第25話 罪の告白

文字数 1,687文字

 兄の妻だった由美子と会うのは、九年ぶりだ。

 秀一(しゅういち)は由美子を見て、こっそり思った。

 (由美子さん、ちょっと太ったな)

 ふくよかだった由美子の体型は、さらにボリュームを増していた。

 今、秀一は由美子と二人で人気(ひとけ)のないベンチに座っている。
 話があるからと、由美子に連れ出されたのだ。




 「秀ちゃん、ごめんなさい」と由美子が急に謝ってきた。

 何も言わずに出て行った事だなと、秀一は勝手に想像する。

 悲しかったけど、由美子にも事情があったのだろう。もう気にしていないよと言う代わりに、笑ってうなずいた。

一輝(かずき)さんが亡くなったのは、私のせいなの」

 いきなり何を言い出すのかと、秀一はポカンとした。

「これから警察に行ってくる」

「警察?」

 由美子が顔を手で覆う。
 ただ事ではないと、やっと秀一は慌てた。

「去年、一輝さんが亡くなった時にすぐ行けばよかったのに……ホント、バカなことしちゃった……」

「……何、したの?」聞くのが怖かったが口にした途端、秀一はピンときた。

「……本家に、刑事さんが来てるみたいなんだけど、関係あるの?」

「刑事が来てるの⁈」と由美子は顔を上げた。「今? 本家に?」

「兄さんのスマホが神社で見つかった件を調べてるんだって」

 秀一は(りん)から聞いた話をそのまま伝えた。

「私じゃない! 神社になんか置いてない! 私は一輝さんのスマホを持ち出して、近くの畑の中に投げ入れただけよ!」

 悔しくってと、由美子は唇を噛んだ。

「一輝さんからやり直そうって言われて、あの日、みずほに来たんだけど……一輝さん、温室の前であの女と抱き合ってたのよ!」

 秀一は顔が赤くなった。「……真理子さん、と?」

 由美子は何度もうなずいた。ひどいと思うでしょと、目で訴えてくる。

「腹が立って、近くにあった一輝さんのスマホを持ち出したの!」

 由美子はまた、顔を覆った。

「でもまさか、こんな事になるなんて……あの人が死んじゃうなんて、思わなかった……」

「……大丈夫だよ……」秀一は弱々しい声を出した。「自首したら、罪って、軽くなるんでしょ?」

「……どうしよう、全部、私のせいにされちゃう……私がいなくなったら、賢人(けんと)が一人になっちゃう……」

 秀一の脳裏に幼かった賢人の姿が浮かんだ。
 母親と離れる寂しさを、あの子も味わうのかと思うと胸が痛くなる。

 突然、由美子に両手を掴まれた。

「秀ちゃん! 賢人のこと、お願いできる!」

 由美子の勢いに押された。
「わかった!」と即答する。涙声だ。

「賢人の面倒は、オレが見るよ!」

 由美子は「ありがとう」と、手に力を込めてきた。

野々花(ののか)さんから、秀ちゃんを味方につけた方がいいって言われたの。野々花さんね、今日は秀ちゃんが町に来るから、みんなで一緒に今後のことを話し合おうって言ってくれたの」

 秀一の手を放すと、由美子は勢いよく立ち上がった。

「刑事に捕まる前に、野々花さんと話し合わないと! 秀ちゃん、お昼になったら、私たちと一緒に野々花さんのお店に行こうね」

 秀一は承知した。
 こうなったら午後に東京に戻ることなど出来ない。
 待ち合わせに行けなくなったと、すぐ正語に連絡しなければ。

「オレ、公民館行って、メールしてくる」と、秀一も立ち上がった。

「私たちが来てることは誰にも言わないでね」と由美子は再びサングラスとマスクをつけ始める。

「私って、評判良くないみたい。一輝さんを置いて、ここから逃げ出したし……町の人と顔合わせたくないの……野々花さんぐらいよ、親身になって、気にかけてくれるの……」

 わかったと、秀一はうなずき、走り出した。

「野々花さんがもうすぐ車で迎えに来てくれるから、賢人と二人で駐車場で待ってるね!」

 背後から、由美子が声をかけてくる。
 秀一は振り返り手を振ると、また駆け出した。



 走りながら、秀一は思う。

 (由美子さん、正語(しょうご)に相談した方が、いいんじゃないかな?)

 正語なら、正しい自首のやり方を知っていそうだ。

 (持ち物とか、用意する書類とか、色々あるんだろうなあ……)

 それにしても。
 秀一は首を傾げる。

 (……スマホを盗ると、どのくらいの罪になるんだろ?)


 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み