エピローグ1 ✿ 萌栄のお願い

文字数 925文字

殿下くん、場外! 優勝、旭チーム!
歓声が起こり、森のお囃子に人の拍手が重なる。
勝ったの・・かな?

萌栄は呆然としたまま立ち尽くしている。ただ身体は小刻みにふるえていた。


そこに鋼と発が駆け寄り・・・




萌栄ちゃん!!
萌栄!!

萌栄のそばに来た鋼と発は、満面の笑みだ。


二人の顔を交互に見くらべながら、ようやく事態が飲み込めてきた。

……はぁ。負けちまった

殿下は深い溜め息をつくと、立ち上がり、パッパッとほこりをはらう。


そして萌栄の前に歩み出ると、右手を差し出した。

おめでとう
あ…ありがとう
差し出された手を取り、二人は握手をかわす。
えっと悪かったな。試合中、ヤなこと言って
え? 何が?
だから・・・新参者とか言ったことをさ・・・
ああ、あれ作戦でしょ?

まぁね、そういうこと! じゃあな!

殿下は、ひらと手をふり、観客席へ歩いて行った。
ばんざーい、ばんざーい!!
ばんっざーい! おめでとう萌栄ちゃん。さすが、わしの孫じゃ
なにをぬかすか。ウチの優れたDNAの力じゃ
おろかものめ
未熟者め

雲水と海斗は、老体とは思えないすばやさでお互いのハゲ頭にチョップを食らわす。


二人の声は、萌栄たちのいるところまで届いた。

まったくもぅ、はずかしいなぁ
萌栄はやれやれと首を横に振った。
おめでとう、三人とも
いつの間にか、ヤスジィが萌栄たちの後ろに立っていた。
おまえたちが次の籠目だ。今度はどんな伝説が生まれるか楽しみやねぇ。精進せぇよ!
はい!
伝説つくっちゃる!
がんばります!
彼らはまだ、(めばえ)たばかり。ここからがはじまりなのだ。

そうや、籠目になると、なんでも願いを一つ叶えるというのがお約束や。


ただし忍者に関することやが、なんかあるね?

それは・・・
萌栄はすぐに返事をしたかったけれど、鋼と発を見た。
レディファーストだよ
萌栄ちゃんの願いが、おれたちの叶えたいことやぁ

ありがとう、鋼、発。


じゃぁ、お言葉に甘えさせてもらおうかな

ヤスジィから、マイクを手渡される。
発表します。わたしたちの願いは!!

萌栄はハキハキと発言した。


萌栄だけではなく、他の子たちも喜ぶだろう『願い』を。


萌栄の「お願い」が言い終わると、子どもたちの歓声が森いっぱいに響き渡った。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色