第一幕 Οὐαὶ, οὐαὶ, οὐαὶ ――! めざめの三唱

文字数 4,830文字

20X2




 近未来、不思議なことに、予知能力を持った少女が世界各地で出現しはじめる。少女たちは事件や災害をぴたりと言い当て、世界中のSNSで話題となった。彼女たちはキリストの奇跡によって預言を授かったと固く信じられ、福音少女(ヴィヴィアン・ガールズ)と呼ばれた。福音少女の登場によってリバイバルが巻き起こり、カトリックの人口は2倍に増えた(おめでとう)。新たな時代がやってきたと喜ぶ者もいたが、むしろ終わりの時代、大変な時代がやってきたと嘆く者も多かった。人々が次々に教会へと駆け込むのは、いつだって混乱の時代だからである。
 現在、世界中に遍在する福音少女の数は450とも850とも言われているが、カトリック教皇庁が公認する至高の福音少女は七人である。

1 ストロベリー・マーセ
(アメリカ・白人)
2 ステラ・ミラー
(ブラジル・メスティーソ)
3 ニャナル
(国籍不詳・サーミ)
4 ルナ・ミルレフワーネス
(ドイツ・ユダヤ系)
5 サント・アズハル
(トルコ・イスラム系)
6 ミラクル・マリア
(アメリカ・アフリカ系)
7 ジョカ
(中国・漢民族)

ちなみにこの7という数は黙示録の7つのラッパとは何の関連もない。なぜなら8人目がもうすぐこれに加わるからである。

 福音少女はインターネットのストリーミングサイトを通じて活動している。近未来だけあってネットは地球全域にある。福音少女たちの公式チャンネル登録者数は累計三十億を越え、毎月のアフィリエイト収入はバチカンの国家予算に匹敵するほどである。もちろんグッズ収益と講演料、無税の寄付がこれに続く。

 こうした綺羅びやかで華やかな福音少女の生活に憧れて、世界中の少女たちは'神を待ちのぞむ'。キリストから預言を授かったと自称するティーンは後を絶たなかった。《福音少女になりたい女の子たち(ワナビ)》は何千回も繰り返す。いわく、今朝ものすごく不思議な幻視体験をしたと。漆黒の大海へ真紅の星が落ちゆき、大海からは血塗れ尾を持つ巨大アザラシと十七本目の角を持った神話級レヴィヤタンが飛び出してくるような……とにかくものすごく凄惨な光景を見たと(不幸なことに、彼女たちの多くは両親の通報によってドラッグ更生施設へ通うはめになった)。できそこないの黙示文学の他には、あるいはこんな調子だった。明日、どこかで大雨が降るかも……、どこかの高速道路でトラックが交通事故を起こすかも……、もしかしたら明日どこかの村で、罪もない子どもが紛争の銃撃によって命を落とすかも(そんなことは毎日必ず世界の何処かでは起こっている)。

 日本では、一昔前に流行った前世ブームの焼き直しと受け止められていた。カトリック教皇庁の認定する福音少女が数々の預言を的中させたことに対しても、大人たちの反応は冷ややかで、あれは教会と多国籍企業が手を組んで宣伝のためやっているパフォーマンスだと言う人さえあった。夢中になって狂乱する数の少ない若者たちも、宗教的には大して関心がない。ちょうど一昔前にユリゲラーのような人物が超能力者としてもてはやされたようなものだった。日本のカトリック教会は嘆いた。せめて福音少女がもう少し身近な存在になってくれれば、人々は救主イエスのもたらす無限の慈しみと恩寵のみが永遠の真実であると気づいてくれるのに……あるいはもっと日曜日に教会まで人が来てくれるようになるのにと。


                    米

 普通の人間でノンクリスチャンの少女、星野 羽海(ほしの うみ)には悩みがあった。それは近頃、中学の友人たちがしじゅうひっきりなしに「自分は特別な予知能力を持っていますよ」と仄めかすトークを送ってくることだ。

《ねえ、今日は折り畳み傘を持っていったほうがいいよ。雨が降るから》
《明日は抜き打ちテストがあるよ。数学の》

それで当たった外れたの大騒ぎ。もちろん、彼女たちに特別な予知能力はない。たとえ仲良し同士の会話のきっかけとしても、福音少女の真似事をするなんてよくないと羽海は思った。「たんぽぽはかわいらしいが、薔薇のふりをするたんぽぽは醜悪だから」(妖精の手紙)だ。他人と少しだけ違う特別な存在に憧れる気持ちは、分からなくもないけれど……。

《ニャナルの動画みた!? すごく可愛かったよ、新しいアクセが…(このトークは省略されました)》

そこへ友人から1件の新着メッセージ。
ニャナルは、七大公聖女であると同時に世界中の少女たちのファッションリーダーでもある。プロフィールは17歳の白人。国籍は不詳。好きな食べ物はラーメンで飲み物はハーバル・ティー。ちょっぴりOTAKUっぽいところもあって、そこがまたいいと評判で、奇抜なファッションを好む個性的な女の子として同世代に受け入れられている。一昔前のレディ・ガガ、日本のアイドルでいえば戸川純のような存在だ。おもな業績はドイツ地下鉄同時多発テロ、トルクメニスタン地震の予知などである。

動画を開くと、ゴスでサイケなコーデがキュートでチャームに映える色白の銀髪少女が映し出された。ニャナルだ!

「(字幕)Spiritual Kawaii Channelをご覧のみんな、あなたの隣に這い寄る預言者、ニャナルだよ♪」

(今日もかわいい~!)

3Dモデルでキネティックに構築された極彩色の美麗映像を前に、しばらく礼拝のように恍惚と画面ディスプレイに釣り込まれていた羽海だが、ふと追蹤した。

(そういえば最近のニャナル、預言を全然しなくなったような……)

最新動画にはファッション・コスメの新商品初お披露目動画がずらりと並ぶ。ほぼ毎日の投稿だ。しかし、最後の預言はいつだったろう?

(でもこの世界的ファッションブランド企業と提携してから、ニャナルは本当に楽しそうに活動してるし、べつに良いかな~)

羽海も欲しいと思ってるのだが、大学生向けで値も張りいかんせん手が出ない。そんな思案をしていたら、そのときとつぜん「天使のラッパ《アポカリプティック・サウンド》」みたいな素っ頓狂な音があたりに響いた。実はこの動画を見ながら自室への階段を登っていた羽海は不注意から足を踏み外し、階段から真っ逆さまに転落していったのだ。

(あ、死んだ)

その瞬間を羽海は、妙に冷静にそう考えていた。

ドンガラゴロゴロピシャゴロ……

こうしてスマホをながら見していた少女は、あわれ五尋の深みへと沈んでいった。(アーメン)

                    米

「あんた、何でそんなとこで寝とんの? 行儀悪い」

羽海の家は母子家庭である。母親は夜遅くまで仕事をしている。その母親が廊下で寝こけている娘を発見し、心配もよそに、呆れ気味に放った台詞だった。羽海といえば開口一番、驚きの叫びを上げた。

「ええぇぇぇ!!??」

めざめた彼女にはある変化が訪れていた。たとえ外見上は(頭頂にたんこぶができている以外は)何ら変化なくとも、聖変化とでも呼ぶべきものが彼女の体内に起こっていたのだ。

羽海は預言者になっていた。

そうとしか言えない。雛鳥は巣から大空へと羽ばたく方法を本能のうちに知っているし、母鳥は雛鳥を一人前へと育て上げるための手段を始めから知っている。同じように、羽海は自分が預言者であることを魂の感覚で知っていた。

(あたしが福音少女に!? うそ!!?) 

戸惑いながらも、羽海は(いた)く興奮した。これで有名人になれるし、人気配信者にも、ファッションモデルにも、映画スターにも、レディオ・スターにもなれる。スピリチュアル・チューターとして悩める大人に上から目線でアドバイスを送ることだってできる。そして何より、まだ誰も知らない未来の出来事について、あらかじめ識ることができるのだ。これはとてつもない優越感だった。

「じーざす!」(※感嘆)

「寝ぼけとるん? あと、今日ちゃんとご飯食べた?」

母親はいつものように、もう何度目かも知れない娘の夕食のことを心配した。

「え、うん。食べたよ……」

そう嘘を吐きながら(※羽海はダイエット中)、さっそく預言の内容を思い出そうとする。しかし母親の前ではちゃんと憶えているはずの預言が浮かんでこない。キリストも自分の故郷では奇跡がうまく起こせなかったように、自分のことをよく知っている身内ほど預言者が苦手とする存在はないのかもしれない。
 静かな自室でひとりきりになってから、やっと羽海は与えられた預言の内容を思い出すことができた。それは驚くべきものだった。

「うそ……」

“ルナ・ミルレフワーネスが今年の11月16日に死ぬ”

 ルナ・ミルレフワーネスは羽海の先輩にあたる。つまり、カトリック教皇庁の公認する7人の福音少女のひとりで、ドイツ系のユダヤ人(アシュケナージ)。チャンネル登録者数は約1億800万人くらい。はじめての預言は13才のときで、祖母の家にあるオーブンの爆発を予言した。歳を重ねるごとに才覚を発揮して、今では国際政治分野でめざましい活躍を遂げている(ドイツの政治系シンクタンクに役職を持っている)。しかも、ものすごく歌が巧い。彼女の歌うカバーソングは全米No.1ヒットを連発しているし、

を聞いて気絶する少女もいる。しかしルナはコンサートは催さない。理由は、大勢すぎる聴衆を収容し切るだけの会場は、この地球上には存在しないから。代わりにバーチャルライブをこれまで何回か興行していて、いずれも大収益を収めている。ちなみにユダヤ教徒であるルナは教会の代わりにシナゴーグへ行き、クリスマスの代わりにハヌカを祝い、過越祭の後には種を入れないパンを食べる。本人はカトリックの教えを尊重すると発表しているが、この慣習のことをよく思っていない神父は多い(ここまで暗記)。
 もちろん羽海にとっては一、二を争うほど大好きな福音少女のひとりであり、亡くなって欲しくなんかない。むしろ末永く長生きして欲しい存在だった。しかし預言は真実であると心は告げていた。羽海は少し迷った。もしこのまま黙っておけば、この預言をなかったことにしてしまえるのだろうか? と。けれどそれは預言者としての死を意味する。そんなことをすれば、自分はもう二度と預言を授からないだろうし、何者にもなれず終わってしまうだろう、そう羽海は確信していた。「せっかくあかりを持っているのなら,あかりをわざわざベッドの下や押し入れの中のような変なところに置かず,まっすぐテーブルの上に置きなさい。」(妖精の手紙)。結局、羽海はゆっくりとスマホを手に取り、リベラルな民主主義圏内で大人気のSNSサイト「エフェメラ」のアプリを立ち上げて、日常用アカウントにこう書いた。

ありす@新学期がんばる!/AliceLittlePleasance
【預言】11月16日、ルナ・ミルレフワーネス死去。

システムの投稿日付は5月1日を示していた。つまり半年後の出来事だったが、予想形にはしなかった。

 【預言】は「エフェメラ」利用者の少女たちが日に何回も使っている人気のタグである。預言者のように振る舞うことは根拠のない風評操作にあたるとして規約で禁止しているサイトもあるが、エフェメラは自由なサイトである。このSNSにはヘイトスピーチ以外は何でも書くことができる。

すべてが終わったあと羽海はベッドで寝直した。まるで糸が切れたかのようによく眠った。翌朝目が覚めたとき、羽海はこれまでの出来事が夢であったのではないかと疑った。しかし昨夜の書き込みは確かに端末から送信されており、クラスメイトから二件だけの「いいね」を貰っていた。

(第一話、おわり)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

星野ほしの 羽海うみ


14歳。


母子家庭。父親が起こしたある事件をきっかけに離婚している。

白鳥しらとり 冷夏れいか


羽海の親友。小学生からの付き合いである。


ルナラー。

黒鳥くろとり 氷見子ひみこ


変人として周りから疎まれている少女。羽海と仲良くなりたがる。


ホーリズム信者。「全体は部分を通じては理解できないよっ!」

ストロベリー・マーセ


アメリカ人の福音少女。実力と人気はナンバーワンだが、少し独善的で仕切り屋なところがある。


本名アンジェリニア・アーロンバーグ。家族はクエーカーだが彼女だけカトリックに改宗した。

ニャナル


サーミの福音少女。オタクどもの頂点。登録チャンネルは最近ファッションブランドと提携した。


世俗主義者。

ルナ・ミルレフワーネス


ドイツの福音少女。全財産を慈善事業に投資している。ネット歌手としても活動中


本名ルナ・ジョイス。ユダヤ教徒。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み