第二九.五話 平手政秀の策略【織田信秀】

エピソード文字数 4,648文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月六日 尾張国(おわりのくに) 古渡(ふるわたり)城 織田信秀

 先ほどまで目の前にいた若武者のことを考える。
 数日で、長年ワシが苦慮していた尾張と三河の問題を解決しおった。面白い……面白い男だが、手を打たねばなるまい。
 腹心中の腹心の平手中務(なかつかさ)(政秀)と談合して、滝川左近への対応策を決定しよう。

中務(なかつかさ)、半ば予想通りであったな」
「左様ですな」
 中務も苦笑している。左近が吉の妹との縁談を断ることは、二人ともある程度は想定済みだったのだ。

「それにつけても、あやつは今孔明(こうめい)か? あっという間に難敵を片付けおったな」
(ちまた)では、死神左近と呼ばれておりますな。かなりの知恵者であることは間違いないでしょう」
「大和(織田信友)を葬り去った策よ。吉とともに献策しおったが、左近の入れ知恵もあるだろうな」
「おそらく」

 我が娘の(さち)との縁談を、彼奴(きゃつ)が承諾したならば、話は早かった。だが、断った以上はこのままでは捨て置けぬ。
 恐るべき知恵者には、鈴を付けねばなるまい。
「吉のこともある。良策を立てよ」
 中務がしばし沈黙する。
「…………」

 ふと、懐刀が顔を上げた。おそらく、策の詳細を検討して勝算を見極めたのだろう。中務は、どのような策を立てたのだろうか。
「中務、知恵で左近に勝てるか?」と、(うなが)してみる。
「知恵勝負では負けるかもしれません。ですがわしには経験があり、左近は若いゆえ五分五分かと」

 既に白髪となって久しい腹心が、静かな笑みを浮かべている。長年の付き合いなので、勝算充分の顔つきだとはっきり分かる。
「五分五分か。ならばやる価値もあろうな」
「策を()るにあたって、弊害もかなりございましょう」
「無論だ。長き目で良き策ならば、弊害も併せ吞もう。幸い二人の働きにて余裕もある」

「されば、お耳を拝借いたします」
 中務があの男に対する策を伝えてきた。さすが、織田家の外交と謀略を長年取り仕切った中務だ。我が弾正忠(だんじょうのじょう)家の将来をよく考えているし、策が実る可能性も高いだろう。
 悪くない。悪くはないが、懸念がある。

「吉はどう思うかな?」
「苦しみましょうが、吉姫様は弾正忠(だんじょうのじょう)家を疎かにしないでしょう」
「うむ。結果的に中務の策が、将来の吉のためでもある。吉はまだ十二歳だ」
「ええ。吉姫様の将来のためを思えばこそ、心を鬼にいたします」
「そうだな。策を進めよ。中務と左近の知恵比べだ。見ものよ」
「では、早速一手目を打ちましょうぞ」
 中務がニヤりと笑う。勝算充分ということだ。

「無論、吉の意向も聞いてからだぞ」
委細(いさい)承知。吉姫様には、わしが那古野に戻り次第。十中八九、(いな)とは言いますまい」
「たいした自信だな」
「わしも長年、魑魅魍魎(ちみもうりょう)を相手にしました」
 中務の眼がキラリと光る。
「頼むぞ!」
「はっ!」

 ◇◇◇

 策を持ち帰った中務が那古野に戻ってから、一刻(二時間)ほどして、吉がやってきた。
 初陣では考えられないほどの功名をあげた娘。何やら目つきが以前とだいぶん異なる。良い経験をしたのだろう。
 だが、中務の策によるものか、心に迷いがあるようだ。

「三郎、よくぞ参った」
「お呼びとのことで」
「安城の戦の有様(ありよう)、実に見事。比類のない働きであった。ヌシと左近が献策も天晴れ。
 ゆえに、那古野城を任す。併せて新たに四万貫(八万石)を遣わすゆえ、見事治めてみよ」
「はっ! 過分な恩賞、(かたじけな)いのじゃ」

 心が乱れているはずなのに、普段と変わらぬ対応をしようとしている。強い子であるな。吉を那古野城主とするのは、平手中務とも打ち合わせて決めていたこと。家中での吉の序列を高めるためでもある。
 問題は中務の立てた策だ。吉は、本当に納得してくれたのだろうか。

「して、中務から聞いたであろう。いかがか?」
「承知した。承知したのじゃが……」
 平手中務の策を、娘は承知してくれたか。吉が前言を翻すことはない。ならば、あとは中務の手並みを拝見だ。
「うむ。よくぞ申した。ワシも木石(ぼくせき)ではない。ヌシの気持ちもようわかる」
「……」

 吉の気持ちが滝川左近に向いているのは明らかだ。しかし、所詮は子どもの恋(わずら)いだから、数年すれば辛い気持ちも消え去るだろう。
「だが、(こら)えてくれ。我が家の将来のためだ」
「はっ!」
「ヌシの将来のためでもある」
「わかっているのじゃ。頭ではわかっているのじゃが……」
「そうだな。ヌシはワシの自慢の賢い子だ」

「か、斯様(かよう)な気持ちは初めてなのじゃッ!」
 言い放つと、嗚咽を始める。娘が泣くのを見るのは赤子の時以来ではないだろうか?
 大粒の涙が何度も床に(したた)り落ちる。
『吉、すまぬな……』心の中で、声をかける。

 このような場合、感情の赴くまま泣くがいい。
 四半刻(三〇分)ほど経っただろうか。
「父上!」

 はっきりした口調だ。さまざまな感情の整理がついたようだな。本当に強く頼もしい。
「うむ」
「ワシにも良きことであるゆえ、もう泣かないのじゃ!」
「感謝するぞ、吉」
「はっ!」

 目の周りを赤くしながらも、娘は無理して笑いを返してくる。
「大儀であった。下がってよいぞ」
 辛い決心をした我が娘に優しく声をかける。
 また一つ成長したな。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み