第一四.五話 虎に翼【織田信秀】

エピソード文字数 2,697文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月下旬 尾張国(おわりのくに) 古渡(ふるわたり)城 織田信秀

 我が娘はいったい何を……それはどういう意味だ?
 隣に控える平手中務(なかつかさ)(政秀)も怪訝そうな顔をしている。

(きつ)、すまぬがもう一度言ってくれ」
 娘の吉に問い質す。
「父上を助けるため、ワシは元服したいのじゃ」
 元服をしたい意味は分かる。
 昔から、吉は女だてらにワシの手伝いをしたい、とせがんでいたからな。
 むろん、賛成できるかどうかは別として。

 問題は、勘十郎(かんじゅうろう)云々という言葉だ。
「その次に何と言った?」
「ワシに勘十郎(織田信行)をくれ」
 勘十郎をくれ、とはどのような意味だろうか。
 吉は聡明な子であるのだが、発する言葉が少なく意味の分からぬことも多い。
「くれとは、いかなる意味ぞ?」
「ワシの養子に。才ある勘十郎を死なせたくないのじゃ」

 なるほど。勘十郎を養子にほしい、という意味であったか。
 だが、意図がよく分からない。そして『死なせたくない』とは?
 勘十郎は通常であれば、我が弾正忠(だんじょうのじょう)家を継ぐ身。だが、優秀な吉の存在もあって、勘十郎を嫡子とは決めかねている。
 少し話を変えてみようか。

「しばし待て。吉は女子ではないか。優れた男と添い遂げるのも良いと思うぞ。斎藤新九郎(義龍(よしたつ))でなくてよい。滝川左近に嫁ぐのは如何(いかが)だ?」
「ワシが左近の嫁に!?」
 大人顔負けの知識や洞察力を有する吉も、さすがに色恋沙汰には疎いようだ。顔色を変えたな。
 なるほど……やはりこの線で進めるか。

「吉は、左近を好いておらぬのか?」
「好くということを知らぬゆえ分からぬ」
「吉、ワシと左近のどちらと一緒にいるのが、心地よいか?」
「左近じゃ」
「それが好くということだ」
「父上は、ワシが左近を好いておるというのか?」
「うむ。間違いなく、吉は左近を好いておる」
「……」

 なるほど。やはりウブだな。もうひと押しだろうか。
「吉、いかがだろう? 左近の嫁に行くのは。それとも、左近を婿にしてもよいぞ」
「父上がワシの身を案じるのは嬉しいが、ワシと左近を戦に使え。うつけどもを一掃できるはずじゃ」
「しかし、女子の身では無理ではないか?」
「父上は、三韓征伐の気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)神功皇后(じんぐうこうごう))を愚弄するのか?」
「そういうわけではないが……」

「ワシに力があれば、戦に出ても良いのじゃな?」
 くっ。百戦練磨のこのワシが、年端もいかぬ我が娘に言い負かされるとは。いつから、これほどまで(したた)かになったのだ?
 いや、実力を隠していたのが、ここ一月で開花したのだろう。
「力があれば……許す。しかし、勘十郎を養子にとはいかなる意味だ?」
「勘十郎は治世の能臣じゃ。乱世では周囲に流されて危ういぞ。それがわからぬ父上か?」

 よく見えている。ワシの見たてと同じだ。しかし、小娘が果たして乱世を生き抜けるのか?
 ひとつ脅してみるか。
「黙れ! 父を愚弄するかァア!」と一喝する。
「父上の目はなにを見てるのじゃ? 盲目ならば隠居して側室でも抱いておれ。ワシが尾張どころか日ノ本全てを平らげてくれようぞ」
 吉は恫喝に怯えるどころか、全く動じない。なんという肝の据わり方だろう。

「吉の目に何が見えるというのだ。言えッ!」
「決して(ちゅう)しないと誓うならば言う」
 ん? どういうことだ?
「誓う」
「されば……母上、林佐渡(秀貞)、林美作(みまさか)通具(みちとも))。犬山(織田信清)も安祥(あんじょう)の兄者(織田信広)も危ういのじゃ」
「……」

 なるほど。自分の敵を見抜いているが、ワシに彼らを誅してはならぬ、ということか。
「母上は古渡へ。佐渡と美作は才があるゆえ、勝てぬ戦はせぬ。ワシが力をつければ黙るはずじゃ。犬山と兄者になら負けはせぬが、今川と同心すると厄介なのじゃ」
 悔しいほどに見えている。
 やはり手法はともあれ、吉にワシの後を継がせるべきなのだろうか。

「勘十郎は、養子でなければいかぬのか? ヌシの配下ではいかがか?」
「子が親を(ちゅう)するのは、名分が立たぬゆえ配下より安全なのじゃ」
「しかし、ヌシの(ちゃく)はどうする?」
「戦をなくせば子を産める。産めねば才ある養子を迎えるまで」
「相わかった。力を見せよ。見せればまずは元服を許す。嫡についてはそのあと改めてだ。いかに力を見せる所存か?」
「ワシと父上で試し戦をするのはどうじゃ?」

 吉が、政だけでなく、戦にも才を見せるようであれば、嫡は決まりかもな。
 頃合も丁度いい。やらせてみるか。
「よかろう。委細は中務(平手政秀)と決めよ」
「父上、お願いの儀があるのじゃ」
「話せ」
「試し戦の際に、改良した種子島を父上に見せたいのじゃ」
「左近の仕儀か? 許す。下がってよい」
「はっ! ありがたき幸せ!」
 ニコッと微笑むと吉は退出していった。肩にずっしりとした疲労感を覚える。

「中務、あやつは何者だ?」中務に尋ねる。
「殿の最愛の姫でありましょう」
「ヌシの(もり)賜物(たまもの)か?」
(おの)ずとですな」

「勘十郎をどうみる」
「姫様の見立てに間違いないかと」
(とんび)が鷹を産むというが、虎は何を産むのだ?」
「されば、翼の生えた虎」

「異形だな」
「全くもって」
「左近をどうみる?」
「得体の知れぬところはありますが、姫様の力を引き出し、役に立つことは間違いないかと」
 中務のいうとおり、滝川左近が吉の傍に控えていることが、吉の実力を開花させたのは明らかだ。

「左近もまた異形であるかな」
「左様で」
「ワシは吉と左近に勝てるか?」
「勝てぬとは言いませんが分が悪いでしょう。翼の生えた虎相手です」

「吉の幸せはどこにあると思うか」
「姫様の思うままにさせることでしょう。試し戦、負けてやりますか?」

「わざと負けるのは、吉のためにならぬゆえできぬ。それに恐らく、吉に見抜かれるわ。ワハハ」
「わはは。虎も子を千尋(せんじん)の谷に落とすのですな」
 吉のことだから、おそらく試し戦もかなりの実力を見せることだろう。だがワシも、尾張の虎と(うた)われた歴戦の(つわもの)だ。
 愛する我が娘相手とはいえ、簡単には負けてやるわけにはいかぬ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み