第七話 攻めの三左と火縄銃

エピソード文字数 3,361文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

「父上も爺も(したた)かであったが、嫁入りの一年間の猶予と、那古野周囲の一万貫の所領を(たまわ)ったのじゃ」
「殿、さすがです!」
「これはこれは、めでたいですな、うふ」
 牛一を交えて一週間近く徹夜も辞さず作成した資料を元に、昨日信長ちゃんが信パパに対して、外交、軍事、商業、農業、工業に関する献策を行なったことに対しての結果だ。
 信長ちゃんも懸念していた政略結婚を、ひとまず回避できたので満足そうな笑顔である。

 一万貫といえば約二万石に相当する。現代の価値でいえば約十億円。
 尾張経済の要地の津島と熱田を押さえている織田弾正忠(だんじょうのじょう)家はさすがにリッチだな。小学六年生の娘に十億円かよ。次元が違うぞ。
 ともあれ、信長ちゃんに一年間で成果を出してみろ、ということである。
 また、美濃の大垣城(岐阜県大垣市)は、斎藤道三(どうさん)に返還して、美濃国(みののくに)との緊張緩和を行う方針になったそうだ。

「ワシと又助(太田牛一)は『即応衆』を編成しておるから、左近は例の件を頼むのじゃ」
「はっ!」
 おれはこれからしばらくの間、旅立つことになっている。新たな配下獲得のためだ。予め牛一に書状を出しておいてもらってあるけれど、どういう結果になるのだろう。

 心配なのは、おれ滝川一益は近江で殺人を犯しているようなので、お尋ね者かもしれないってこと。だが、その時はその時として考えるしかないだろう。
 さあ気合を入れて旅立ちだ!

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 美濃国 蓮台(れんだい)(岐阜県笠松町)

「滝川左近殿ですね。ようこそ参られた」
「森三左衛門(さんざえもん)殿、よろしくお願いします。先日の贈り物はお気に召しましたか?」
 相対するのは、森三左衛門可成(よしなり)。史実で信長の信頼が厚かった『攻めの三左』である。

 年齢はおれと同じぐらいの物腰丁寧な若武者だ。だが、鍛え上げられた筋肉がひときわ目立つ。
 まだ生まれていないが、史実で本能寺の変で戦死する森蘭丸(成利(なりとし))の父となる。

 可成(よしなり)の父の森可行(よしゆき)は、美濃国守護の土岐(とき)頼芸(よりなり)の配下だった。だがマムシこと斎藤道三が、頼芸を傀儡(かいらい)としたため、道三に(くみ)することを避けて、息子の可成ともども浪人している状態だ。

 可成を信長ちゃんの配下とするため、(せき)和泉守(いずみのかみ)兼定(かねさだ)(通称之定(のさだ))の十文字(じゅうもんじ)槍を予め贈ってあるんだ。
 どのくらい価値があるのかは分からないけれど、誰もが驚くほどのしろものらしい。
『父上の泣き顔が愉快だったのじゃ』
 信長ちゃんが信パパから強奪(ごうだつ)したのである。

「我には過ぎたる名槍(めいそう)。少々困惑しております」
「いえいえ。我が殿から三左殿への気持ちです。それに、いかに名槍とはいえ、所詮は道具。道具ならば、使ってこそのものでしょう」
「確かに。おっしゃる通りです」
 困惑しているという言葉とは裏腹に、十文字槍に目の色が変わっているぞ。ここは押す一手だろう。
「どうでしょう。ひとつこの『之定(のさだ)』を振ってみせてくださいよ」

 可成は、庭に出ると之定の十文字槍を振る。
「ウォォォォ! キエェエエ! ムンッ!」
「三左殿、さすがです!」
「なじむッ! まことにッ! なじむぞぉおお! フハハハハハーッ!」
 風切り音がすごい。というより、何ですか? この野獣は? 武器を握ると性格が変わる、ってやつだな。絶対に一対一では、速攻で首を落とされそうだぞ。

「殿からの伝言です。我らの主力を率い、之定を振るって『攻めの三左』になれ(なるのじゃ)!  との事です」
「……使ってこそか……」と可成は呟く。
 もう一押しだろうか。
「ええ。之定は三左衛門殿にこそ相応(ふさわ)しい名槍です」
「分かりました。我が父は、老齢ゆえ隠居いたします。これで、守護様にも義理は立つでしょう」

 お! これは決意表明だろうな。プレゼント作戦がうまくいったようだ。
「では?」
「はい! 我はこれより織田殿に随身(ずいしん)いたします」
 攻めの三左ゲット! 史実より少し早めなのだろうか?
 ともあれ、可成には信長ちゃんの主力隊を率いてもらいましょう。
 ちなみに老齢で隠居するという三左パパの森可行(よしゆき)には、可成より三十七も歳下の森可政(よしまさ)が生まれるはずだ。戦国武将はパワフルだよなあ。

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 近江国(おうみのくに) 国友(くにとも)(滋賀県長浜市)

「左近の旦那かい? 話は聞いてるが、何の用だい?」
 ここ国友は、昨年(天文十三年)に、後の十三代将軍となる足利義輝(あしかがよしてる)に二丁の火縄銃を献上しているという。そして、四年後(天文十八年)に信長が五〇〇丁の火縄銃を注文したと伝わっている。まさに、日本を代表する火縄銃の生産拠点だ。
 おれは、鍛治職人の国友善兵衛(くにともぜんべえ)と相対している。
 年齢は四十代半ばだろうか。とてもフランクな対応だ。

「滝川左近だ。よろしくな。ところで、種子島(たねがしま)(火縄銃)は作っていないのか?」
「頼まれれば、作ってはいるがね。数は出ねえな」
 この時期、鉄砲は大名の名物や装飾品としての用途が主である。
 集団戦の武器としては使用されていない。そこで、ハッタリをかます。

「種子島を五〇〇〇丁作ってくれ」
「何ッ? まさか……そんなバカな……」
「もちろん、今すぐとは言わないが目指すところである。が! あくまでも正気だぞ」
 鉄砲を揃えておかなくては、弱小の信長ちゃんの軍は戦力が非常に厳しい。
 善兵衛が呆気にとられてるので、畳み込もう。
 二枚の紙に書いた図面を渡す。

「これを見てくれ。何だかわかるか?」
「ん……これは……何だい?」善兵衛は首を傾げる。
 図面は現代でいうダイスとタップである。火縄銃の尾栓(びせん)に使用する、雄ねじと雌ねじを加工するための工具だ。

「種子島のネジを加工するための道具だ。これから先、この道具を使え。早く加工できるうえ寸法が揃う」
「な、何と! ほうほう、なるほどな」
 この時代の製品寸法規格などは、バラバラだった。当然のごとく分業の効率も悪かったのである。

「種子島を作ってもらう以外にも、善兵衛にやってもらいたいことがある」
「な、何をすりゃよいので?」
「尾張の鍛治衆の元締をやってもらう。種子島以外にも武具を作ってもらうのだ。(せき)(岐阜県関市。刀鍛冶で有名)などから、鍛治職人を集める必要があるだろう」
 善兵衛は息を飲む。

「そのために、那古野にひとまず六百石の所領を用意した。種子島や武具は相場で買い取る。
 織田家が発注した武器以外に、農具や鍋釜などを作って売っても構わないぞ……まあ、そんな暇はそうそうないと思うが」
 あまりの好条件に善兵衛は、驚きの色を隠せない。
「願ってもねえ話だ。早速、出立(しゅったつ)の準備をするさね」

 もう一つ図面を取り出して善兵衛に渡す。様々な改良を施した火縄銃の図面だ。
「一月後までに、十丁以上……あればあるほど助かる。頼むぞ」
 善兵衛は、興味深そうに図面を見ている。職人魂を刺激したようだ。
「おっと、なかなか忙しい話じゃねえか。だが、何とかなるだろうよ。任せとけ!」

 一応、釘は刺しておこう。
「念のために言っておくが、この事が他国に漏れたら、織田にとって大変なことになるゆえ……」
「けっ! 死神左近の出番だってんだろ? 旦那には勝てねえよ。移動から何から上手くやるさ」
 まったく。牛一は、何を書状に書いたんだよ。
『死神左近』の通り名がどんどん広まっていきそうだな。交渉には有利かもしれないけれど、史実どおりの『進むも滝川、退くも滝川』を広めたいぞ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み