭(めんどくさ)いのを表明するが、完全無視だ。
 パジャマ、部屋に置いてきちゃったじゃないか、また取りに戻るのかよ。
「とーちゃん、会社はよ。」
 父ちゃんは普段着のまま、ソファでくつろいでいる。
「今日は、リモート。」
「チッ。」
 通勤しなくて良いからって、いい気なもんだ。
 コータローは、荷物をリビングに放り出すと、自分の部屋に取って返す。
 学校もリモートで良くないか?いちいち集まらなくても、オンライン授業で良いじゃないか。そうすりゃ、高山に会わずに済む。あいつが、石川さんに会う事も無い。あ、でも、俺も石川さんに会う機会が無くなるか。SNSでやり取りする関係じゃないし。あれ?もしかして、お願いしたら俺とSNSやってくれるかな?
 パジャマを洗濯籠(せんたくかご)に放り込み、そのまま洗面台で歯を(みが)く。
 結局、行動しなきゃ駄目だ。逃げてちゃいけないんだ。高山にも宣言して、石川さんとも…、チャンスがあるかな。どうやってチャンスを作ればいい?夢で決心した様には上手(うま)くいかないか。
 歯を(みが)きながら、洗面台の(かがみ)(うつ)る自分の顔を見る。寝ぼけた様な締まりのない顔が映っている。
 これじゃ駄目だ。もっと気合いれなきゃ。
 磨く手を止め、両手で(ほお)をパンパンと二度(たた)く。もう一度、鏡に映る自分の顔をまじまじと見る。
 少しは気合入ったか?まずは、高山に宣言だ。あと、自分の意思はしっかり持って。
 歯磨きは、適当な所でやめて口をゆすぐ。今度は顔を洗って、もう一度自分の顔を鏡に映してみる。
 まだまだだ。全然気合が入らない。そう言えば、誰かに後悔しないようにって言われた気がする。このままじゃ、明日の朝も同じ様に、この鏡の前で『今日こそ』って思っている自分がきっといる。早くも弱気モードに突入だ。
 たまに気合注入してもらうのに、エカテリーナと会うのも良いかもな。
 鏡を(のぞ)いたまま、コータローはにやりと笑った。

      了
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み